建売業者はお客様の行動パターンを理解せよ!

不動産マーケティング

建売業者はお客様の行動パターンを理解せよ!

もしあなたのビジネスが自分の満足いく結果を出していないとしたら、その最大の原因は、お客様の行動パターンや行動心理を理解していないことかもしれません。

お客様の行動パターンや行動心理を理解していれば常に先手が打てます。常に先手が打てれば、集客が容易になるだけでなく、あなたはお客様のよく理解者として認められるため、人間関係も築きやすくなります。

そのためには、何をしなければいけないのか?
答えは簡単。お客様に行動パターンや行動心理を聞くことです。正直、これさえできていればビジネスはすぐに安定するのですが、できていない会社がほとんど。とりわけ、建売業界ではこの重要性に気づいている会社は多くありません。

では、どうしたらいいか?
似た業界の調査結果を流用することです。具体的には、注文住宅業界。この業界は、建売業界の数倍も研究熱心。参考になるデータをたくさん持っています。

今日は、そんなデータの幾つかを披露しますので、参考にしてみてください。

1、住宅の建築を思い立ったのは誰か?
住宅の建築を思い立った人は「夫」が58%で、「妻」(28%)の2倍を超える水準。ただし、妻の親と同居している世帯では、「妻」が思い立つ割合が4割に達する 。

2、検討中のこだわりが強いのは誰か?
依頼先を検討する上で、各種条件に対するこだわりが強かった人は「妻」が64%で、「夫」(57%)を上回る。二世帯同居の場合は「母親」も2割強がこだわりを持つ。

3、最終的に依頼先を決定するのは誰か?
依頼先の最終決定者は「夫」が73%で突出している。「妻」が決定する割合は20%。

4、最もこだわったのは何か?
こだわった条件のトップは夫・妻ともに「間取り・プラン」(夫62%、妻64%)。「間取り・プラン」に次いでこだわりが強い条件は、夫は「耐震性の高さ」(59%)・「耐久性の高さ」(47%)などのハード系、妻は「家事のしやすさ」(55%)・「収納の充実」(50%)などのソフト系。

5、どうやって意見調整したのか?
家族の意見を調整する方法で最も多かったのは「とことん話しあった」が34%で最も多く、「実物や実例を直接見てもらって納得してもらった」が18%、「代替の提案をした」が16%で続く。検討時には46%が「1週間に2回以上」家族会議を開催している。

6、家族会議と満足度の関係は?
注文住宅の総合的な満足度は「たいへん満足」「満足」合わせて82%。検討時に開いた家族会議の回数が「1~2回」の場合、「たいへん満足」の割合は22%だが、「11回以上」になると39%にまで上昇する。

これが実際のお客様の行動パターン。あなたの予想通りだったでしょうか?もし違うなら、あなたのビジネスには改善の余地があるということ。まだまだ、売上は伸びるということです。参考にしてみてください。

 

ピックアップ記事

  1. 一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。
  2. 「お客様の声」を信用するな!?
  3. 建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。
  4. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。
  5. 新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。

関連記事

  1. 不動産マーケティング

    妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。

    以前あるセミナーで、妖怪ウォッチが話題になりました。もともとはニン…

  2. 売れない不動産が売れる!?コンサルタント思考法。

    不動産マーケティング

    売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。

    売れない不動産を売る!それがコンサルタントの仕事と思っている人がいます…

  3. 不動産販売における重要な非必需品とは?

    不動産マーケティング

    不動産販売における重要な非必需品とは?

    ビジネスにおいて成功をもたらすものは、商品に関わるものだけではありませ…

  4. e-住み替え

    不動産マーケティング

    ”e-住み替え”誕生物語。

    不動産業界に入って32年、独立してすでに24年が経ちました。バブル…

  5. 不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    不動産マーケティング

    不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    自社で販売部隊を持たない建売業者にとって唯一の武器は値下げ。 多く…

  6. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産業界というのは、ある意味非常に遅れた業界。大きなお金が動くにもか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. その色使い、間違っていませんか?
  2. 常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはど…
  3. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉と…
  4. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
  5. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?
  1. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    不動産マーケティング

    建売会社のライバルは建売会社にあらず。
  2. 売れる不動産広告は一日にしてならず。

    不動産広告

    売れる不動産広告は一日にしてならず。
  3. 不動産広告は、目立ってなんぼ。

    不動産マーケティング

    不動産広告は、目立ってなんぼ。
  4. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    不動産会社経営

    社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  5. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
PAGE TOP