オープンハウスを成功に導く意外なポイント。

不動産売却

オープンハウスを成功に導く意外なポイントとは?

人間は感情で生きる動物です。だから、いくらその商品が良くても感情を害されると購入には至りません。建売住宅の場合、多くの建売業者さんは仲介業者を通して販売しています。そのため、仲介業者のお客様への対応次第でせっかく丹精込めてつくった家も評価は一変します。

先日もある建売住宅で残念な現場を見ました。それは、オープンハウスでの出来事でした。
地元でもいい建物をつくることで有名な建売業者さん。今回は、過去最高傑作と言えるような気合の入った物件です。外観から間取り、インテリアに至るまでこれが建売住宅?と言えるような素晴らしさ。当然、価格も高額ですが、予算のあるお客様なら一瞬で心を奪われそうな物件です。

そんな物件なのですが、唯一難点がありました。それは、仲介業者がリビングに置いたテーブルと椅子です。フローリングを痛めないように床に敷かれたビニールの敷物。その上には、折りたたみ式の安っぽいスツールとテーブルが無造作に置かれていました。

もちろん、仲介業者には悪気はありません。いつものオープンハウスをいつもどおりにやっているだけなのですが、明らかにこの家にはミスマッチ。せっかくのおしゃれな外観やインテリアがそれによって台無しになっていたのです。

せっかく購入に向け高まった気持ちを一気にゼロに戻すような逆演出。まあ、そんな細かいこと言わなくても、という人もいらっしゃるかもしれませんが、販売の現場では、こんな細かいことが大きな違いを生みます。

営業マンの不用意な一言がお客様の気分を害して、購入をやめさせることがあるのと同じように、たった一つのミスが、数千万円の取引を遠ざけることは少なくありません。

では、今回の場合はどうすればよかったのか?
一番いい方法は、売主がテーブルと椅子を用意しておくことです。建物と調和するような椅子、テーブル、ラグをチョイスし、そこで接客させるというひと手間が必要です。

実際、お客様はその空間に長い時間いればいるほど購買意欲は高まります。その意味でも、椅子に座らせてじっくり話をすることは大切。だとすれば、接客用の椅子やテーブルにこだわることには十分価値があります。

本来はモデルハウスのように家具を入れる方がいいのですが、予算の関係でそこまでできないのであれば、せめて接客用のテーブルと椅子だけでもいいものを準備しておきましょう。仲介業者にお任せは危険ですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。
  2. 建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。
  3. 新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。
  4. 不動産広告は、目立ってなんぼ。
  5. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

関連記事

  1. 不動産が売れない時、仲介手数料6%出しは是か非か?

    不動産売却

    不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?

    建売業界には、売れない物件を売るための伝家の宝刀があります。 それ…

  2. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    不動産売却

    不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    もし、あなたの物件がいい物件だと思うのに売れない…自信があるのに売れな…

  3. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    値下げしても売れない・・・そんな物件が増えてきました。今後の不動産市況…

  4. あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    不動産マーケティング

    あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    その物件は、郊外に建つ新築4棟現場。完成から4ヶ月。まだ1棟しか売れて…

  5. 不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!

    不動産売却

    不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!

    不動産がすぐに売れないとき、売主が真っ先に考えるのが値下げです。 …

  6. 話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?

    不動産売却

    話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?

    見込み客を獲得するにはお金がかかります。新聞の折り込みチラシで見込み客…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. あなたのビジネスをリセットするコツ。
  2. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。
  3. これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。
  4. 安さを追えば追うほど売れなくなる理由。
  5. 不動産集客はGISポスティングの時代。
  1. 不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

    不動産会社経営

    不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」
  2. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  3. 難しい専門用語が売上を落とす!

    不動産マーケティング

    難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!
  4. 不動産会社経営

    パワハラと不動産会社の未来。
  5. e-住み替え

    不動産マーケティング

    ”e-住み替え”誕生物語。
PAGE TOP