建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

不動産マーケティング

建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

建売業者さんの弱点のひとつに販売の現場を知らないということがあります。
仲介会社上がりの建売業者さんなら少しはわかっている人もいますが、多くの人はどうやって売るのが効率的なのかを知りません。もちろん、誰にも教えてもらっていないのですからわからなくて当然。でも、知っていると知らないでは成約率に大きな違いがあります。

一見、そんなこと?と思えるようなことでもたくさん集めればそれなりの効果があるもの。
ライバルに気づかれないでこっそり売れるようになります。そんな細かいテクニックのひとつに音楽を利用するというものがあります。BGM(バックグラウンドミュージック)。これを利用していない販売現場がほとんどです。

マンションの販売現場などではマンション自体に有線音楽が組み込まれているものもあり、自然と音楽が流されています。しかし、建売住宅の販売現場ではそれがない。わざわざCDプレーヤーを持参して音楽を流すという仲介業者もほとんどいないのが現実です。

そうはいっても、BGMの効果は他業種ではすでに実証済み。
音楽とお客様の購買行動には一定の関係があることがわかっています。

あるスーパーマーケットでの調査では音楽を流すか流さないかで売上げが約38.2%も変わりました。
それほど効果のあるBGM。あなたの建売住宅で利用しない手はありません。

利用の仕方は簡単です。現地にCDプレーヤーとCDを置いておくだけ。
そして、接客の際に音楽を掛けてくださいと担当者に伝えればいいのです。
もちろん、音量も指定することが大切。うるさい音楽はかえって逆効果になります。

大切なのは、選ぶ曲。
実は、スローテンポの曲を選ぶかハイテンポの曲を選ぶかでBGMの効果がまったく逆になるのです。選ぶ曲は、スローテンポの曲。専門的なことをいえば1分間に72ビート以下の曲ということですが、ホテルのロビーで流れているような曲を選べば間違いないでしょう。ちなみに、日本語や英語の歌詞が入っているような曲はスローテンポでもNG。接客の際にお客様の気が散ってしまうのでダメです。

選曲に関しては、明るい雰囲気を出したいからと軽快で速いテンポの曲を選ぶ人がいますが、これは間違い。速いテンポの曲を流すくらいならBGMはない方がマシ。なぜなら、速いテンポの曲はせかされているような気分になり現地での滞在時間が短くなります。滞在時間が短くなれば当然、成約する確率は下がります。

スローテンポの曲を流すのはゆったりした気分になってもらい滞在時間を増やすことが狙い。そしてそのゆったりした心地いいイメージとあなたの建売住宅を結びつけることが狙いです。

誰でもできるテクニックですがほとんどの建売業者さんが注目していないテクニック。
大してお金を掛けないでできますからぜひお試しください。
バカに出来ない効果が期待できますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。
  2. 不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!
  3. 新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?
  4. 一筋縄では売れない新築分譲住宅の売り方。
  5. パワハラと不動産会社の未来。

関連記事

  1. 決断力の磨き方。

    不動産マーケティング

    イケてる経営者になるための決断力の磨き方。

    「わかっちゃいるけど、変われない・・・」そんな経営者がたくさんいます。…

  2. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    不動産マーケティング

    新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    うちの近くに輸入中古車を販売するショップがあります。輸入中古車とい…

  3. イマドキの不動産の探し方。

    不動産マーケティング

    実例に学ぶ、イマドキ若夫婦の不動産の探し方。

    「次女が、家を買うことになりまして。どうしてもお父さんに見てほしいって…

  4. 購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。

    不動産売却

    購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。

    お客様の購買心理というのは不思議なもの。 全然買う気がなかったのに…

  5. 不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。

    不動産マーケティング

    不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。

    ある引越し業者さんの話。今では、引越業界最大手と呼ばれる会社ですがきっ…

  6. 不動産マーケティング

    昔の常識に惑わされていませんか?

    以前、コンサルティングをしたあるクライアントさんの話。大きな会社で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?
  2. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?
  3. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  4. あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?
  5. 新築住宅販売は通販会社に学べ!
  1. 不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    不動産売却

    不動産売却、現地看板は基本のキホン。
  2. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!
  3. ビジネスの設計図

    不動産マーケティング

    あなたの会社にはビジネスの設計図ありますか?
  4. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    不動産会社経営

    ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。
  5. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。
PAGE TOP