なぜ、いい建売住宅をつくるだけでは売れないのか?

不動産マーケティング

「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。

クルマの話で恐縮ですが、建売業界にも関係する話なので少し聞いてください。
米国の有力な消費者情報誌「コンシューマー・リポート」が「ブランド・リポート・カード」ランキングを発表、その中で日本のブランドが1~3位を独占しました。

このランキングは同誌による走行試験や、米政府・保険業界の安全性テスト結果をベースに決定されているもの。「Lexus」が3年連続で首位を維持しており、同誌によると「全体的に非常に良好な走行性能と高い信頼性を持つ」と評しています。上位10位では2位に昨年6位からジャンプアップした「Mazda」、3位に「Toyota」、5位に「Subaru」、8位に「Honda」がそれぞれランクインしています。

アメリカの「Buick」のトップ10入りは初めてで、米国誌と言えども自国車の大半が圏外に位置しているのが特徴的です。またVWグループでは「Audi」が4位、「Porsche」が6位にそれぞれランクイン。しかし、本家「VW」が15位で米国での苦戦ぶりを象徴しています。車種別のベストカーでは10部門の中で日本勢が「Subaru」が3部門、「Toyota」が2部門、「Honda」が1部門と計6部門で選出されています。

このランキングを発表しているコンシューマー・リポート誌は米国の消費者からの注目度が高く、その影響力も大きいといわれていますが、実際の販売台数では米国勢がやはり上位にランキング。中でもピックアップトラック、SUV系が好調を維持しています。ちなみに今年2月までの米国に於ける累計販売台数では

GMが43.4万台で首位、
2位がFordで35.7万台、
3位がToyotaの34.9万台、
4位がChryslerの30.2万台、
5位がNissanの22.2万台、
6位がHondaの20.7万台

といった状況。つまり、米国でも日本と同様に車両評価の高さと販売台数が必ずしも一致している訳ではなく、最終的には消費者が各ブランドに持つイメージが新車購入の決め手になっているようです。

これは、何もクルマに限ったことではありません。住宅も同じことです。確かに、いい建売住宅をつくることは重要ですが、それだけでは売り上げを伸ばすことにはならないということです。必要なことは、良質な住宅をつくりその良さを消費者にわかりやすく伝えること。そして、ブランド力をつけることです。

そのために必要なことが広告を利用したブランド戦略です。いいものをつくる。そして、その良さを消費者にアピールする。この2つができてはじめて売れる建売住宅、売れ続ける建売会社ができるのです。あなたは、いい家をつくれば売れると勘違いしていませんか?いい家をつくってもお客様がそれを理解しないと売れません。そこのところお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. 残念なオープンハウス。
  2. 売上げを伸ばしたいなら即実践!仕事断捨離のススメ。
  3. 選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?
  4. 不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?
  5. 「売れるに決まってる物件」つくっていますか?

関連記事

  1. こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!

    あるカーディーラーの話。あるカーディーラーが同じ車を同じ場所で売り…

  2. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。

    不動産マーケティング

    売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。

    先日、ある有名なコンサルタントが経営者を集めて面白いセミナーを開催しま…

  3. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    ポルシェのディーラーがカナダで行ったDMのキャンペーンがあります。とて…

  4. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    不動産マーケティング

    家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    新潟県三条市にタダフサという包丁メーカーがあります。昭和23年創業の老…

  5. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    コンサルタントの仕事をしていると建売業者さんの誤った認識に気づくことが…

  6. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    値下げしても売れない・・・そんな物件が増えてきました。今後の不動産市況…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?
  2. 今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。
  3. 不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?
  4. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?
  5. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。
  1. 新築分譲住宅は現場力が決め手。

    不動産集客

    新築分譲住宅は現場力が決め手。
  2. 伝説のキャッチコピー

    不動産広告

    驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?
  3. 建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。

    不動産会社経営

    建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。
  4. あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。

    不動産売却

    あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。
  5. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
PAGE TOP