ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

不動産会社経営

ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

最近、人材採用についての相談が多い。一人社長の不動産会社は、従業員を採用すべきか悩んでいるし、ある程度社員がいる会社は離職に伴う人材採用で悩んでいます。どんな媒体を使って募集をしたらいいのか、給与はいくら位に設定したらいいのか、等々悩みは色々。

しかし、多くの会社は肝心なことを忘れています。それは、魅力のない会社には人は集まらないということ。逆に魅力を感じる会社であれば、求人会社にムダな広告宣伝費をかけなくても優秀な人材は向こうからやってくるということです。

では、魅力を感じる会社とはどんな会社でしょうか?それは、会社の理念やカルチャーに現れます。新聞や雑誌に掲載されている求人広告を読むと、職種や労働時間、給与、休日といった労働条件だけを記載している会社が目立ちます。これではその会社がどんな理念やカルチャー強みを持っているのか、その会社に入るとどのような仕事ができるのかについてまるでわかりません。

こうした求人広告を読んで応募してくるのは「会社の理念とか仕事のやりがいなんて、別にどうでもいい」と思っている人たちです。彼らは理念ややりがいよりも、給料や労働時間、休日のほうに関心があります。だから、仕事に対する意識の高い人が応募してくることはまずありません。そうです。労働条件だけを記した求人広告では「うちの会社にはなかなかいい人材が入ってきてくれない」のは、当たり前のことなのです。

だから、求人広告を打つときには、会社の理念やカルチャーを明確に打ち出すことが大切になります。とはいえ、求人広告では掲載スペースが限られていますから、それだけでは、自分たちが伝えたいことを伝えきれません。

そこでやっておきたいのが、ホームページの採用情報ページを充実させることです。中小企業の場合、知名度は低いですから、最初に会社のことを知ってもらうのは求人広告になるでしょう。その求人広告の中に自社のURLを載せることで、求人広告を目にした人をホームページへと誘導します。

そして、ホームページでは、会社の成り立ちや理念、大切にしていること、独自のカルチャー、仕事の内容・やりがいといった情報をしっかりと盛り込むのです。するとホームページを読んで、「この会社は他とは違うぞ。面白そうだな」と思った人が応募してきてくれるようになります。意識が高い人は、やりがいを持って働ける会社を探していますから、ホームページを充実させることで、彼らの目に留まる可能性が高まるのです。

不動産業界であれば、レインズに掲載する販売図面に「社員募集」と書いて、ホームページのURLを掲載しておくことです。販売図面自体が他社と違っていたりすると更に効果的。「ちょっと変わった会社だなぁ」「面白そうな会社だな」と思ってくれればホームページを見てもらえる確率は格段に高まります。

その上、ホームページに掲載されている会社の成り立ちや理念、大切にしていること、独自のカルチャー、仕事の内容・やりがいといった情報が魅力的であれば、優秀な経験者をムダな広告宣伝費を使うことなく集めることができます。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!
  2. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。
  3. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?
  4. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。
  5. 大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。

関連記事

  1. 不動産会社の社長は今すぐスマホに変えなさい!

    不動産会社経営

    不動産会社の社長は今すぐスマホに変えなさい!

    あなたの携帯電話はガラケーですか、スマホですか? 今時、ガラケーと…

  2. いつまでワンマン経営を続けますか?

    不動産会社経営

    いつまでワンマン経営を続けますか?

    建売業者さんにはワンマン経営の会社が多い。建売業界に限らず中小企業には…

  3. 中小建売業者を狙うホームページ制作業者にご用心。

    不動産会社経営

    中小建売業者を狙うホームページ制作会社にご用心。

    最近、建売業者さんからホームページ制作について相談されることが増えまし…

  4. 不動産会社経営

    中小不動産会社が大手より優秀な人材を採用する方法。

    中小企業と大企業で圧倒的に差が出ることのひとつが人材採用とその育成。…

  5. 不動産会社経営の万能薬を探していませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営の万能薬を探していませんか?

    たまに、単発のコンサルティングを依頼されることがあります。多くは、集客…

  6. 売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。

    不動産会社経営

    売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。

    売れる新築分譲住宅をつくるのにもっとも重要なこと、何だと思いますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。
  2. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  3. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  4. 売れない原因の見つけ方。

おすすめの記事

  1. 経営者必見!あなたはどれだけ社長の仕事してますか?
  2. 儲かる建売会社へ体質改善しませんか?
  3. 建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。
  4. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?
  5. 建売会社はマンション客を狙え!
  1. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?

    不動産マーケティング

    いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?
  2. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    不動産マーケティング

    こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?
  3. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

    不動産マーケティング

    売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  4. 中小建売業者を狙うホームページ制作業者にご用心。

    不動産会社経営

    中小建売業者を狙うホームページ制作会社にご用心。
  5. あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。

    不動産マーケティング

    あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。
PAGE TOP