不動産集客

  1. 建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?

    建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?

    「広告を出しても反応がない・・・」仲介業者からよく聞く言葉です。  その原因は、次の4つのどれか。 ・広告がつまらないので見る気がしない。 ・…

  2. 商売は、モノだけでは成り立ちません。それを買う人がいなければ売れません。だから、人を集めなければならない。

    モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。

    建売会社など「ものづくり」を生業としている業者さんが苦手なことの一つが集客です。モノは作れるけど、人が集められない。だから、売れない、という負のスパイラルに陥る…

  3. 楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。

    楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。

    昔、コンサルタントの間で”楽天迷子”(らくてんまいご)という言葉が流行りました。どういうことかというと、楽天に出店して商品を売り出しているのに自分の売っている商…

  4. 不動産チラシの基本7原則

    広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?

    建売業者さんはあまり知らないかもしれませんが、全国的にチラシの反応が悪くなっています。建売業界では、販売を仲介業者に依頼することが多いため、自社でチラシを撒く業…

  5. 建売会社はマンション客を狙え!

    建売会社はマンション客を狙え!

    先日、あるサイトがマイホームを持っている人141名に“マイホーム選びについて失敗したと思うこと”をアンケート調査しました。その結果が興味深いのでご紹介しましょう…

  6. 人はなぜ家を買うのか?

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。

    人は、なぜモノを買うのか?少し哲学的な質問ですが、これがわかると人は、なぜ家を買うのか?という究極の質問にも答えられるようになります。人がモノを買う理由は、…

  7. 100人中1人しか実行しない100%効果がある売上を上げる秘訣。

    100人中1人しか実行しない、100%効果がある売上を伸ばす秘訣。

    実は、建売業者さんの売上を確実に伸ばす方法があります。成功率は、ほぼ100%。建売業者さんのみならず、工務店や不動産会社、その他の異業種でも効果は実践済み。やれ…

  8. たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。

    たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。

    商品を売る上で、もっとも効果的な方法は自社の強みで勝負すること。競合(ライバル)が持っていないもので、あなたの商品にしかないもの、そして、それがお客様を魅了…

  9. 不動産集客はGISポスティングの時代。

    不動産集客はGISポスティングの時代。

    建売住宅が売れない最大の理由は、広告不足。私は、これに尽きると思っています。実際、パワービルダーをはじめ多くの建売業者さんは自社の物件を広告禁止にしています。つ…

  10. 不動産広告は、目立ってなんぼ。

    不動産広告は、目立ってなんぼ。

    71.6倍。これは、ここ8年間で増えた「あるもの」の量です。何かわかりますか?答えは、ネットの情報量です。 ブログやツイッター、フェイスブック等…

最近の記事

  1. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  2. いつまでワンマン経営を続けますか?
  3. mcd
  4. お金をかけずに物件も魅力を2割増しにする方法。
  5. 本当の理由

最近の記事

  1. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  2. いつまでワンマン経営を続けますか?
  3. 「お客様の声」を信用するな!?
  4. お金をかけずに物件の魅力を2割増しで伝える方法。
  5. 知らないでは済まされない!あなたの物件が売れた本当の理由。
  1. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    不動産広告

    思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。
  2. あなたの成長を妨げる言葉とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の成長を妨げる、使ってはいけない言葉とは?
  3. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    不動産会社経営

    儲かる不動産会社になるための唯一の方法。
  4. 話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?

    不動産売却

    話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?
  5. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

    不動産会社経営

    たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?
PAGE TOP