売れない時は、世阿弥に学べ。

不動産会社経営

売れない時は、世阿弥に学べ。

「風姿花伝」という書物があります。
世阿弥が残した能の理論書ですが、私たちのビジネスにも大いに参考になることが書かれています。

そもそも世阿弥は今でいえば「観世座」という劇団のオーナー兼プロデューサー。劇団の存続のためにはどうしたらいいかを考え抜きました。

それは役者の修行方法から始まり、いかにライバル劇団に勝ち、観客の興味をひくにはどうすべきかなど、後継者に託す具体的なアドバイスを記したものが、彼の伝書です。いわば、芸術のための芸術論というよりは、生存競争の厳しい芸能社会を勝ち抜くための戦術書ともいえるものです。

世阿弥の時代には、「立合」という形式で、能の競い合いが行われました。
立合とは、何人かの役者が同じ日の同じ舞台で、能を上演し、その勝負を競うことです。この勝負に負ければ、評価は下がり、パトロンにも逃げられてしまいます。

立合いは、自身の芸の今後を賭けた大事な勝負の場でした。しかし、勝負の時には、勢いの波があります。世阿弥は、こっちに勢いがあると思える時を「男時」(おどき)、相手に勢いがついてしまっていると思える時を「女時」(めどき)と呼んでいます。

世阿弥は、「ライバルの勢いが強くて押されているな、と思う時には、小さな勝負ではあまり力をいれず、そんなところでは負けても気にすることなく、大きな勝負に備えよ」と言っています。

女時の時に、いたずらに勝ちにいっても決して勝つことはできない。そんな時は、むしろ「男時」がくるのを待ち、そこで勝ちにいけというのです。世阿弥は、この「男時・女時」の時流は、避けることのできない宿命と捉えていました。

「絶対売れる!」と踏んだ建売住宅が苦戦することがあります。一生懸命努力しているのになかなか売れない時があります。そうなると、ついつい弱気になります。焦って値下げをしたくなるかもしれません。

しかし、女時の時に、いたずらに値下げして売ろうとしても傷口を広げるだけ。そんな時は、男時が来るまで待つのも一手です。

世阿弥曰く、
「時の間にも、男時・女時とてあるべし」
「いかにすれども、能によき時あれば、必ずまた、悪きことあり。これ力なき因果なり」

そして「信あらば徳あるべし」。
信じていれば、必ずいいことがあると説いています。

あなたが本当にいい物件をつくっている自覚があれば必ず売れます。
やるべきことを淡々と続けることです。

 

 

ピックアップ記事

  1. 値下げ前に絶対確認しなければならない2つのポイント。
  2. 仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?
  3. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  4. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  5. 売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。

関連記事

  1. 不動産会社経営

    中小不動産会社が大手より優秀な人材を採用する方法。

    中小企業と大企業で圧倒的に差が出ることのひとつが人材採用とその育成。…

  2. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。

    売れない不動産会社(建売会社)に共通することのひとつに、社長の年齢があ…

  3. 売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?

    不動産会社経営

    売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?

    売れる建売住宅をつくるために最も大切なこと、それはお客様の頭の中を知る…

  4. ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

    不動産会社経営

    ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

    「小さい頃の僕はとにかく内気で大人しい少年だった」 「早稲田大学に…

  5. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    不動産会社経営

    なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    仕事柄、多くの建売業者さんとお会いすることがあります。儲かっている会社…

  6. いつまでワンマン経営を続けますか?

    不動産会社経営

    いつまでワンマン経営を続けますか?

    建売業者さんにはワンマン経営の会社が多い。建売業界に限らず中小企業には…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 建売業者も営業力の時代。
  2. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  3. 売れる建売会社になりたいなら顧客接点を見直せ!
  4. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!
  5. 新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  1. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。

    不動産会社経営

    老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。
  2. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

    不動産マーケティング

    新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。
  3. 完成在庫はオープンハウスで売れ!

    不動産売却

    完成在庫はオープンハウスで売れ!
  4. 不動産広告

    過去の失敗にとらわれていませんか?
  5. 売れない建売会社がよく使う言葉とは?

    不動産会社経営

    売れない建売会社がよく使う言葉とは?
PAGE TOP