あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。

不動産マーケティング

あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。

建売住宅の場合、完成物件はそのままモデルハウスです。新築マンションやハウスメーカーのように家具を設置したり、インテリアコーディネーターを使って室内を飾ったりということが少ない建売業界では、完成物件をいかに魅力的に見せるか、そこが一つのポイントです。

それにも関わらず、そのポイントが重要視されていない。仲介業者もさることながら建売業者さん自身、その重要性に気づいていない業者がたくさんいます。

そのため、完成物件なのか完成間近の物件なのか、よくわからない物件もあるのが現実。完成間近と完成物件では、お客様の受ける印象は大きく違うので注意が必要です。

よくあるのが、玄関や室内に部材の箱や余ったクロスなどが置いたままになっていること。工期の関係でどうしても置いておかなければならないこともあると思いますが、せめてクローゼットにしまっておくなどの配慮が必要。箱のまま散乱していてはモデルハウスとしては失格です。

そして、もうひとつはダメチェックのテープ。ダメチェックで見つかった箇所を場所がわかるようにテープを貼ることが多いのですが、これが異様に目立ちます。

ほんの数箇所であればまだしも、その数が多ければ多いほど、「この家、本当に大丈夫?」という気持ちになるのは当然。百害あって一利なし。こちらも工期の問題があるのでしょうが工期より売ることの方が重要。ダメチェックの工事に入る寸前にテープを貼るなり、テープを貼らないで写真で場所を指摘するなり、違う方法を考えた方が賢明です。

他にも、建て付けの悪いドアや窓、開閉の鈍いシャッターなど、お客様や仲介業者が触りやすい箇所は万全の体制で望みたいものです。確かに、施工業者にとっても、担当者にとっても面倒なことばかりですが、ここを怠るとせっかくのお客様が逃げてしまうだけでなく、自社のブランドイメージも傷つけてしまいます。

最近は、インターネットでいい物件の見分け方を教えている人も増えてきました。そんな人たちが言うのは、大抵は重箱の隅をつついたようなこと。つまらないミスを見つけてこんな物件には気をつけた方がいい、一事が万事だからというのがほとんどです。

だからこそ、あなたの物件はそんな些細なことで悪いレッテルを貼られないようにしなければならないのです。あなたの物件は、ちゃんとモデルハウスになっていますか?今一度、チェックしてみましょう。

 

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
  2. 広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?
  3. できる不動産会社の経営者が最も大事にすること。
  4. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
  5. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。

関連記事

  1. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。

    不動産マーケティング

    Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。

    突然ですが、Nespressoってご存知ですか?Nespressoとは…

  2. 建売業者も営業力の時代。

    不動産マーケティング

    建売業者も営業力の時代。

    売れ行きが悪い時、多くの売主は売れない理由を自分のせいにします。価…

  3. 不動産集客はGISポスティングの時代。

    不動産マーケティング

    不動産集客はGISポスティングの時代。

    建売住宅が売れない最大の理由は、広告不足。私は、これに尽きると思ってい…

  4. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    不動産マーケティング

    苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    売れ行きを左右する最も大きなものは、需要と供給のバランスです。 …

  5. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?

    不動産マーケティング

    いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?

    ホンダの5代目「ステップワゴン」が、思わぬ苦戦を強いられているそうです…

  6. ホストの法則

    不動産マーケティング

    売れる建売住宅をつくるための「ホストの法則」。

    先日、ある人からなぜホストはモテるのか、という話を聞きました。 そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  2. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

おすすめの記事

  1. 残念なオープンハウス。
  2. 松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!
  3. 不動産会社の成長を妨げる、使ってはいけない言葉とは?
  4. 物語が売上を伸ばす時代。
  5. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  1. 不動産会社経営

    パワハラと不動産会社の未来。
  2. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
  3. 不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

    不動産会社経営

    不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?
  4. これかの新築分譲会社に必要な能力とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な能力とは?
  5. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。

    不動産会社経営

    大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。
PAGE TOP