なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

不動産会社経営

なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

コンサルティングをしていて思うことは、やっぱり不動産会社の成長は社長次第だということです。
もっと言えば、社長がどれだけ捨てる勇気を持っているか。

プライドを捨てる。
過去の栄光を捨てる。
成功体験を捨てる。
権限を捨てる、等々。

いかに抱え込んでいるものを捨てられるか、それにかかっているのではないでしょうか。社長といえども、永遠に会社の舵取りができるわけではありません。いつかどこかで誰かにバトンタッチしなければならない時期が来ます。そんな時、いかに人に任せられるか、全面的に権限を委譲できるかがカギです。ただ、これがなかなか難しい。どうしても、自分が関わりたくなるのが人情だからです。

実際、コンサルティングの現場ではよくそんな問題に遭遇します。以前、あったケースは、広告。とある地方で爆発的な反響を得た広告をモデルにその会社の広告を作った時です。担当者には、その意図や実際の成功事例を説明し、担当者もそれに納得。ワクワクする思いで社長に広告原案を見せたところ、「ちょっとイメージが違うな」と一瞬で秒殺。

ここをこうして、あそこをこうしてと社長の指示で全面変更。結局、いつもと同じ広告になってしまいました。結果はというと、結果もいつもと同じ。これじゃ、意味ないじゃないか、と担当者は怒られていましたが、原因は社長です。

まあ、これは珍しくありません。こんなことがコンサルティングの現場では日常茶飯事です。その一方で、滅多にお目にかかることはありませんが、全面的に私や担当者に任せるという社長さんもいらっしゃいます。

ある地方の不動産会社でしたが、業績は決して悪い会社ではありませんでした。むしろ、コンサルティングなんていらないような業績の会社なのですが、コンサルティングの依頼が来ました。社長に理由を伺うと、「いやぁ、今の業績が私の限界なんですよ、これ以上良くするには外部の力が必要かなと思って・・・。やり方には一切口出ししませんから、好きなように指示してください」と、担当者までつけてくれました。

実際、広告も商品企画も社長はノータッチ。それまでの会社のやり方とは大きく違うやり方を提案したので、相当違和感はあったと思いますが、何一つ社長からのクレームはありません。今では、担当者が社長の代わりに広告も商品企画もできるようになりました。

今までと違う結果を望むのであれば、今までと違うやり方を選ぶしかありません。
違うやり方を選ぶのであれば、思い切ってすべて任せることが大切です。
社長が本気で捨てる勇気を持った時、会社は大きく変わりますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?
  2. 一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。
  3. レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。
  4. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  5. 不動産広告にマイナス表現は必要か?

関連記事

  1. 即日完売できる建売業者になるための欠かせない習慣。

    不動産マーケティング

    即日完売できる建売業者になるために欠かせない習慣。

    もしあなたが、本気で即日完売できる建売業者になりたいのなら、これだけは…

  2. 売上げを伸ばしたいなら即実践!仕事断捨離のススメ。

    不動産会社経営

    売上げを伸ばしたいなら即実践!仕事断捨離のススメ。

    コンサルティングをしていて思うことは、世の中には能力の高い人はたくさん…

  3. 不動産会社の社長は今すぐスマホに変えなさい!

    不動産会社経営

    不動産会社の社長は今すぐスマホに変えなさい!

    あなたの携帯電話はガラケーですか、スマホですか? 今時、ガラケーと…

  4. 売れる不動産会社は非常識が常識!?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社は非常識が常識!?

    クリナップの「クリンレディ」というシステムキッチンが好調らしい。そ…

  5. これからは建売会社もソフトの時代。

    不動産会社経営

    これからは建売会社もソフトの時代。

    不動産情報サービスのアットホーム(株)はサイト経由で不動産各店に問い合…

  6. 不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?

    勉強好きな経営者の方に、時々質問されることがあります。 そのひとつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。
  2. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!
  3. 不動産広告は、目立ってなんぼ。
  4. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。
  5. 不動産広告の8秒ルールとは?
  1. 現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?

    不動産売却

    現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?
  2. 売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    不動産売却

    売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…
  3. 建売会社はマンション客を狙え!

    不動産マーケティング

    建売会社はマンション客を狙え!
  4. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    不動産会社経営

    社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  5. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由

    不動産会社経営

    中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。
PAGE TOP