お金をかけずに物件も魅力を2割増しにする方法。

不動産マーケティング

お金をかけずに物件の魅力を2割増しで伝える方法。

以前ある人が、引き込まれる話と引き込まれない話の違いについて語っていました。その人によれば、引き込まれる話とは「もっと聞いてみたい」「聞いていて心地がいい」と思わせる話だそうです。

確かに、そんな話ができれば商談には有利になりますし、そんな話を文章にできれば集客にも使えます。では、引き込まれる話と引き込まれない話は何が違うのでしょうか?
   
そこには話の構成、話の内容、話している人の表情、身振り手振り、などいろんな要素があります。しかし、それよりも大事なことがあるそうです。それは、「実体験」が入っているかどうかだそうです。話の中に、過去に自分に起きた出来事、その話の元になるルーツを入れると、ぐっと引き込まれる話になるというのです。

例えば、車好きな人が自動車販売店の面接を受けるとします。「なぜこの会社を選んだのですか?」と面接官に聞かれたら、

「私は小さな頃から自動車が大好きでした。小学校の時には車のデザイナーになりたくて毎日のようにスーパーカーの絵を描いていました。バスに一人で乗れるようになってからは、友達と一緒に幕張で毎年開催される輸入車ショーに行って、ベンツやBMW、フェラーリなどを見たり実際にシートに座ったりして、いつかこんな車に乗りたいと憧れていました」というように過去の話からしていくと、本当に車が好きなことが面接官に伝わるというのです。
   
ポイントは、「過去、現在、未来」と順番に話をすること。それだけでより聞いている人に伝わりやすくなります。この手法はそのまま住宅の販売現場でも利用できます。

すべてを実体験で語ることはできないと思いますが、そんな時は他人の実体験を利用すれば大丈夫。例えば、半身浴のできるお風呂を説明するときには、

「このお風呂は、社長のお子さんが小さかった時の経験に基づいて選びました。当時は、半身浴のできるお風呂がなかったそうです。そのため、社長が湯船に浸かると子供は立たないと話ができなかったそうです。だから、子供と視線が合わず、ゆっくり話ができなかったと言います。でも、半身浴のできるお風呂なら浴槽内にステップが付いているので、そこに子供を座らせるとちょうど視線が合うそうです。社長はいつか孫ができたら絶対に半身浴のできるお風呂にリフォームすると言っています」

と、こんな風に説明すると半身浴のできるお風呂の魅力も随分伝わってきます。販売で大切なことは、伝え方。同じ商品でも伝え方を変えるだけで魅力は倍増、売上もアップします。お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 新築一戸建てを売る会社は「ゴミの日の法則」に学べ!
  2. 正しいオープンハウスのやり方、ご存知ですか?
  3. 建売業界は知恵で差別化する時代。
  4. 不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?
  5. 真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。

関連記事

  1. ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?

    不動産マーケティング

    ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?

    通信販売大手、ジャパネットたかた(長崎県佐世保市)の創業者で前社長の高…

  2. なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?

    多くの建売業者さんが重要視していないことがあります。 それは…

  3. 新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?

    不動産マーケティング

    新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?

    あなたは価格について真剣に考えたことがあるでしょうか? 新築住宅を…

  4. こうすれば新築住宅は青田で売れる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築住宅は青田で売れる!

    建売業者さんの信じている常識のひとつに、新築住宅は完成してから売れ!と…

  5. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    ペルソナマーケティングってご存知ですか?ペルソナとは、データをもとにつ…

  6. 「何であんな物件が売れるんだ…」と思ってしまう真面目な建売業者さんへ。

    不動産マーケティング

    「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。

    「何であんな物件が売れるんだ!」「俺なら絶対買わないけど・・・」 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?
  2. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?
  3. 一筋縄では売れない新築分譲住宅の売り方。
  4. 不動産販売、困った時は人柄で売れ!
  5. 不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?
  1. 新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。

    不動産広告

    新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。
  2. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。
  3. 拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客を狙いますか?

    不動産マーケティング

    拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客だけを狙いますか?
  4. 建売業者も営業力の時代。

    不動産マーケティング

    建売業者も営業力の時代。
  5. 建売会社がムダな値下げをしないためにやるべき調査とは?

    不動産マーケティング

    建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?
PAGE TOP