不動産会社経営

  1. 建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。

    建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。

    建売業社さんにもいろんなタイプがあります。大きく事業展開したい人もいれば、小さく確実に儲けたいという人もいます。どちらがいいかは、人それぞれ。価値観の問題ですか…

  2. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    コンサルタントをしていると、何でも自分でやらないと気が済まない、何でも自分が納得しないと決断できない、という経営者に遭遇します。小さな会社ならそれも仕方ないと思…

  3. 不動産会社、社長の機嫌と売上の関係。

    不動産会社経営、社長の機嫌と売上の関係。

    「ミラーニューロン」という言葉を知っていますか?ミラーニューロンとは、霊長類などの高等動物の脳内で、自ら行動する時と、他の個体が行動するのを見ている状態の、…

  4. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    高く売るにはどうしたらいいか? 高く貸すにはどうしたらいいか? これは不動産会社の永遠のテーマです。 そんな不動産会社の永遠のテーマに果敢に取…

  5. その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?

    その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?

    コンサルタントになる前、仲介会社を経営していた頃の話です。ある建売業者さんと懇意になりました。懇意になったのは、その建売業者さんの売れ残り物件を売ったことがきっ…

  6. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?

    中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?

    中小建売業者さんと話しをしていると将来について不安を抱えている人が多い。人口減少問題、空き家問題、住宅の過剰供給、パワービルダーの台頭、等々頭を悩ませる問題はた…

  7. あなたの建売住宅が売れない意外な理由。

    あなたの建売住宅が売れない意外な理由。

    多くの建売業者さんは、売れないとその原因を物件に求めます。価格が高いからではないか?場所が悪いからではないか?建物の企画が悪いからではないか? 等々。確かに…

  8. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    コンサルティングをしていて困ることのひとつに、クライアントの思い込みがあります。思い込みとは、先入観、もしくは、単なる感情。新しい提案をしてもそれはちょっと…と…

  9. 大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。

    大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。

    以前、「優秀な人材を集めるには企業理念が大切だ」というようなことを書きましたが、「企業理念って何ですか?」という質問がありました。 実は、企業理念のない…

  10. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    忙しさを「できる経営者の証」のように言う社長さんがいます。コンサルティングの最中でも、電話は鳴りっぱなし、頻繁に中断を繰り返し、気がつけばコンサルティング終了の…

最近の記事

  1. あなたの物件が売れた本当の理由、確認していますか?
  2. まぐれで売れていませんか?
  3. 建売住宅販売はモノから人の時代へ。
  4. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  5. いつまでワンマン経営を続けますか?

最近の記事

  1. アート引越センターに学ぶ、ヒット商品が売れた本当の理由。
  2. あなたの建売住宅、まぐれで売れていませんか?
  3. 建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。
  4. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  5. いつまでワンマン経営を続けますか?
  1. 不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?

    不動産集客

    不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?
  2. 建売会社はマンション客を狙え!

    不動産マーケティング

    建売会社はマンション客を狙え!
  3. 540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。
  4. 未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

    不動産会社経営

    未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。
  5. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。

    不動産マーケティング

    建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。
PAGE TOP