不動産会社経営

伸び代のある経営者とは?

以前、ある経営コンサルタントがこんなことを言っていました。それは、

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

調べてみるとこれは、ドイツの初代宰相ビスマルクの言葉。正確には、「愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む。」また、ビスマルクは、「賢者は愚者に学び、愚者は賢者に学ばず」とも語ったそうです。

賢明な者は他人の言動や考え方からも学び、大きく成長するが、独りよがりな愚か者は他人の言動や考え方を受け入れず、成長しない、と言いたかったのかも知れません。

コンサルタントをしていると多くの経営者に会います。みなさんそれなりのビジネスをしてきた方ばかり。それなりの経験も実績もある方ばかりです。そんな経営者を見てきて思うことは、その人の伸び代です。この人は伸び代があるなぁ、と感じる人もいれば、この人はこれが限界かなぁ、と感じる人もいます。

その差は、学び方です。伸び代がないなぁと感じる人の学び方は、自分でやってみないとわからないという人。すべてを自分でコントロールしようとする人です。

社長が全てを取り仕切る、自分がやらないと気が済まないという経営者は、成功しないとは言いませんが、成功するためのスピードが遅くなります。または、成功するために多大なリスクを負うことになります。

そりゃそうです。経営者はスーパーマンではありませんから得意なこともあれば、不得意なこともあります。不得意なこと(知らないこと)まで自分でやるわけですから上手くいかないことがあるのは当たり前。失敗するのは当たり前だからです。

それに対して、伸び代がある人は、他人の意見を素直に聞ける人。他人の経験から学べる人です。そんな人は、成長のスピードが格段に早くなるだけでなく、リスクも減ります。

何しろ、他人が失敗した道を避けて通れるのですから、これ以上早く安全にゴールにたどり着く方法はありません。それなのに、素直に人の意見を受け入れられない経営者があまりにも多い。

裏を返せば、素直に他人の経験から学べる経営者は圧倒的な結果が出せる経営者になれる確率が高いということ。自分に能力がなくても、他人の能力を上手く利用することで名経営者になれるということです。

まずは、自分で全てを取り仕切る、自分で全てをやるという習慣を捨てましょう。それだけで、今までの苦労から解放されます。こんなはずじゃなかった・・・という人生から解放されますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。
  2. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?
  3. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。
  4. 現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?
  5. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?

関連記事

  1. 中小建売業が陥る、間違いだらけの成功法則。

    不動産会社経営

    中小建売業者が陥る、間違いだらけの成功法則。

    仕事柄よく聞かれる質問があります。 それは、「最近、儲かっている会…

  2. これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!

    不動産会社経営

    これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!

    コンサルティングの現場でよく感じることのひとつが、時代認識の差です。…

  3. 時代認識、間違っていませんか?

    不動産会社経営

    あなたの時代認識、間違っていませんか?

    売上に苦しんでいる経営者に共通していることがあります。それは、時代…

  4. 建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。

    不動産会社経営

    建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。

    私が以前から建売業者さんに感じている「違和感」があります。 それは…

  5. あなたの不動産会社が停滞している根本的な理由。

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社が停滞している根本的な理由。

    先日、面白い話を聞きました。それは、「人間は95%昨日と同じ行動を…

  6. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。

    不動産会社経営

    用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。

    仕事柄、最も多い相談は、売れない物件をどうしたら売れるか?という相談。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。
  2. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」
  3. 賃貸アパートに学ぶ!クローゼットで差別化する方法。
  4. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?
  5. 建売会社が信じる間違った広告常識。
  1. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。

    不動産マーケティング

    販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。
  2. 中小建売業者は販促ツールを強化しろ!

    不動産マーケティング

    中小建売業者は販促ツールを強化しろ!
  3. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  4. 売れる不動産会社は、全ての人を満足させようとしてはいけない。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
  5. できる不動産会社の経営者が最も大切にするもの

    不動産会社経営

    できる不動産会社の経営者が最も大事にすること。
PAGE TOP