オープンハウスを成功に導く意外なポイント。

不動産売却

オープンハウスを成功に導く意外なポイントとは?

人間は感情で生きる動物です。だから、いくらその商品が良くても感情を害されると購入には至りません。建売住宅の場合、多くの建売業者さんは仲介業者を通して販売しています。そのため、仲介業者のお客様への対応次第でせっかく丹精込めてつくった家も評価は一変します。

先日もある建売住宅で残念な現場を見ました。それは、オープンハウスでの出来事でした。
地元でもいい建物をつくることで有名な建売業者さん。今回は、過去最高傑作と言えるような気合の入った物件です。外観から間取り、インテリアに至るまでこれが建売住宅?と言えるような素晴らしさ。当然、価格も高額ですが、予算のあるお客様なら一瞬で心を奪われそうな物件です。

そんな物件なのですが、唯一難点がありました。それは、仲介業者がリビングに置いたテーブルと椅子です。フローリングを痛めないように床に敷かれたビニールの敷物。その上には、折りたたみ式の安っぽいスツールとテーブルが無造作に置かれていました。

もちろん、仲介業者には悪気はありません。いつものオープンハウスをいつもどおりにやっているだけなのですが、明らかにこの家にはミスマッチ。せっかくのおしゃれな外観やインテリアがそれによって台無しになっていたのです。

せっかく購入に向け高まった気持ちを一気にゼロに戻すような逆演出。まあ、そんな細かいこと言わなくても、という人もいらっしゃるかもしれませんが、販売の現場では、こんな細かいことが大きな違いを生みます。

営業マンの不用意な一言がお客様の気分を害して、購入をやめさせることがあるのと同じように、たった一つのミスが、数千万円の取引を遠ざけることは少なくありません。

では、今回の場合はどうすればよかったのか?
一番いい方法は、売主がテーブルと椅子を用意しておくことです。建物と調和するような椅子、テーブル、ラグをチョイスし、そこで接客させるというひと手間が必要です。

実際、お客様はその空間に長い時間いればいるほど購買意欲は高まります。その意味でも、椅子に座らせてじっくり話をすることは大切。だとすれば、接客用の椅子やテーブルにこだわることには十分価値があります。

本来はモデルハウスのように家具を入れる方がいいのですが、予算の関係でそこまでできないのであれば、せめて接客用のテーブルと椅子だけでもいいものを準備しておきましょう。仲介業者にお任せは危険ですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産会社経営、社長の機嫌と売上の関係。
  2. 儲けたかったらターゲットを変えろ!
  3. ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。
  4. 驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?
  5. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

関連記事

  1. あなたは住宅選びの本質を突くこの質問に答えられますか?

    不動産売却

    あなたは住宅選びの本質を突くこの質問に答えられますか?

    私が新人営業マンだった頃、あるお客様からこんな質問をされたことがありま…

  2. 不動産販売における重要な非必需品とは?

    不動産マーケティング

    不動産販売における重要な非必需品とは?

    ビジネスにおいて成功をもたらすものは、商品に関わるものだけではありませ…

  3. 不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!

    不動産売却

    不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!

    不動産がすぐに売れないとき、売主が真っ先に考えるのが値下げです。 …

  4. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    不動産マーケティング

    お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    先日、妻が風邪をひいてドラッグストアに行ったときの話。仕事から帰ってき…

  5. 旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    不動産マーケティング

    旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    動物園といえば、真っ先に思い浮かべるのは上野動物園、というのは昔の話。…

  6. 建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

    不動産マーケティング

    建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

    建売業者さんの弱点のひとつに販売の現場を知らないということがあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 正しいオープンハウスのやり方、ご存知ですか?
  2. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  3. 不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?
  4. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!
  5. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。
  1. 建売会社がムダな値下げをしないためにやるべき調査とは?

    不動産マーケティング

    建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?
  2. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

    不動産広告

    「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。
  3. 売れる不動産会社は非常識が常識!?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社は非常識が常識!?
  4. 不動産マーケティング

    あなたの提供する不動産情報はお客様が望む不動産情報ですか?
  5. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法。

    不動産マーケティング

    不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?
PAGE TOP