俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。

不動産会社経営

俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。

以前読んだ本の中に、「駿足」を生み出した開発チームの本があります。
「駿足」とは、子供の2人に1人が履くという奇跡のシューズ。

約1,000万人の子ども靴市場で年間売上600万足超。2003年の発売以来、急速に売上を伸ばし、累計売上は4,000万足を突破している圧倒的シェアNo. 1の子ども靴です。

そんな奇跡のシューズが誕生するまでの様々な葛藤と企業努力を綴った本なのですが、建売業界と相通じるものがあるなぁというのが正直な感想です。

駿足を作ったのはアキレス株式会社という会社。創業69年の老舗企業です。年間150万足売れれば大ヒット、その数字を超えるのは至難の業、というのが子ども靴市場における業界の共通認識。それを発売からわずか2年で達成したというのですから奇跡のシューズというのも納得できます。

老舗企業だからこそできたのだろうと考えがちですが、実は老舗企業だからこそ大変だったというのがこの本を読んでよくわかります。なぜなら、老舗企業ゆえに保守性が高く、新しいことをはじめる、発想を大胆に転換させるという事が難しいからです。

実際、駿足が生み出される直前の時期までは時代の流れに乗り遅れ、逆境に苦しんでいました。少子化の波が押し寄せ、市場全体が縮小してきたからです。つくれば売れる時代は終わり、少ないパイを奪い合う競争時代へと突入していたからです。

そのため、ライバル各社は価格競争力を高めるためこぞって中国へ生産拠点を移して行ったのですが、ここでアキレスは大きく遅れをとります。

それが自社技術へのこだわりです。老舗企業であるがゆえのこだわり。それが中国進出へ大きく出遅れることになります。気がつけば業界トップから4番手へ後退。ここでようやく改革に火が付きます。

まるで地域ナンバーワンだった建売業者がパワービルダーにその座を奪われていく様と同じです。アキレスの場合は、ここから大きく変化していきます。変化のポイントは、つくれば売れる時代は終わったと各自が認識したこと。

「プロダクトアウト」から脱却し、求められるものをつくる「マーケットイン」の発想に転換したことです。そのために、実際に子どもの履く靴を写真で撮り続け、情報をデータ化。トレンドの変化を敏感にキャッチできるようにしました。

その上で、開発サイドと営業サイドの情報を橋渡しするポジションを設置。情報を共有して優れた商品を開発する土壌を作ったのです。そして、気がつけば絶対に不可能と言われた数字を達成。縮小する子ども靴市場に新たな市場を形成してトップ企業に再度登りつめたのです。

縮小する市場、保守的な業界、価格競争等々抱える問題はまるで建売業界そのもの。あなたもたまには異業種の成功物語を読んでみてはいかがですか?参考になるヒントが溢れていますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?
  2. その色使い、間違っていませんか?
  3. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?
  4. これからの新築分譲会社に必要な予算とは?
  5. 売れない原因の見つけ方。

関連記事

  1. 相談する相手間違えていませんか?

    不動産会社経営

    その商品企画、相談する相手間違えていませんか?

    コンサルタントという仕事柄、商品の企画やサービスについて提案することが…

  2. 売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?

    不動産会社経営

    売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?

    売れる建売住宅をつくるために最も大切なこと、それはお客様の頭の中を知る…

  3. 不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。

    不動産会社経営

    不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。

    経営者からよく聞かれる質問に、社員はどうしたら変えることができますか?…

  4. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    不動産会社経営

    建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    もしあなたが、売上が安定する会社にしたいなら、必ず取り組むべき施策があ…

  5. いつまでワンマン経営を続けますか?

    不動産会社経営

    いつまでワンマン経営を続けますか?

    建売業者さんにはワンマン経営の会社が多い。建売業界に限らず中小企業には…

  6. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    年末にある経営者が面白いことを言っていました。1年を振り返って反省は何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  2. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。
  3. 妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。
  4. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?
  5. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?
  1. 新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。

    不動産広告

    新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。
  2. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?

    不動産会社経営

    どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?
  3. 不動産広告でもっとも重要なパーツとは?

    不動産広告

    不動産広告でもっとも重要なパーツとは?
  4. 不動産マーケティング

    中小建売会社は非効率で勝負しろ!
  5. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
PAGE TOP