売れる不動産広告は一日にしてならず。

不動産広告

売れる不動産広告は一日にしてならず。

不動産会社の社長はせっかちな人が多い。「今すぐ売れる広告をつくって欲しい」という無茶なオーダーも多い(笑)。もっとも、それがコンサルタントの仕事のひとつだから仕方ないといえば仕方ないのですが、現実は簡単ではありません。

そもそもあなたの建売住宅が売れるかどうかは広告のテクニックだけで決まるものではありません。それ以外の要素も多分にあります。実際、電通や博報堂という日本を代表する広告代理店に頼んでも売れるかどうかはやってみなければわからないのが現実。

売れる広告づくりにはある一定の法則やテクニックはありますが、万能ではありません。だから、売主はそれを踏まえた販売計画を立てることが重要になってきます。

まずは、売れる広告のノウハウをしっかり持っている広告代理店をパートナーに選ぶこと。そのためには、広告代理店の良し悪しを選べるよう、自分自身で売れる広告のノウハウを学ぶことが必要です。

そして、信頼できる広告代理店が見つかったら、後はテストを繰り返すこと。同じ広告を出し続けるのではなく、効果がないと判断したら新しい広告に差し替えて様子を見ること。そうやって、広告の精度を高めていくのです。

世界的芸術家としてすぐに名前が浮かぶ人物に、ピカソがいます。ピカソといえば、「アルジェの女たち」(1955年)が芸術作品としては史上最高額となる約215億円で落札された人物。天才中の天才と言っても差し支えない芸術家ですが、どの作品も高額で売れるわけではありません。

あなたはピカソが生涯に作った作品の数がどれだけあるか知っていますか?
1万点でしょうか?
2万点でしょうか?
それとも3万点だと思いますか?



実は、その数なんと、14万7,800点。1日あたりの制作件数は約5作品にも上ります。要するに、天才といえども大量行動をしているということ。試行錯誤しながら作品作りをする中で、大ヒット作を作っているということです。

だから私たち凡人は、なおさら大量行動が必要になるということです。ピカソに負けないくらい大量の試行錯誤が必要になるということです。売れる広告は、一日にしてならず。そこのところくれぐれもお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  2. 売れない建売住宅は第一印象に賭けろ!
  3. 高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。
  4. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。
  5. 不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。

関連記事

  1. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    不動産広告

    不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    先日、顧問先からこんな相談を受けました。それは、一生懸命、広告している…

  2. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。

    私たちのサービスのひとつに売れる販売図面という、販売図面作成サービスが…

  3. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    不動産マーケティング

    お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    先日、妻が風邪をひいてドラッグストアに行ったときの話。仕事から帰ってき…

  4. 人はなぜ家を買うのか?

    不動産マーケティング

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。

    人は、なぜモノを買うのか?少し哲学的な質問ですが、これがわかると人は、…

  5. 建売業界は広告掲載禁止を続けるべき?

    不動産広告

    不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?

    業界経験が長くなればなるほど、本人はその気がなくても、業界の常識にふり…

  6. 予告広告

    不動産広告

    なぜ大手不動産会社は予告広告をするのか?

    よくクライアントから質問されることのひとつに、予告広告は必要ですか?と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 売れる不動産会社をつくるために最も大切なモノとは?
  2. 倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。
  3. 新築住宅販売は通販会社に学べ!
  4. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  5. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。
  1. 不動産マーケティング

    安さを追えば追うほど売れなくなる理由。
  2. あなたの成長を妨げる言葉とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の成長を妨げる、使ってはいけない言葉とは?
  3. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。
  4. 今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?

    不動産広告

    今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?
  5. 口コミ

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、口コミで評判を広げる裏技とは?
PAGE TOP