不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

不動産広告

不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

先日、顧問先からこんな相談を受けました。それは、一生懸命、広告しているんだけどなかなか売れない、というもの。従業員2人だけの小さな建売業者さん。社長と専務二人で仕入れと企画を行っています。

地元で古くからやっている業者さんで土地の仕入れは比較的うまい方。販売に関しては、地元の仲介業者と大手不動産会社にまかせています。以前は、広告宣伝不可という昔ながらのスタイルでやっていたのですが、私がアドバイスするようになってからは、一定期間を過ぎた物件はすべて広告宣伝可に変更。その戦略がうまく当たって、一気に不良在庫が処分できました。

それ以来、積極的に情報を公開するようになったのですが、それでも売れない物件があるというのです。確かに、その物件は地元業者によってSUUMOで広告されていました。他にも、地元の仲介業者のホームページにもたくさん掲載されていました。それにもかかわらず・・・売れない。もっと値下げすべきなのだろうか。と、心配しているのですが、私からすれば、まだまだ広告宣伝という点では十分ではありません。

広告宣伝というものの本質をよく知らない人は、ちょっと広告しただけで、すべての人に情報が伝わると考えてしまいます。しかし、これが大きな間違い。ちょっとやそっとの広告では、あなたが望む人に情報は伝わらないのです。

そもそもあなたの物件を必要とする人がインターネットを利用しない人であれば、SUUMOやホームページの広告は意味がありません。インターネットを利用しない人には新聞折込チラシやポスティング、現地看板などで知らせるしか方法はないのです。インターネットはあくまで広告媒体のひとつ。絶対ではありません。

多くの不動産業者が、これからはインターネットの時代だ、インターネット広告を制するものが業界を制す、のようなことを言っていますが、これは大きな間違い。インターネットも有力な手段ですがそれ以外にも広告宣伝の方法は山ほどあります。逆に、インターネットだけに依存することの方が危険。インターネットに掲載しただけで、すべての人に広告した気になってしまうからです。

人にはそれぞれ得意な情報収集の手段があります。インターネットを利用する人、紙媒体を利用する人、口コミを利用する人。だから、私たちはそれぞれの人に合った情報の発信が必要なのです。

大切なことは、広告媒体をひとつに絞らないということ。インターネット、新聞折込チラシ、ポスティング、現地看板は最低限抑えましょう。その上で、反応をみながらお客様に伝えるメッセージも変えていくのです。

広告は簡単ではありません。しかし、広告が自由に扱えるようになった時、あなたのビジネスは大きく飛躍します。まずはいっぱい広告しましょう。そして、たくさんの失敗をしましょう。そうすることで徐々に広告の技術は磨かれていきます。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?
  2. 完成在庫はオープンハウスで売れ!
  3. 建売会社が信じる間違った広告常識。
  4. 不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。
  5. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

関連記事

  1. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    不動産マーケティング

    売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    セブンイレブンのコーヒーが買いやすくなったと話題になっています。 …

  2. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!

    不動産広告

    不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!

    「◯◯◯が売れている。という噂は本当です。」 というチラシがありま…

  3. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    値下げしても売れない・・・そんな物件が増えてきました。今後の不動産市況…

  4. 不動産広告はwantsを引き出せ!

    不動産広告

    不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!

    枕ひとつが、25,000円〜35,000円と聞いてあなたはどう思うでし…

  5. 知ってる人だけ得をする!不動産広告と心理学の関係。

    不動産広告

    知ってる人だけ得をする!不動産広告と心理学の関係。

    私たちが広告やセールストークをつくる時に利用するのが心理学です。 …

  6. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    不動産広告

    広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    建売業界の常識で思わず首をかしげたくなるもののひとつが広告。ほとんどの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 売れる建売住宅をつくるための「ホストの法則」。
  2. 売れる建売会社になりたいなら顧客接点を見直せ!
  3. 不動産集客はキャッチコピーが8割。
  4. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
  5. あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。
  1. 未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

    不動産会社経営

    未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。
  2. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
  3. 建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?

    不動産広告

    建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?
  4. これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!

    不動産会社経営

    これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!
  5. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。
PAGE TOP