なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?

不動産マーケティング

なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?

仲介業者から信頼される建売会社になるために注意しなければならないことがあります。それは、何件予定価格で販売できたか、ということです。

つまり、値下げや値引きをしないで販売できた物件の戸数。それが全体の何パーセントになるかが信頼性に関わってくるということです。

建売会社にとって、いや、仕入れ担当にとって大切なのは、予定価格で売れたかどうか。それが現実と大きくかけ離れているようでは安心して仕入れは任せられません。

多くの会社が、どれだけ儲かったかを重視しますが、それは結果論。見込みが甘かったことの言い訳にはなりません。もっとも、会社としてそれを良しとしている会社もありますが、消費者の立場から見ると微妙です。

なぜなら、先に購入した人の満足感がなくなってしまうからです。

パワービルダーなどの物件ではよくありますが、前後の棟で最終的に1,000万円近く値段が変わることがあります。道路付きの良い方が1,000万円高く、道路付きの悪い方が1,000万円安い。そうなると、たとえ道路付きが良かったとしても、本人も納得して購入していたとしても「嫌な感じ」は残ります。

もちろん、それを販売した仲介業者も同様。お客様の家に行きづらくなるのが現実です。値下げや値引きは商売上のテクニックですから、すべてを否定するわけではありません。背に腹は変えられない、という事情もあるでしょう。

しかし、長い目で見たらプラスになることはありません。ましてや、高額商品。一生に一度購入するかどうかという家ですから、お客様との付き合いは長く続きます。

それを考えると、価格は下げない方がいい。
少なくとも表向きの価格は下げないで販売する方がいいに決まっています。

値下げしないことで得られるのは、購入したお客様からの信頼だけではありません。仕入れに対する慎重さと、売るための知恵も生まれます。

これから建売住宅市場は、縮小していく時代です。昔のように仕入れられれば売れるという時代ではありません。本当に売れる物件だけを選別して仕入れる時代です。

そのためには、安易な仕入れは禁物。覚悟を持った仕入れと、絶対にその価格で売り切るんだという気持ちが大切です。精神論は嫌いですが、苦しい制約を自分に課すと知恵が生まれます。値下げしてはいけないと決心すると、値下げしないで売る方法を考えるのが人間です。

そして、真剣に考え続けると、いいアイデアが必ず見つかります。ライバルが簡単に真似できない世界へ行けるものです。まずは、値下げしないで売ることを心掛けましょう。本気で望めば必ずできるようになりますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. あなたの建売住宅を即日完売させるための3原則。
  2. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。
  3. 売れない建売住宅は第一印象に賭けろ!
  4. 伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。
  5. 建売住宅販売は小さく攻めろ!

関連記事

  1. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    不動産マーケティング

    建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    マーケティングでよく言われることのひとつに、ライバルは同業社だけではな…

  2. 間違いだらけの新築住宅の見せ方

    不動産マーケティング

    成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。

    建売業者さんが犯す過ちでよくあるのが新築住宅の見せ方です。 販売経…

  3. 不動産マーケティング

    残念なオープンハウス。

    以前から気になっていた物件があります。場所はイマイチですが、建物の…

  4. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?

    不動産マーケティング

    営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?

    建売業者さんによくある勘違いのひとつに、レインズやアットホームで情報を…

  5. 口コミ・紹介

    不動産マーケティング

    建売業者必読!お金をかけないで口コミ・紹介客を増やす方法。

    あなたのビジネスを発展させる上で欠かせないもの、それが差別化。差別化と…

  6. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法。

    不動産マーケティング

    不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?

    昔、とある地方都市で投資用のアパートを分譲した時のこと。 高利回り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。
  2. アラサー世代が好むインテリアとは?
  3. これからの新築分譲会社に必要な能力とは?
  4. わかりやすくするだけで集客率は上がる!
  5. あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?
  1. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  2. あなたの成長を妨げる言葉とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の成長を妨げる、使ってはいけない言葉とは?
  3. 中小建売業者はモノマネをしなさい。

    不動産マーケティング

    松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!
  4. こうすればもっと簡単に売れる建売住宅ができる!

    不動産マーケティング

    こうすればもっと簡単に売れる建売住宅ができる!
  5. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

    不動産マーケティング

    新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。
PAGE TOP