不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?

不動産会社経営

不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?

ある地方に伝説の工務店があります。今から16年前に社長一人ではじめた工務店。
ローコスト住宅を引っさげてあっという間に地域一番店に。その期間は、わずか2、3年の出来事だったと思います。

彼が優れていたのはマーケティングでした。チラシや現地販売会など、小さな工務店が大手に勝つ手法をマーケティングで磨き上げたのです。それまでの工務店の常識を打ち破る戦略は、まさに衝撃的。

地域の業者と多くの軋轢を生みましたが、勝てば官軍。今では、工務店業界のスタンダードとしてその手法は日本全国に広まっています。彼の小さな工務店は事務を除いた社員は5人程度。それで、年間50棟を販売するというのですから、ハンパではありません。

そんな才能を持った彼ですから、8年ほどで社長業を社員に譲りました。新しいビジネスをはじめたからです。もちろん、会社を任せた社長も生え抜きの社員。人柄もよく真面目な人でしたから彼が抜けた後も、年間50棟という売り上げはキープし続けました。

それだけ、彼のつくり上げたマーケティングシステムが完璧だったということでしょう。傍目には順調そのものに見えていたのです。そんな彼の会社が創業16年目にして初めて赤字に転落することになりました。

やり方は今までと一緒。
働いている従業員も一緒。
それなのに売上が赤字になってしまったのです。

理由は、お客が来ないこと。
集客できないことです。

あれだけ集客には定評のあった彼の会社に閑古鳥が鳴きはじめたのです。チラシを撒いても反響がない。現地見学会をやっても来場がない。行列ができる工務店として一世を風靡した会社が見るも無残な姿に成り下がってしまったのです。

そこで急遽、社長交代。
彼が陣頭指揮を取ることになりました。

結局、2ヶ月程で経営の立て直しに成功するのですが、その間の彼は浦島太郎状態。わずか8年でここまで市況が変わるのか、と、唖然としたと言います。

要するに、わずか8年で一世を風靡したやり方は賞味期限切れとなったということ。どんなに優れたノウハウでも市況に応じて改良を重ねないと、あっという間に陳腐化するということです。

考えてみれば当たり前です。今は超情報化社会。儲かる情報はあっという間に世間に広まってしまいます。そうすると、当然競合が増えます。競合が増えれば、お客様は取り合い。競合が増える前と後ではビジネス環境は大きく変わります。

だから、トップを走り続けるためには絶えず変化しなければならない、成長し続けなければならないのです。それを一瞬でも怠ると、彼のような完璧な会社でも赤字に転落するということ。ありふれた会社に成り下がってしまうということです。

あなたの会社は常に成長していますか?
10年ひと昔ではありません。今や5年ひと昔。時代遅れのやり方ではどれだけ努力しても勝てません。

大切なことは変わること。
変える勇気を持つことです。
そこのところくれぐれもお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. 建売業者も営業力の時代。
  2. 新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。
  3. バブル世代の価値観が通用しない理由。
  4. 安さを追えば追うほど売れなくなる理由。
  5. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。

関連記事

  1. 俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。

    不動産会社経営

    俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。

    以前読んだ本の中に、「駿足」を生み出した開発チームの本があります。…

  2. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。

    不動産会社経営

    大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。

    先日、ある建売業者さんからこんな言葉を聞きました。 「大手はブラン…

  3. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

    不動産会社経営

    売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

    意外と知られていませんが、売れる建売住宅をつくる上で欠かせないものがあ…

  4. 売れない建売会社がよく使う言葉とは?

    不動産会社経営

    売れない建売会社がよく使う言葉とは?

    私がコンサルティングするとき、建売業者さんにお願いすることがあります。…

  5. 大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。

    不動産会社経営

    大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。

    以前、「優秀な人材を集めるには企業理念が大切だ」というようなことを書き…

  6. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。

    不動産会社経営

    もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。

    売れる建売会社をつくるのは難しい・・・と、思うことがよくあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 中小建売業者を狙うホームページ制作会社にご用心。
  2. 売れる不動産会社は非常識が常識!?
  3. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。
  4. 営業マンのいないオープンハウス。
  5. 不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!
  1. イオンに学ぶ!商品説明力と売上の関係。

    不動産マーケティング

    イオンに学ぶ!商品説明力と売上の関係。
  2. 売れた理由

    不動産マーケティング

    建売業者は売れた理由に執着しろ!
  3. なぜ社長の好みで家をつくってはいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  4. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。
  5. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    不動産マーケティング

    プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
PAGE TOP