不動産集客はGISポスティングの時代。

不動産マーケティング

不動産集客はGISポスティングの時代。

建売住宅が売れない最大の理由は、広告不足。私は、これに尽きると思っています。実際、パワービルダーをはじめ多くの建売業者さんは自社の物件を広告禁止にしています。つまり、仲介業者に広告しないで売れ!と要求しているのです。

理由は、いろいろあるでしょう。それがいいか悪いかは自己責任ですからとやかくいうことではありません。しかし、私がコンサルティングする時は、まずこの部分から改めてもらいます。

確かに、広告なんてしなくても売れた時代はありました。出せば売れる、そんな夢のような時代もありました。しかし、その売り方が正しかったかというと疑問は残ります。

結果として売れたというのと、正しいプロセスを踏んで売れたのでは会社に残るノウハウが違います。狙ったターゲットに、適切な方法で、適切な価値を届ける。それができてはじめて会社の地力がつくのです。

それがないと会社はいずれ淘汰されます。実際、一世を風靡した建売業者が時代の流れと共にいくつも淘汰されていきました。だからこそ、狙って売れるように「売主の営業力」を磨く必要があるのです。

「売主の営業力」というとすぐにアレルギー反応を示す人がいますが、決して営業マンを雇うことでも自分が営業することでもありません。「売主の営業力」とは「集客力」を磨くことです。

まぁこれは、仲介業者にも言えることですが、今の時代に必要なのは、手八丁口八丁でお客様を説得する力ではありません。そもそも昔のように簡単にお客様を集客できない時代です。集客後の説得能力に長けていても、集客できなければ宝の持ち腐れ。意味がありません。

集客力を磨くには、広告の内容を磨く方法と広告を配布する方法を磨く2つの方法があります。広告の内容を磨く方法は、なかなか大変。一朝一夕には上達しません。ですからまず最初にはじめるのは、広告を配布する能力を磨く方法です。どこに見込み客がいるか、どこにあなたがターゲットとするお客様が隠れているかを見極める能力を磨きましょう。

そのために一番いい方法は、ポスティングです。自社でポスティングするのもひとつの方法ですがお金に余裕があればポスティング業者を利用しましょう。

最近のポスティング業者のなかには、ローラー式にポスティングするだけではなく、お客様の属性を調べてポスティングしてくれる業者もあります。それがGISポスティング。国勢調査の統計データをもとに集計し、地域の特性を簡単に見つけることができるシステムです。

これを利用すれば男女別、年齢層別、世帯構成、建物構造、持家、借家、年収等でデータが引き出せるので、30代男性で借家に住んでいる年収500万円以上の人が多く住むエリアを高確率で抽出することもできます。

こんなシステムを利用しながら売主としての集客力を高めます。集めたお客様はそのまま仲介業者に振ってもよし、自社で成約してもよし、お客様さえ集客できれば、何とでもできます。

大切なのは、仲介業者に頼らず自社で集客できる能力。それがこれからの建売業者さんの運命を左右します。そこのところくれぐれもお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. 「売れるに決まってる物件」つくっていますか?
  2. 人はなぜ借金してでも家を買うのか?
  3. 建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。
  4. 建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。
  5. 不動産広告にマイナス表現は必要か?

関連記事

  1. 不動産マーケティング

    中小建売会社は非効率で勝負しろ!

    中小の建売業者がこれから生き残っていく唯一の方法は、パワービルダーと同…

  2. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    不動産広告

    不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    先日、顧問先からこんな相談を受けました。それは、一生懸命、広告している…

  3. 仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?

    不動産マーケティング

    仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?

    以前、コンサルティングをしたある地方の新築分譲業者さんの話。 社員…

  4. レインズでわかる!あなたの物件の認知度。

    不動産広告

    レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。

    できることなら完成前。悪くても完成後1ヶ月以内。それくらいで売れるとう…

  5. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    不動産マーケティング

    新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    うちの近くに輸入中古車を販売するショップがあります。輸入中古車とい…

  6. 不動産広告にマイナス表現は必要か?

    不動産広告

    不動産広告にマイナス表現は必要か?

    ある建売業者さんから届いたクレーム。完成しても売れない在庫物件のために…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  2. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. イオンに学ぶ!商品説明力と売上の関係。
  2. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。
  3. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  4. 建売業者は広告力を磨け!
  5. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?
  1. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    不動産会社経営

    建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。
  2. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?

    不動産会社経営

    どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?
  3. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?

    不動産広告

    あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?
  4. 実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。

    不動産マーケティング

    実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。
  5. 新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。

    不動産売却

    新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。
PAGE TOP