不動産マーケティング

人はなぜ借金してでも家を買うのか?

最近、お客様の財布の紐が硬くなってきました。

そこで考えなければならないことが、家を購入するメリット。とりわけ、あなたの物件を購入するメリットです。メリットがあればお客様は買ってくれる。メリットがなければお客様は買ってくれません。とてもシンプルな構造です。

ということは、お客様がどんなことにメリットを感じるか、それがわかれば、売れる商品がつくれるということ。不景気でも安心して商売が続けられるということです。ただ、それができている業者さんはほんのひとにぎり。多くの業者さんはそれがわからず闇雲に値下げ圧力に屈しています。

建売業者さんの悲劇のひとつは、お客様と接する機会が少ないこと。自社で販売している業者さんはまだしも、完全に仲介業者に販売を任せている業者さんは、お客様と接する機会がほとんどありません。

そのため、お客様の本当のニーズや何がきっかけで購入を決断したのかを知ることができない。ついつい、ひとりよがりな商品になってしまいます。

賃貸に住むお客様にとって家を購入するというのは大抵の場合、大きな借金を背負うこと。「家賃は一生払い続ける借金です」と営業マンはいいますが、払えなくなったら安いアパートに引っ越せばいいという気軽さがあります。

それを、わざわざ大きな借金を背負わすには、それ相応のメリットが必要。家を購入することで賃貸生活とは何が変わるのか?それを具体的に示す必要があります。

例えば、
・憧れだった大型犬が飼える。
・グランドピアノが置ける。
・子どもと遊べる芝生の庭がある。
・そば打ちできる広いキッチンがある。

等々、賃貸やマンションでは実現できないことを具体的なシチュエーションで説明してあげることです。そうすれば、家を購入する口実を与えることができます。

その口実が、あなたの物件でなければ実現できないとしたら、あなたの物件は必然的に売れていきます。大切なことは、購入する具体的なメリットを与えること。眼に浮かぶように与えることです。

厳しい時代を迎えつつあります。どんなメリットが与えられるか、じっくり考える必要がありますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。
  2. 売れない建売会社がよく使う言葉とは?
  3. 新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。
  4. 不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。
  5. あなたの不動産広告の知識、30年前より進化してますか?

関連記事

  1. 建売業界は知恵で差別化する時代。

    不動産マーケティング

    建売業界は知恵で差別化する時代。

    いい家をつくりたい、 いい家で差別化したい、 という建売業者さ…

  2. 広告の限界

    不動産マーケティング

    「売れるに決まってる物件」つくっていますか?

    「おいしい生活」で有名なコピーライターの糸井重里さんがコピーライターを…

  3. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    不動産マーケティング

    こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    私のクライアントさんや、メルマガ、ブログの読者さんには、いい家をつくる…

  4. 不動産マーケティング

    ブランディングは気遣いから。

    わが家の愛犬が逝ってしまいました。ミニチュアシュナウザーの「アッシ…

  5. 儲かる建売会社へ体質改善しませんか?

    不動産マーケティング

    儲かる建売会社へ体質改善しませんか?

    多くの建売業者さんが間違えていることがあります。それは、どうすれば…

  6. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    不動産マーケティング

    家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    新潟県三条市にタダフサという包丁メーカーがあります。昭和23年創業の老…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 間違いだらけの新築住宅の見せ方

おすすめの記事

  1. 不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!
  2. 成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。
  3. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?
  4. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  5. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。
  1. 不動産広告にマイナス表現は必要か?

    不動産広告

    不動産広告にマイナス表現は必要か?
  2. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!

    不動産広告

    不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!
  3. これからの建売業者に必要な意外な力とは?

    不動産会社経営

    これからの建売業者に必要な意外な力とは?
  4. 広告の限界

    不動産マーケティング

    「売れるに決まってる物件」つくっていますか?
  5. 不動産マーケティング

    ブランディングは気遣いから。
PAGE TOP