建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。

不動産会社経営

建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。

建売業者さんの中には「いい家をつくれば売れる」と考えている業者さんがたくさんいます。それを信じて、切磋琢磨している業者さんもたくさんいらっしゃいますが、そんな業者さんが儲かっているか、というと決してそうではありません。

不思議なことに、いい家をつくることと売れること、儲かることは、単純にはリンクしないのです。もちろん、いい家をつくることは大切です。しかし、それは必要最低限の要素。それ以外にも押さえておかなければならないことがあるのです。

今回は、精神科医フロイト (1856年~1939年)の話を例にお伝えしましょう。フロイトの元には多くの患者がカウンセリングに訪れていましたが、ある時フロイトは病気が完治した患者に、「あなたの病気が完治した理由はなんでか?」とアンケートを出しました。すると、とても興味深い結果が出たのです。

1位 治療外要因(40%)
2位 先生との信頼関係(30%)
3位 先生への期待・プラシーボ効果(15.5%)
4位 先生のカウンセリングスキル(14.5%)

驚くことに40%が、フロイトの治療とは関係のない所で 悩みや不安が解決したと言うデータが出たのです。 フロイトの患者さんは人間関係の問題や色々な悩みや不安を感じて フロイトのカウンセリングを受けにきます。 しかし、完治した理由の1位が治療外要因だったのです。

2位は、フロイトとの信頼関係です。 この先生なら何でも話せるし、しっかりと私の話を否定せずに聞いてくれる、と言う先生に対する信頼感で悩みが解決されたと言っています。 3位は、信頼できる先生が カウンセリングしてくれているのだからという期待やプラシーボ効果で悩みが解決したと言っています。 (※プラシーボ効果とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられることを言います)そして最後の4位がフロイトのカウンセリングスキルと解答しています。

これはそのまま建売業界にも当てはまるかもしれません。いい家だから購入したという人はごくわずか。多くの人は他の要因で購入を決めているからです。とりわけ、大きな要因は信頼関係。フロイトの場合であれば、この先生なら信頼できる、この先生が治療してくれるのだからきっと治るという期待感です。

これはそのまま建売業者とお客様、仲介業者との関係にも当てはまります。この売主さんなら信頼できる、この売主さんなら間違いない、という信頼を仲介業者やお客様に植え付けることができるかどうか、それによって売上は大きく変わるということです。

最近では、インターネットで売主についての評判を探ったり、売主のホームページをチェックするのは当たり前の時代になってきました。どんな印象をお客様に植え付けることができるか、そこが大きなポイントになるということです。いい家をつくることと、信頼できる会社であるということは同じくらい大切です。そこのところくれぐれもお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  3. その色使い、間違っていませんか?
  4. 不動産会社の成長を妨げる、使ってはいけない言葉とは?
  5. こうすれば高額な家は売れる!高額な家を売るために絶対に外せないこととは?

関連記事

  1. 不動産会社経営

    中小建売業者は「すし銚子丸」に学べ!

    安くなければ売れない! そう、思い込んでいる建売業者さんがたくさん…

  2. 中小建売業者は高く売る技術を鍛えろ!

    不動産会社経営

    中小建売業者は高く売る技術を鍛えろ!

    日本人の特徴なのでしょうか、いいものを安く売る、ということが美徳のよう…

  3. なぜあの不動産会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    以前お会いしたある新築分譲会社の社長の話。その新築分譲会社は小さな…

  4. まぐれで売れていませんか?

    不動産会社経営

    あなたの建売住宅、まぐれで売れていませんか?

    プロ野球の野村克也元監督は、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負…

  5. 売れる不動産会社をつくるために最も必要なモノとは?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社をつくるために最も大切なモノとは?

    新しいことを始めると必ず起こることがあります。それが社員の抵抗。どんな…

  6. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。

    以前、ある新築分譲会社をコンサルティングした時の話。 その業者さん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。
  2. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。
  3. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。
  4. 不動産広告は「3ヒット理論」でつくれ!
  5. 残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。
  1. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    不動産広告

    思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。
  2. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。

    不動産マーケティング

    売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。
  3. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?

    不動産会社経営

    売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  4. 不動産仲介業者をリスペクトしていますか?

    不動産会社経営

    不動産仲介業者をリスペクトしていますか?
  5. 建売会社はマンション客を狙え!

    不動産マーケティング

    建売会社はマンション客を狙え!
PAGE TOP