不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!

不動産会社経営

不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!

家電量販店最大手のヤマダ電機が不動産事業に参入することを発表しました。記事によれば、完全子会社を通じて賃貸物件や不動産売買を仲介。グループ全体の強みを生かし、リフォームや金融相談といった総合的なサービスを提案していくと云います。

6月に設立した完全子会社のヤマダ不動産を「インテリアリフォームヤマダ」内にコーナー出店し、グループ会社が手掛ける一戸建て分譲物件や土地情報を提供するほか、土地購入者には子会社のヤマダ・エスバイエルホームやヤマダ・ウッドハウスに関する情報を提供。

更に、ファイナンシャルプランナーを配置して、グループ会社の住宅ローンも提案。独自のポイント制度を活用したサービスで顧客満足度を高めるそうです。

ヤマダ電機は2011年に住宅事業に参入。「スマートハウス・リフォーム事業」は現在売上高の1割を占めています。その上、4月には住宅ローン事業にも参入済み。金融子会社のヤマダファイナンスサービスを通じて「ヤマダフラット35」や、つなぎ融資のための「ヤマダフラットつなぎ」、低金利での借り入れを促す「ヤマダリフォームローン」の販売をはじめています。

ヤマダフラット35の魅力は、手数料をポイント還元分を含めて国内で最も低い水準に設定している点。ヤマダグループで住宅購入するメリットを強調しています。将来的には他社で住宅購入した顧客にも販売できるようにしフラット35市場で占有率1位を目指すと云いますからかなり本気です。

まだまだ新規参入したばかりで実感はないと思いますが、この記事は不動産業界にとって大きな転機を表していると私は思います。なぜなら、異業種参入の幕開けだからです。

家電業界といえば、価格競争のもっとも厳しい業界。そんな血で血を洗う業界のトップ企業が不動産業界に本格参入するということは彼らのやり方がそのまま導入されるということ。異業種の常識が持ち込まれるということです。その上、彼らは大企業。資本力もスタッフも違います。

実際、今回のヤマダ電機の参入もかなり周到にプランが練られているのが特徴。不動産事業に参入する前に、どこよりも魅力的な金融商品(ヤマダフラット35)を開発したり、新店舗にファイナンシャルプランナーを配置するなど、やることがプロ。不動産業界を攻略する戦略がしっかり練られています。

もちろん今すぐ彼らが脅威となることはありません。しかし、何もしないで手をこまねいているとあっという間に市場を奪われるのも事実。彼らがあなたの市場を侵食する前に対策を練ることです。

まずは、じっくり自社の販売戦略を分析しましょう。今までのやり方で異業種からの「黒船」に対抗できるか、真剣に考えてみましょう。その上で、どんな対策をとればいいのか考える。考えて、考えて、考え抜く。そして、どうしても考えが及ばなければ対策を持っている人を利用することです。ヤマダ電機の参入を「大したことない」と見るか「大きな転機」として見るかはあなた次第。数年後、結果がわかります。

 

 

ピックアップ記事

  1. 有名建築家の作品なら高くても売れる!?
  2. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。
  3. あなたが値下げ前にやるべきこととは?
  4. 売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?
  5. あなたの物件が常に営業マンから注目されるようにする方法。

関連記事

  1. 売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。

    不動産会社経営

    売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。

    売れる新築分譲住宅をつくるのにもっとも重要なこと、何だと思いますか?…

  2. 大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。

    不動産会社経営

    大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。

    以前、「優秀な人材を集めるには企業理念が大切だ」というようなことを書き…

  3. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    不動産会社経営

    中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    中小建売業者さんのなかには、販売は大手不動産仲介会社に任せる、という会…

  4. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    不動産会社経営

    売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    営業部隊を持つ建売業者さんと営業部隊を持たない建売業者さん。その違いは…

  5. 不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。

    不動産マーケティング

    不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。

    ある引越し業者さんの話。今では、引越業界最大手と呼ばれる会社ですがきっ…

  6. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    不動産マーケティング

    中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    世の中には流れというものがあります。 時流という言葉が適切なのかも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。
  2. レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。
  3. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?
  4. 中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!
  5. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?
  1. 二匹目のドジョウを狙え

    不動産マーケティング

    建売住宅販売の新常識!二匹目のドジョウを狙え。
  2. 弱点のある不動産の売り方。

    不動産売却

    あなたにもできる!弱点のある不動産の売り方。
  3. 時代認識、間違っていませんか?

    不動産会社経営

    あなたの時代認識、間違っていませんか?
  4. できる不動産会社の社長はココが違う!

    不動産会社経営

    できる不動産会社の社長はココが違う!
  5. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    不動産会社経営

    売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。
PAGE TOP