不動産売却、売れないオーラ出してませんか?

不動産売却

不動産売却、売れないオーラ出してませんか?

もし、商品が同じだとしたらあなたは流行っている店で買いますか?それとも、流行っていない店で買いますか?商品自体は同じですから、流行っている店で買おうが、流行っていない店で買おうが商品上のデメリットはありません。むしろ、流行っていない店で買う方がレジで並ぶ時間が短くて済むかもしれません。

しかし、多くの人は流行っている店で買いたいと思うもの。なぜか、流行っている店の商品の方が流行っていない店の商品より優れているように感じます。これは、行列ができているラーメン屋さんの方が、行列のないラーメン屋さんより、おいしそうに見えるのと同じこと。不思議ですが、事実です。

であれば、建売住宅の販売も流行っているお店のようにした方が売れるということ。高額商品ですから、なおさらです。それにもかかわらず、実際の現場はというと、とても流行っているお店のようにはなっていません。

一例を紹介すると、まず、「好評売出中!」というノボリが立てっぱなしになっている現場。キレイな新しいノボリならまだしも、よれよれになったノボリが立てられている現場が少なくありません。その上、完成以来ずっと立てられているため新鮮さが全くない。本来ノボリは、売り出しの際に立てるもの。せめて、週末だけに立てるとか、現地販売の時にだけ立てるとか、メリハリをつけないと目立たなくなってしまいます。

他にも、仲介業者の捨て看板が付けっぱなしになっている現場。雨でよれよれになった捨て看板や、無造作に取り付けられた捨て看板は、売れないオーラ、プンプン。とても売れ筋の物件には見えません。

仲介業者が悪いといえばその通りなのですが、彼らにそれを言っても改善される見込みはありません。嫌われるのがオチ。であれば、売主が自分で改善することが一番手っ取り早い方法です。

売れないと嘆いている売主さん、もっと現場に行きましょう。そして、現場を流行っているお店のようにキレイにしましょう。土地の仕入れも大事ですが、まずは在庫処分。在庫処分には現場をキレイにすることが一番簡単な方法です。お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?
  2. 儲かる建売会社になるための究極の決断とは?
  3. 新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。
  4. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。
  5. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?

関連記事

  1. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    不動産マーケティング

    不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    商品を売るとき売主は、お客様の3つの「Not」の壁を乗り越えなければな…

  2. あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    不動産マーケティング

    あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    その物件は、郊外に建つ新築4棟現場。完成から4ヶ月。まだ1棟しか売れて…

  3. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    先日、あるインターネット関連の会社から電話がありました。内容は、インタ…

  4. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    建売業者さんからの相談で多いのが価格に関する相談。なかでも価格競争から…

  5. 不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    不動産売却

    不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    家の近くの文房具店が閉店しました。閉店といっても、倒産。倒産するよ…

  6. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    不動産マーケティング

    お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    先日、妻が風邪をひいてドラッグストアに行ったときの話。仕事から帰ってき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。

おすすめの記事

  1. 売れない時は、世阿弥に学べ。
  2. なぜ能力のある不動産会社の社長ほど成功できないのか?
  3. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?
  4. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?
  5. 建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。
  1. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  2. 売れる建売会社とネーミングの関係。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社とネーミングの関係。
  3. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法。

    不動産マーケティング

    不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?
  4. たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。

    不動産マーケティング

    たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。
  5. 新築分譲住宅は現場力が決め手。

    不動産集客

    新築分譲住宅は現場力が決め手。
PAGE TOP