不動産販売における重要な非必需品とは?

不動産マーケティング

不動産販売における重要な非必需品とは?

ビジネスにおいて成功をもたらすものは、商品に関わるものだけではありません。商品以外のものを極めるだけで、ビジネスが成功することはよくあります。

あなたはザッポスという会社をご存知ですか?ザッポスとは、アメリカ・ネバダ州のラスベガスに本社を置き、アメリカとカナダで靴や衣料、アクセサリーなどを販売するオンライン小売会社。靴のオンライン小売りではアメリカ最大です。

1999年にトニー・シェイらの出資を受けて創業され、2009年11月に12億ドルの評価額でアマゾン・ドットコムによって買収されました。自らを、「靴を売ることになった顧客サービス企業」と称し、カスタマー・サービスを大切にすることで知られています。

2007年の米小売り協会の調査で、顧客サービスにおいて、かつて伝説を作ったノードストロームやオンライン販売トップのアマゾンを抑えて第二位に選ばれており、2009年から『フォーチュン』誌の「最も働きがいのある企業100社」にもランキングされています。

そんなザッポスを一躍有名にした戦略の一つが、注文された商品を翌日に宅配便で届けるというサービスでした。靴を安く売るとか、デザインの優れた靴を売る、履き心地のいい靴を売るという商品の部分ではなく、彼らが徹底したのは商品以外の部分。お客様が予想していなかったネットで購入した靴をどこよりも早く届けるという部分に注力をした結果、大成功を収めたのです。

これを私たちは「重要な非必需品」と呼ぶのですが、簡単に言えば、「不要だけど決定的に重要なもの」ということ。いわば、レストランのトイレみたいなものです。レストランとは、食事を作って提供するビジネスですが、ここで、レストランの「重要な非必需品」の1つはトイレです。

どんなに美味しい料理を提供できても、レストランのトイレが不潔であれば、食事自体が興ざめします。トイレが清潔であることは、料理と同じように決定的に重要なこと。だから、レストランビジネスを成功させたければトイレを清潔にするのは当然だということです。

それは、不動産販売も同様です。例えば、お客様に渡す資料。多くの会社はアットホームに頼んで、テキトーに販売図面を作ってもらいますが、この販売図面はまさに「重要な非必需品」。これをもっと工夫したり、たった一枚の販売図面ではなく、パンフレットにするだけでビジネスの成功率は大きく変わります。

物件による差別化が困難な時はなおさら、本質以外の部分を強化することによって、競合に打ち勝つことができます。大切なことは、細部にこだわること。細部にこだわることでお客様を喜ばせることは簡単にできるということです。そこのところもう一度考えてみてはいかがですか?効果ありますよ。

追伸、販売図面での差別化を図りたい場合はこんなサービスもあります。売れる販売図面はこちら

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
  2. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  3. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  4. 不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?
  5. 不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?

関連記事

  1. できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    不動産マーケティング

    できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    先日、プライベートでトランクルームを借りました。トランクルームの使用は…

  2. 一筋縄では売れない新築分譲住宅の売り方。

    不動産売却

    一筋縄では売れない新築分譲住宅の売り方。

    以前、ある建売業者さんをコンサルティングした時の話。その物件は、環状8…

  3. ホストの法則

    不動産マーケティング

    売れる建売住宅をつくるための「ホストの法則」。

    先日、ある人からなぜホストはモテるのか、という話を聞きました。 そ…

  4. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    不動産マーケティング

    新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    うちの近くに輸入中古車を販売するショップがあります。輸入中古車とい…

  5. 不動産マーケティング

    残念なオープンハウス。

    以前から気になっていた物件があります。場所はイマイチですが、建物の…

  6. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    せっかく苦労して競合と差別化をはかったのに、その違いが上手く伝わらない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

おすすめの記事

  1. 広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?
  2. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。
  3. あなたの会社の評判を知る最も簡単な方法とは?
  4. 中小建売業者は値下げしてはいけない!
  5. 難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!
  1. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。

    不動産マーケティング

    売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。
  2. 100人中1人しか実行しない100%効果がある売上を上げる秘訣。

    不動産マーケティング

    100人中1人しか実行しない、100%効果がある売上を伸ばす秘訣。
  3. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    儲かる差別化に必要な3つの要素とは?
  4. 現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?

    不動産売却

    現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?
  5. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    不動産会社経営

    勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?
PAGE TOP