広告の限界

不動産マーケティング

「売れるに決まってる物件」つくっていますか?

「おいしい生活」で有名なコピーライターの糸井重里さんがコピーライターをやめた理由を朝日新聞デジタルで明かしています。

糸井重里さんといえば、日本を代表するコピーライターですが、最近では「ほぼ日刊イトイ新聞」というサイトを運営する東京糸井重里事務所の社長でもあります。

この会社は、数十万部を売ったほぼ日手帳をはじめ、タオル、料理レシピ本などを販売する会社。年間売上高も38億円を超えており、株式上場も果たしています。

そんなコピーライター兼経営者の糸井さんが、コピーライターをやめた理由を語っています。とても参考にできる部分がありますので、あなたもぜひお読みください。

――「ほぼ日(にち)」とも呼ばれるウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」をみると、手帳やタオル、カレーのスパイスなどのオリジナル商品を、幅広く扱っていますね。糸井さんは、売る名人なのですか。

「売る名人じゃなくて、売れるに決まっているものをつくっています。売れるものを探し、売れるかどうか、常に自分に問いかけています」

――数十万部が売れている「ほぼ日手帳」は、利用者の声を集め、毎年改良を重ねているんだとか。

「使う人に喜んでもらえるか、考え抜く。喜ぶ姿が光景として浮かびあがらない商品は、ダメですね」

――そこに、秀逸なキャッチコピーをつける?

「製品ができてからお客さんの手に渡るまでは、長いドラマがある。広告屋は売るための助け舟を出すのですから、どこかで手伝うことはできます。でも、限界を感じたのです」

――限界、ですか。

「自分が薦めたい商品ならいい。でも、もっと改善できるはず、なんて思ってしまうと、納得して商品を語れない。だからコピーライターはやめました」

――えっ!

「エルメスにキャッチコピーはないですよね。よいコピーをつくることと、売れるものをつくることは別。よくないものをコピーで売るなんて、やめたほうがいい」

実は、これと同じ感情は私も何度も経験しています。クライアントの求めに応じて広告をつくることがあるのですが、ワクワクしながら広告がつくれる物件と、悩んでも悩んでも売れるアイデアが浮かばない物件があるからです。

悩んでも悩んでも売れるアイデアが浮かばない物件は、たとえ広告のチカラ(テクニック)を使って売れたとしても、一時的なもの。何度も同じ手を使うと飽きられてしまいます。

結局のところ、いい広告がつくれるかどうかは、物件次第。いい家ならいい広告がつくれますが、ありふれた家では、いい広告はつくれません。

大切なことは、広告に頼るのではなく広告が活きる物件をつくること。糸井さん的にいえば、売れるに決まっている物件をつくることが重要です。

あなたの物件は、売れるに決まっている物件ですか?改善できる余地はありませんか?もし売れ行きに不満があるならきっとどこかにまだ改善できる余地があるはずです。探してみてはいかがですか。

 

 

ピックアップ記事

  1. オープンハウスを成功に導く意外なポイントとは?
  2. 売上げを伸ばしたいなら即実践!仕事断捨離のススメ。
  3. 建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。
  4. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。
  5. 不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?

関連記事

  1. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    不動産マーケティング

    建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    マーケティングでよく言われることのひとつに、ライバルは同業社だけではな…

  2. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    不動産マーケティング

    えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    売れる商品や売れるサービスを考えるとき、まず最初に言われるのが「お客様…

  3. 売れる建売会社とネーミングの関係。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社とネーミングの関係。

    カリフォルニア工務店という会社があります。今、もっとも勢いのある工…

  4. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    不動産マーケティング

    苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    売れ行きを左右する最も大きなものは、需要と供給のバランスです。 …

  5. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

    不動産マーケティング

    これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?

    建売住宅を売るのは難しい・・・と普通の人は思っています。実際、建売業者…

  6. 売れる不動産会社は、全ての人を満足させようとしてはいけない。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。

    商品企画を考えるとき、ついつい陥ってしまう罠(ワナ)があります。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。
  2. 建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。
  3. 売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。
  4. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。
  5. 売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?
  1. 不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?

    不動産集客

    不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?
  2. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    不動産マーケティング

    建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  3. 建売会社はマンション客を狙え!

    不動産マーケティング

    建売会社はマンション客を狙え!
  4. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!

    不動産マーケティング

    売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!
  5. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。
PAGE TOP