建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

不動産マーケティング

建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

建売業者さんの弱点のひとつに販売の現場を知らないということがあります。
仲介会社上がりの建売業者さんなら少しはわかっている人もいますが、多くの人はどうやって売るのが効率的なのかを知りません。もちろん、誰にも教えてもらっていないのですからわからなくて当然。でも、知っていると知らないでは成約率に大きな違いがあります。

一見、そんなこと?と思えるようなことでもたくさん集めればそれなりの効果があるもの。
ライバルに気づかれないでこっそり売れるようになります。そんな細かいテクニックのひとつに音楽を利用するというものがあります。BGM(バックグラウンドミュージック)。これを利用していない販売現場がほとんどです。

マンションの販売現場などではマンション自体に有線音楽が組み込まれているものもあり、自然と音楽が流されています。しかし、建売住宅の販売現場ではそれがない。わざわざCDプレーヤーを持参して音楽を流すという仲介業者もほとんどいないのが現実です。

そうはいっても、BGMの効果は他業種ではすでに実証済み。
音楽とお客様の購買行動には一定の関係があることがわかっています。

あるスーパーマーケットでの調査では音楽を流すか流さないかで売上げが約38.2%も変わりました。
それほど効果のあるBGM。あなたの建売住宅で利用しない手はありません。

利用の仕方は簡単です。現地にCDプレーヤーとCDを置いておくだけ。
そして、接客の際に音楽を掛けてくださいと担当者に伝えればいいのです。
もちろん、音量も指定することが大切。うるさい音楽はかえって逆効果になります。

大切なのは、選ぶ曲。
実は、スローテンポの曲を選ぶかハイテンポの曲を選ぶかでBGMの効果がまったく逆になるのです。選ぶ曲は、スローテンポの曲。専門的なことをいえば1分間に72ビート以下の曲ということですが、ホテルのロビーで流れているような曲を選べば間違いないでしょう。ちなみに、日本語や英語の歌詞が入っているような曲はスローテンポでもNG。接客の際にお客様の気が散ってしまうのでダメです。

選曲に関しては、明るい雰囲気を出したいからと軽快で速いテンポの曲を選ぶ人がいますが、これは間違い。速いテンポの曲を流すくらいならBGMはない方がマシ。なぜなら、速いテンポの曲はせかされているような気分になり現地での滞在時間が短くなります。滞在時間が短くなれば当然、成約する確率は下がります。

スローテンポの曲を流すのはゆったりした気分になってもらい滞在時間を増やすことが狙い。そしてそのゆったりした心地いいイメージとあなたの建売住宅を結びつけることが狙いです。

誰でもできるテクニックですがほとんどの建売業者さんが注目していないテクニック。
大してお金を掛けないでできますからぜひお試しください。
バカに出来ない効果が期待できますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。
  2. こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!
  3. あなたの不動産広告の知識、30年前より進化してますか?
  4. 不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?
  5. 不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。

関連記事

  1. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    不動産マーケティング

    中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    差別化をしたいけど、どうしたらいいのかわからない・・・という建売業者さ…

  2. これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    不動産マーケティング

    これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    建売住宅に限らず商品が売れるかどうかは需要と供給で決まります。…

  3. 不動産マーケティング

    選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?

    建売住宅や建築条件付きの売地の販売でよく建売業者さんが陥るのが、選択肢…

  4. 不動産販売における重要な非必需品とは?

    不動産マーケティング

    不動産販売における重要な非必需品とは?

    ビジネスにおいて成功をもたらすものは、商品に関わるものだけではありませ…

  5. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    不動産マーケティング

    幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    ある新築一戸建ての売出し現場での話。その新築住宅は、クルマ通りの多…

  6. 話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?

    不動産売却

    話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?

    見込み客を獲得するにはお金がかかります。新聞の折り込みチラシで見込み客…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 中小建売業者が陥る、間違いだらけの成功法則。
  2. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  3. 売れる不動産会社になるための「非常識のススメ」。
  4. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。
  5. ブランディングは気遣いから。
  1. 中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!

    不動産会社経営

    中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!
  2. 不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。

    不動産集客

    不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。
  3. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
  4. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  5. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
PAGE TOP