知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

不動産マーケティング

知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

近所で建築中のスウェーデンハウスが上棟しました。工事が始まった頃から毎日のように観察?しているのですが、ひと言でいうと、「さすが」。やはり高級住宅メーカーは違います。

何が違うかというと、現場の綺麗さ。ゴミ一つ落ちていない現場というのはこんな現場のことを言うのでしょう。運び込まれた建築資材の置き方から、保管の仕方まで、本当に完璧。工程に合わせて的確に運び込まれています。

とりわけ、2×4の欠点である上棟までの雨対策はお見事。1階部分の立ち上げ時には、ブルーシートでしっかり覆い、突然の雨で木材が濡れる心配のないようになっていました。正直、施主が見たら感激します。

もちろん、近隣への告知も十分。いつどんな工事をするか、現場はもちろん、近隣の住居へはポスティングで告知されています。まあ、当たり前といえば当たり前ですが、建売業界と比べると雲泥の差。その分、工事費が違う、といえばそれまでですがそろそろそんな言い訳は通用しないかもしれません。

そもそも彼らがそこまで現場の管理に気をつかうのは、工事費が高いからではありません。簡単に言えば、現場の管理を徹底することでメリットがあるからです。

施工上のメリットはもちろん、販売上のメリットはもっとあります。販売上のメリットとは、例えば施主による口コミ効果。現場が綺麗で、施工が丁寧だと感じれば施主はこちらからお願いしなくても口コミでその良さを知人、友人に伝えてくれます。

また、建築現場を見ているのは私のようなプロばかりではありません。むしろ、近所の人がほとんど。それまで住宅に全く関心のなかった人も、近所で住宅が建てられると一気に関心が高まります。

当然、家庭でも話題になることは一度や二度ではありません。建築中の家を見て、建て替えを考える人もいれば、家が欲しくなる人もいます。そんな人にとって、建築現場は一つのアトラクション。

アトラクションが魅力的であればあるほど、購買意欲は高まります。実は、他人の家でも何度も見ているうちに自分の家のように思えてくるのが人間の心理。否応なしに購買意欲は高まるのです。

だからこそ、そんな人間心理をわかっている大手ハウスメーカーは建築中の現場に最大の注意を払うのです。今の時代、お客様の興味を掻き立てるのは簡単ではありません。ましてや、いいイメージを与えて購買意欲を高めるのはもっと大変。しかし、現場を綺麗に、しっかり管理することで近隣住民の興味を掻き立てることは簡単にできます。

あなたもそろそろ真剣に現場管理を考えてみてはいかがですか?
冗談抜きで、本当に効果ありますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産会社は非常識が常識!?
  2. 不動産営業マンは見た目が9割!?
  3. 真面目な建売会社が報われない意外な理由。
  4. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。
  5. 中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!

関連記事

  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    不動産マーケティング

    プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    マーケティングを勉強していくと、「プロダクトアウト」「マーケットイン」…

  2. パワービルダーと差別化する超簡単な方法。

    不動産マーケティング

    パワービルダーと差別化する超簡単な方法。

    以前、コンサルティングをしたある建売業者さんの話。 従業員は社長と…

  3. なぜ社長の好みで家をつくってはいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?

    家といっても、購入する世代によって求めるものは大きく違います。 だ…

  4. ビジネスの設計図

    不動産マーケティング

    あなたの会社にはビジネスの設計図ありますか?

    中小建売会社と大手不動産の違いは何ですかという質問をたまに受けることが…

  5. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    不動産マーケティング

    えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    売れる商品や売れるサービスを考えるとき、まず最初に言われるのが「お客様…

  6. 成約率の上げ方

    不動産マーケティング

    不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!

    「集客はできたのに成約しない・・・」「内覧は多いのに決まらない・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 完成在庫はオープンハウスで売れ!
  2. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。
  3. 物語が売上を伸ばす時代。
  4. 拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客だけを狙いますか?
  5. 不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。
  1. 不動産マーケティング

    あなたの提供する不動産情報はお客様が望む不動産情報ですか?
  2. これでもパワービルダーと闘いますか?

    不動産会社経営

    これでもパワービルダーと闘いますか?
  3. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?
  4. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  5. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

    不動産売却

    売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
PAGE TOP