新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

不動産広告

新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

多くの建売業者さんは、建売住宅は完成してからが勝負だと思っています。そのせいか、更地や建築中の物件についてはたいした営業をしていません。せいぜい、知り合いの仲介業者に物件を紹介するだけ。

知り合いの仲介業者も、自社でかかえている見込み客にその情報を、未公開物件として紹介する程度です。その結果、既存の見込み客が反応しなければ終わり。完成するまで放置されてしまいます。実はこの時間が問題なのです。

お客様というのは、ある日突然家を買いたくなるわけではありません。家を買うには、感情の変化があるのです。そして、その感情の変化には段階があり、段階を経るには時間が必要なんです。

つまり、土地を購入した段階から建物が完成するまでの時間をうまく利用して、お客様の感情の変化を促せば、もっと早く売れるようになるということ。それがマーケティングというものです。

ある建売業者さんは、お客様の感情の変化を促すために、小さな看板を利用しました。その現場は、人通りの多い場所。会社から近いこともあり、レストランのメニューボードを使いました。

使い方は、簡単です。メニューボード(黒板のような置き型の看板)に、チョークで今、◯◯の作業しています。というような言葉を書いて道行く人の注目を集めるようにしたのです。それも、ほぼ毎日。

目立つ文字で、作業の内容とそれが家づくりにどんな影響を与えるのか、建築中の現場はどこを注意したらいいのか、看板を見ているだけで勉強になるような言葉を日々書いていったのです。そのせいか、その物件の認知度は日を追うごとに上がっていきました。看板の前で立ち止まり、看板を読んでいる人が明らかに増えていったからです。

結果は、どうなったか?おかげさまで完成とほぼ同じ時期に完売。残念ながら、毎日看板を見ていた人が購入したわけではありませんでしたが、近所の友達からその物件の存在を知ったという人が購入してくれました。直接的ではありませんが、間接的にこの看板作戦は成功したと言えるでしょう。

大切なことは、少しでも早く、少しでも多くの人に、まずは物件の存在を知ってもらうこと。認知してもらうことです。そのためには、1日でも早く認知してもらう活動を始めること。お金がなければこの看板作戦のように自分たちでできることから始めることです。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  2. 不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!
  3. ディズニーランドと不動産マーケティング。
  4. 中小建売業者は値下げしてはいけない!
  5. 建売住宅販売の新常識!二匹目のドジョウを狙え。

関連記事

  1. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

    不動産広告

    「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

    本や雑誌が売れなくなった、と言われて久しいですが、そんな出版不況の中で…

  2. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    不動産広告

    広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    建売業界の常識で思わず首をかしげたくなるもののひとつが広告。ほとんどの…

  3. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が少ない理由。

    不動産広告

    ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。

    先日、新築一戸建てを分譲している業者さんから広告についての相談がありま…

  4. 不動産広告

    過去の失敗にとらわれていませんか?

    コンサルティングをしていると2つのタイプの経営者に出会います。 …

  5. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    不動産売却

    不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    もし、あなたの物件がいい物件だと思うのに売れない…自信があるのに売れな…

  6. 人はなぜ家を買うのか?

    不動産マーケティング

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。

    人は、なぜモノを買うのか?少し哲学的な質問ですが、これがわかると人は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  2. 「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ…
  3. 横浜山手の新築一戸建て【YAMATE HOUSE】横浜初のコ…
  4. 一筋縄では売れない新築分譲住宅の売り方。
  5. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる…
  1. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    不動産マーケティング

    幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。
  2. 不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?
  3. バブル世代の価値観が通用しない理由。

    不動産マーケティング

    バブル世代の価値観が通用しない理由。
  4. 売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?

    不動産会社経営

    売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?
  5. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?

    不動産会社経営

    どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?
PAGE TOP