長期的に儲かる建売会社

不動産会社経営

長期的に儲かる建売会社をつくるために経営者がすべきこと。

ビジネスがうまくいっている経営者とビジネスがうまくいってない経営者。

ついつい、ビジネスがうまくいっている経営者は何か特別な能力やノウハウを持っているように感じてしまいますが、私がコンサルティングをしている範囲でいえば、能力的にはほとんど差はありません。むしろ、ビジネスがうまくいってない経営者の方が人柄や能力が高い人が多い(笑)。

では、どこが違うのか?ということですが、
たまたま。
たまたまとは、今は時流に乗っているだけということ。
だから、将来はどうなるかわからない。

コンサルティングの相談にいらっしゃる方は、大抵はうまくいっていない人ですが、中には、もっとうまくいきたいと相談にいらっしゃる方もいます。そんな時、私が一番興味があるのはその経営者がなぜ今うまくいっているのか自分で分析できているかどうか。うまくいっている理由を本人がわかっているかどうかです。それがわかっていれば将来も安泰。自分で軌道修正しながらビジネスを構築していくことができるからです。

問題は、うまくいっている理由がわかっていない場合。この場合は、時流に乗っているだけ、ということになります。当然、時流は時間と共に変化しますから時流に乗れなくなれば業績が悪化するのは明白。最悪は、倒産ということにもなりかねません。実は、そんな経営者が多いのです。

ある業績のいい建売業者があります。社長は30代半ばで、会社はイケイケ。実際、ここ数年の売上はうなぎのぼり。最近では、建売住宅だけでなくマンションの分譲もはじめました。しかし、その社長と話しをしていても明確な戦略がわかりません。社長自身、売れている理由をはっきり理解していないのです。

唯一、出てきた答えは、積極的に土地を買っているということ。たまたま採用した土地の仕入れ担当が優秀で、いい土地の情報が入ってくるようになったとのこと。その社員を採用してから、業績が一気に伸びたというのです。

まぁ、建売業者さんによくあるパターンですが、一番危険なパターンでもあります。まず、担当者が辞めたら一気に業績が悪化する。積極的に買っているというのは、景気が上向きの時には効果的ですが、景気が悪化すると致命症になりかねない。諸刃の刃です。

もしこの会社が仕入れの優位性だけでこれからも勝負していくなら、優秀な社員の仕入れノウハウを社内で共有する必要があります。他の社員でもできるよう共通のノウハウにすることが重要です。それをしないと、一時の繁栄で終わってしまいます。だからこそ、売れてる会社でもその理由を理解しておくことが必要なのです。

あなたの会社はうまくいっている理由がわかりますか?

うまくいっている理由がわかれば、それを言葉で伝えられるよう言語化しましょう。そして、それを会社のノウハウとしてマニュアル化しましょう。それが会社を継続的に発展させる秘訣です。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産会社の成長を妨げる、使ってはいけない言葉とは?
  2. 話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?
  3. 建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。
  4. 購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。
  5. 売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。

関連記事

  1. 人材育成

    不動産会社経営

    「部下を育てるのは難しいなぁ…」と思ったら。

    誤解を恐れずに言えば、できる経営者ほど人材育成が下手です(笑)。 …

  2. 不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。

    不動産会社経営

    不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。

    家を売るのは難しい、そう考えている経営者や営業マンは少なくありません。…

  3. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    不動産会社経営

    あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    先日、ある建売会社の社長さんから商品企画についての相談がありました。…

  4. 不動産会社の社長は今すぐスマホに変えなさい!

    不動産会社経営

    不動産会社の社長は今すぐスマホに変えなさい!

    あなたの携帯電話はガラケーですか、スマホですか? 今時、ガラケーと…

  5. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    不動産マーケティング

    中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    アキュラホームが最近の住宅傾向について発表しました。この調査は、同社が…

  6. あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    中小企業が成長するうえで欠かせないのが、人材採用。どんな人材を採用でき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  3. 売れない原因の見つけ方。
  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  5. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

おすすめの記事

  1. 不動産売却、売れないオーラ出してませんか?
  2. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。
  3. 購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。
  4. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。
  5. 不動産集客はGISポスティングの時代。
  1. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。
  2. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。

    不動産マーケティング

    ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。
  3. 不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?
  4. 仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?

    不動産マーケティング

    仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?
  5. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。

    不動産マーケティング

    こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。
PAGE TOP