不動産会社経営

中小建売業者は「すし銚子丸」に学べ!

安くなければ売れない!
そう、思い込んでいる建売業者さんがたくさんいます。

確かに、土地の仕入れなどは安ければ安いほどいいと思いますが、そこそこの建物をつくろうと思えば、価格もそれなりになってしまうのが現実。安い家ばかり提供できるとは限りません。

もっとも、競合をパワービルダーだとすればその気持ちもわかります。何しろ彼らの建築価格は極安。どれだけ安く土地を仕入れても勝てるわけはありません。

そこで目を向けて欲しいのが、もう少し上の価格帯。パワービルダーより高いけど売れている価格帯はないか?ということです。なかなか同業社で見つけることは困難ですが、他業界なら比較的簡単に見つかります。

例えば、回転寿しの業界。
回転寿しと言えば、スシローが思い浮かびますが、スシローはいわばパワービルダー。このスシローと少し違うポジションで大活躍しているのが「すし銚子丸」です。

すし銚子丸の売上は197億円(前年同期比3.4%増)。直近10年の売上高は一貫して右肩上がりで成長しています。07年は126億円で、07年からの10年間一度も減収になったことがないという好調ぶり。競争が激しい外食産業では健闘しているといえるでしょう。

もっとも業界最大手は「スシロー」で、売上高は1,350億円。大手と比べると規模の面ではまだまだといえますが、中小企業がお手本にするには十分です。そんな好調の「すし銚子丸」の秘密は、マグロにこだわったメニューの充実。産地直送で鮮度の高い厳選された旬の食材を提供していることが強みとなっています。

もちろん、その分価格はスシローと比べるとかなり高め。もっとも安い寿司が130円、それ以外は、180円、250円、300円、420円、580円、それもすべて税別となっていますから客単価は相当なもの。スシローとは比べものになりません。でも、売れているんです。

理由は、ネタの鮮度だけではありません。
もう一つの理由は、従業員の接客レベル。回転寿しとは思えない接客サービスが人気の隠し味になっているのです。

実際、すし銚子丸では、「寿司は3割、接客サービスが7割」を標榜しており、それは寿司職人にも求められています。だから、たとえ握りの技術が高くても接客スキルが低ければ採用されません。それほど接客に重きを置いているのです。

これはそのまま私たち建売業界にも応用できます。商品にこだわるのはもちろん、接客レベルを上げることで、少し高めの価格帯も攻略できるということ。回転寿し業界でできることが建売業界でできないはずはありません。

とりあえず、今日は「すし銚子丸」に出かけてみましょう。そしてどんな接客レベルか確かめてみましょう(笑)。きっといい勉強になりますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。
  2. 売れない新築分譲住宅に共通することとは?
  3. 新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  4. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  5. 選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?

関連記事

  1. 老舗不動産会社の社内改革が進まない理由。

    不動産会社経営

    老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。

    ある地方の不動産会社をコンサルティングしたときのこと。 その不動産…

  2. 中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!

    不動産会社経営

    中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!

    フレッシュネスバーガーってご存知ですか? フレッシュネスバーガーは…

  3. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。

    コンサルティングをしていると「社員が思うように動いてくれない」と悩む経…

  4. 人材育成

    不動産会社経営

    「部下を育てるのは難しいなぁ…」と思ったら。

    誤解を恐れずに言えば、できる経営者ほど人材育成が下手です(笑)。 …

  5. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。

    不動産会社経営

    老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。

    コンサルティングをしていてよく思うことがあります。 それは、成功す…

  6. 不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?

    不動産会社の経営者には2つのタイプがあります。 ひとつは、厳しく社…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。
  2. 不動産販売における重要な非必需品とは?
  3. 売れる不動産広告をつくるための基本のキホン。
  4. あなたの不動産会社、失敗から学んでいますか?
  5. 中小建売業者は販促ツールを強化しろ!
  1. 売りにくい物件を即決物件に変えるコツ。

    不動産売却

    売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。
  2. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  3. これからの建売業者に必要な意外な力とは?

    不動産会社経営

    これからの建売業者に必要な意外な力とは?
  4. 今さら聞けない。売れるヒントの見つけ方。

    不動産マーケティング

    今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。
  5. なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?
PAGE TOP