売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

不動産会社経営

売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

営業部隊を持つ建売業者さんと営業部隊を持たない建売業者さん。その違いは、広告戦略に現れてきます。営業部隊を持つ建売業者さんは、自分で集客します。だから、広告しないとお客様が見つからないことを知っています。

それに対して営業部隊を持たない建売業者さんは、自分で集客したことがありません。だから、お客様の集客の仕方を知りません。そのため、広告に対する知識が曖昧(あいまい)。曖昧というのは、正しい知識と間違った知識がごっちゃになっている状態。経験から学んでいることが少ないため、ほとんどが間違った常識にとらわれています。そのため、都市伝説のような古い常識を未だに信じており、結果として自分で自分の首を絞めています。

なかでも問題なのが、仲介業者に対して広告掲載禁止にしていること。完成して3ヶ月も、4ヶ月も売れない物件ですら広告掲載禁止になっている物件もありますから深刻です。実際、広告掲載禁止にしている業者さんに話を伺うと、ほとんどが大した根拠を持っているわけではありません。

いつも任せている仲介業者に未公開物件にしておいた方が売れるといわれた・・・
物件が晒しモノになると売れなくなる・・・

そんな理由がほとんどです。どちらも一見正しく聞こえますが、正解ではありません。この答えが正解になるのは、売り手市場のときだけ。買いたいというお客様がたくさんいて供給する物件が少ない場合には、売り情報を規制するやり方でも通用します。

しかし、今のように買い手市場ではその方法は通用しません。そもそも買いたいというお客様が少ないのですから情報を制限してはお客様を見つけることはできません。そこのところをごちゃまぜにしているため、売れない物件をより売れなくしているのです。

買い手市場での正しい集客方法は、徹底的に広告して見込み客を集客すること。それに尽きます。もっとも、広告がうまい会社は、買い手市場でも売り手市場でも他者より多くの見込み客を集客できますから強い建売業者になることができます。つまり、これからの建売業者に求められているのは広告力なのです。

広告力=集客力。
あなたの会社が自社の物件でたくさん集客していると聞けば、当然、仲介業者もすり寄ってきます。売れる気がするからです。そうして、多くの仲介業者を味方につければ成約率はアップします。成約率がアップすれば資金繰りは良くなります。資金繰りが良くなれば仕入れはもっとラクになります。仕入れがラクになれば売上げはもっと上がります。正に良いことづくめ。そのためには、広告についての正しい知識を蓄え、集客に強い建売業者に変わることです。

あなたは昔の常識にとらわれていませんか?
経済が右肩上がりの時代のやり方と今のような先行き不透明な時代のやり方は違います。
そこのところもう一度よく考えてみてはいかがですか。

 

ピックアップ記事

  1. 経営者必見!あなたはどれだけ社長の仕事してますか?
  2. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。
  3. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。
  4. あなたの建売住宅が売れない意外な理由。
  5. 伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。

関連記事

  1. 紳士服専門店に学ぶ。あなたの建売会社が生き残る方法。

    不動産会社経営

    紳士服専門店に学ぶ。あなたの建売会社が生き残る方法。

    うちの近所に紳士服のAOKI本店があります。 たまに利用することが…

  2. これからは建売会社もソフトの時代。

    不動産会社経営

    これからは建売会社もソフトの時代。

    不動産情報サービスのアットホーム(株)はサイト経由で不動産各店に問い合…

  3. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    会社が大きくなっていく過程で避けられないことがあります。それは、役割の…

  4. 不動産仲介業者をリスペクトしていますか?

    不動産会社経営

    不動産仲介業者をリスペクトしていますか?

    建売業者さんと仲介業者さんは、本来パートナーであるべきです。しかし、そ…

  5. あなたの知らないオープンハウスの現実。

    不動産会社経営

    あなたの知らないオープンハウスの現実。

    あなたはオープンハウスに行きますか? 私は仕事柄オープンハウスには…

  6. 不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!

    不動産会社経営

    不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!

    家電量販店最大手のヤマダ電機が不動産事業に参入することを発表しました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。
  2. オープンハウスを成功に導く意外なポイントとは?
  3. できる不動産会社の社長はココが違う!
  4. 昔の常識に惑わされていませんか?
  5. あなたの建売会社が自社営業すべき最大の理由。
  1. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  2. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?

    不動産会社経営

    営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  3. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?

    不動産マーケティング

    営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?
  4. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

    不動産広告

    「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。
  5. 広告の限界

    不動産マーケティング

    「売れるに決まってる物件」つくっていますか?
PAGE TOP