広告の限界

不動産マーケティング

「売れるに決まってる物件」つくっていますか?

「おいしい生活」で有名なコピーライターの糸井重里さんがコピーライターをやめた理由を朝日新聞デジタルで明かしています。

糸井重里さんといえば、日本を代表するコピーライターですが、最近では「ほぼ日刊イトイ新聞」というサイトを運営する東京糸井重里事務所の社長でもあります。

この会社は、数十万部を売ったほぼ日手帳をはじめ、タオル、料理レシピ本などを販売する会社。年間売上高も38億円を超えており、株式上場も果たしています。

そんなコピーライター兼経営者の糸井さんが、コピーライターをやめた理由を語っています。とても参考にできる部分がありますので、あなたもぜひお読みください。

――「ほぼ日(にち)」とも呼ばれるウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」をみると、手帳やタオル、カレーのスパイスなどのオリジナル商品を、幅広く扱っていますね。糸井さんは、売る名人なのですか。

「売る名人じゃなくて、売れるに決まっているものをつくっています。売れるものを探し、売れるかどうか、常に自分に問いかけています」

――数十万部が売れている「ほぼ日手帳」は、利用者の声を集め、毎年改良を重ねているんだとか。

「使う人に喜んでもらえるか、考え抜く。喜ぶ姿が光景として浮かびあがらない商品は、ダメですね」

――そこに、秀逸なキャッチコピーをつける?

「製品ができてからお客さんの手に渡るまでは、長いドラマがある。広告屋は売るための助け舟を出すのですから、どこかで手伝うことはできます。でも、限界を感じたのです」

――限界、ですか。

「自分が薦めたい商品ならいい。でも、もっと改善できるはず、なんて思ってしまうと、納得して商品を語れない。だからコピーライターはやめました」

――えっ!

「エルメスにキャッチコピーはないですよね。よいコピーをつくることと、売れるものをつくることは別。よくないものをコピーで売るなんて、やめたほうがいい」

実は、これと同じ感情は私も何度も経験しています。クライアントの求めに応じて広告をつくることがあるのですが、ワクワクしながら広告がつくれる物件と、悩んでも悩んでも売れるアイデアが浮かばない物件があるからです。

悩んでも悩んでも売れるアイデアが浮かばない物件は、たとえ広告のチカラ(テクニック)を使って売れたとしても、一時的なもの。何度も同じ手を使うと飽きられてしまいます。

結局のところ、いい広告がつくれるかどうかは、物件次第。いい家ならいい広告がつくれますが、ありふれた家では、いい広告はつくれません。

大切なことは、広告に頼るのではなく広告が活きる物件をつくること。糸井さん的にいえば、売れるに決まっている物件をつくることが重要です。

あなたの物件は、売れるに決まっている物件ですか?改善できる余地はありませんか?もし売れ行きに不満があるならきっとどこかにまだ改善できる余地があるはずです。探してみてはいかがですか。

 

 

ピックアップ記事

  1. 中小建売業者が狙うべきプレミア消費層とは?
  2. お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。
  5. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。

関連記事

  1. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    不動産マーケティング

    あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    先日、ある大手ハウスメーカーの担当者と話をする機会がありました。誰もが…

  2. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    不動産マーケティング

    えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    売れる商品や売れるサービスを考えるとき、まず最初に言われるのが「お客様…

  3. 売れた理由

    不動産マーケティング

    建売業者は売れた理由に執着しろ!

    多くの建売業者さんと話をしていて思うことがあります。それは、ほとんどの…

  4. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法。

    不動産マーケティング

    不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?

    昔、とある地方都市で投資用のアパートを分譲した時のこと。 高利回り…

  5. 成功事例に学べ!売れない商品が爆売れした意外な理由。

    不動産マーケティング

    成功事例に学べ!売れない商品が爆売れした意外な理由。

    「おじいちゃんのノート」が爆売れしています。「おじいちゃんのノート」と…

  6. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    不動産マーケティング

    不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    価値観の相違という言葉をよく耳にします。そう、価値観が違うと、どんなに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  2. いつまでワンマン経営を続けますか?
  3. mcd
  4. お金をかけずに物件も魅力を2割増しにする方法。
  5. 本当の理由

おすすめの記事

  1. 儲かる建売会社になるための究極の決断とは?
  2. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。
  3. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。
  4. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!
  5. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!
  1. 新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    不動産マーケティング

    新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。
  2. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    不動産マーケティング

    中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。
  3. 不動産チラシの基本7原則

    不動産広告

    広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?
  4. 建売住宅は企画が8割。

    不動産マーケティング

    建売住宅は企画が8割。
  5. 住宅購入者の7〜8割は、半径1,5km〜2kmにいる。

    不動産売却

    不動産売却、鉄板の販売法則とは?
PAGE TOP