売れない時は、世阿弥に学べ。

不動産会社経営

売れない時は、世阿弥に学べ。

「風姿花伝」という書物があります。
世阿弥が残した能の理論書ですが、私たちのビジネスにも大いに参考になることが書かれています。

そもそも世阿弥は今でいえば「観世座」という劇団のオーナー兼プロデューサー。劇団の存続のためにはどうしたらいいかを考え抜きました。

それは役者の修行方法から始まり、いかにライバル劇団に勝ち、観客の興味をひくにはどうすべきかなど、後継者に託す具体的なアドバイスを記したものが、彼の伝書です。いわば、芸術のための芸術論というよりは、生存競争の厳しい芸能社会を勝ち抜くための戦術書ともいえるものです。

世阿弥の時代には、「立合」という形式で、能の競い合いが行われました。
立合とは、何人かの役者が同じ日の同じ舞台で、能を上演し、その勝負を競うことです。この勝負に負ければ、評価は下がり、パトロンにも逃げられてしまいます。

立合いは、自身の芸の今後を賭けた大事な勝負の場でした。しかし、勝負の時には、勢いの波があります。世阿弥は、こっちに勢いがあると思える時を「男時」(おどき)、相手に勢いがついてしまっていると思える時を「女時」(めどき)と呼んでいます。

世阿弥は、「ライバルの勢いが強くて押されているな、と思う時には、小さな勝負ではあまり力をいれず、そんなところでは負けても気にすることなく、大きな勝負に備えよ」と言っています。

女時の時に、いたずらに勝ちにいっても決して勝つことはできない。そんな時は、むしろ「男時」がくるのを待ち、そこで勝ちにいけというのです。世阿弥は、この「男時・女時」の時流は、避けることのできない宿命と捉えていました。

「絶対売れる!」と踏んだ建売住宅が苦戦することがあります。一生懸命努力しているのになかなか売れない時があります。そうなると、ついつい弱気になります。焦って値下げをしたくなるかもしれません。

しかし、女時の時に、いたずらに値下げして売ろうとしても傷口を広げるだけ。そんな時は、男時が来るまで待つのも一手です。

世阿弥曰く、
「時の間にも、男時・女時とてあるべし」
「いかにすれども、能によき時あれば、必ずまた、悪きことあり。これ力なき因果なり」

そして「信あらば徳あるべし」。
信じていれば、必ずいいことがあると説いています。

あなたが本当にいい物件をつくっている自覚があれば必ず売れます。
やるべきことを淡々と続けることです。

 

 

ピックアップ記事

  1. 新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  2. 不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。
  3. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?
  4. モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。
  5. 即日完売する新築分譲住宅を建てる前にすべきこと。

関連記事

  1. 不動産会社経営

    あなたのビジネスをリセットするコツ。

    リセットという言葉が注目を集めています。辞書によれば、リセットとは…

  2. 建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。

    不動産会社経営

    建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。

    建売住宅は、仕入れに始まり仕入れに終わると、言う人がいます。ほとんどの…

  3. なぜあの不動産会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    以前お会いしたある新築分譲会社の社長の話。その新築分譲会社は小さな…

  4. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

    不動産会社経営

    売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

    意外と知られていませんが、売れる建売住宅をつくる上で欠かせないものがあ…

  5. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    会社が大きくなっていく過程で避けられないことがあります。それは、役割の…

  6. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?

    不動産会社経営

    どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?

    経営者にとって、売上アップは避けて通れない課題。だから、真剣。もちろん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. イケてる経営者になるための決断力の磨き方。
  2. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。
  3. 残念!こんな不動産の値下げは失敗する。
  4. 中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!
  5. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。
  1. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    不動産マーケティング

    中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。
  2. 新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    不動産マーケティング

    新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。
  3. 難しい専門用語が売上を落とす!

    不動産マーケティング

    難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!
  4. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。
  5. 不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。

    不動産会社経営

    不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。
PAGE TOP