建売住宅販売はモノから人の時代へ。

不動産マーケティング

建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。

建売業界が抱える問題のひとつに、「お客様の声を聞かない」ということがあります。
購入した人が、なぜあなたの物件を選んだのか?という大事な部分を聞かないということです。

売れたのだからそれでいい、聞いたところで何の役に立つの?ということなのでしょうが、実は、これを聞くのと聞かないのとでは、商品企画に大きな違いが出てきます。

要するに、売れる商品を作れるか作れないかはこれを聞いているか、聞いていないかに関わってくるということ。ある意味、建売業者の生命線です。

それにもかかわらず、ほとんどの建売業者さんはこの生命線をないがしろにしています。
そして、売れない・・・と言って苦しむ。

そんな重要なポイントで最近何が起きているのか?実は、異変が起きているのです。
以前は、なぜ購入したのですか?という質問をすると、

「デザインが良かったから」とか、「設備が良かったから」とか、決めてがモノによるものが多かったのですが最近は、それがヒトに変わってきているということです。

「営業マンが良かったから」
「大工さんが親切だったから」
「社長さんがおもしろかったから」
「会社の雰囲気がアットホームだったから」
「現場の掃除が行き届いていたから」

どれも珍しい理由ではなく、昔からある購買理由ですが、その割合が増えています。考えられる理由は、それだけモノで差別化することが難しくなったということ。どこの建売会社もそこそこのレベルの家が建てられるようになったことです。

だから、同じようなモノなら最後は人間性。いい人から買いたいということなのでしょう。実は、マーケティングの世界ではこれは随分前から言われています。

これからはコンテンツの時代ではなく、コンテキストの時代だと。

コンテキストとは文脈、背景という意味ですが、ビジネスの世界では購買経験という意味で使います。要するに、商品だけでなく、商品を買うことによって得られる経験もお客様は求めているということです。

同じ商品なら楽しい経験とともに購入したい気持ちよく購入したいというのが消費者の気持ち。それがより強くなってきているということです。

だとすれば、建売業者さんがすべきことは簡単です。

お客様に気持ちよく買ってもらえるようにソフトの部分を強化すればいいだけ。接客も含めて、丁寧な対応をすればいいだけです。職人さんも巻き込んで丁寧な接客や、キレイな現場を心がけることで大きく差別化できます。お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 中小建売業者は高く売る技術を鍛えろ!
  2. 不動産広告にマイナス表現は必要か?
  3. 反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。
  4. 建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。
  5. 不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!

関連記事

  1. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    不動産マーケティング

    中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    世の中には流れというものがあります。 時流という言葉が適切なのかも…

  2. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    建売業者さんからの相談で多いのが価格に関する相談。なかでも価格競争から…

  3. こうすればもっと簡単に売れる建売住宅ができる!

    不動産マーケティング

    こうすればもっと簡単に売れる建売住宅ができる!

    多くの建売住宅を見てきて思うことは、「覚悟」ができていない建売業者さん…

  4. あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    不動産マーケティング

    あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    真面目な建売業者さんが陥る思考、それは、人は合理的に判断するという思考…

  5. 不動産マーケティング

    なぜ建売住宅は売れたり、売れなかったりするのか?

    建売住宅の業界は不安定です。 売れる時もあれば、売れない時もある。…

  6. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法。

    不動産マーケティング

    不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?

    昔、とある地方都市で投資用のアパートを分譲した時のこと。 高利回り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 間違いだらけの新築住宅の見せ方
  2. 弱点のある不動産の売り方。
  3. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
  4. 新築一戸建て会社はゴミの日の法則に学べ。

おすすめの記事

  1. 残念!こんな不動産の値下げは失敗する。
  2. アラサー世代が好むインテリアとは?
  3. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  4. 会社の成長を妨げるのは社長!?
  5. 過去の失敗にとらわれていませんか?
  1. 不動産会社経営

    中小建売業者は「すし銚子丸」に学べ!
  2. ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

    不動産会社経営

    ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。
  3. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    不動産会社経営

    勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?
  4. バブル世代の価値観が通用しない理由。

    不動産マーケティング

    バブル世代の価値観が通用しない理由。
  5. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。

    不動産会社経営

    用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。
PAGE TOP