不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

不動産会社経営

不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

不動産会社には4つのステージがあります。そのため、それぞれのステージによって、経営者の役割は違ってきます。最初のステージは、人間でいうと幼少期。経営者の役割は、従業員です。従業員なので、あなたは多くの日常業務を自分自身で処理しなければなりません。

広告を自分で作成し、集客し、注文が入ると自分で受ける。顧客からトラブルの電話がかかってくると、自ら問題を解決しなければなりません。毎日忙しい割に収入もそれほど高くなく、自由な時間や家族と過ごす時間も少ない。それが従業員としてのステージです。

残念なことに、多くの社長は一生このステージから脱却することができません。この段階では、あなたが事故や病気で倒れたら、会社はすぐに倒産。家族は路頭に迷うことになります。

次のステージは、人間でいえば少年期です。経営者の役割も、従業員からマネージャーへ変わります。このステージでは、仕事を処理するための体制を整え、効率的なシステムを動かし始めなければなりません。

そのため、あなたに代わって仕事をこなす人を雇う必要がありますが、人はすぐには育たないので、人を増やす段階で一時的に売り上げが低迷することもあります。しかし、会社が成長するためには、このステージは必ず通過する必要があります。

そして次は、人間でいえば青年期。真の経営者としての役割が求められる段階です。この段階になると、会社の売り上げはどんどん大きくなり、組織の人数も増えて社内は混沌とした状況になってきます。

以前のように従業員と直接顔を合わせて自分の考えを理解してもらうことは不可能になってきますから、会社の価値観や将来のビジョンを伝達していく必要があります。

このステージがうまくいくと、あなたがいなくてもビジネスが成長するようになり、あなたが事故や病気になっても、会社は利益を生み続けます。

そして最後が、人間でいうところの成人期。この時期になるとあなたはビジネスオーナーとしての役割を担うことになります。会社をひとつの資産として捉え、どう運用していくか考えることになります。

このように、会社には4つのステージがあるのですが、それぞれのステージによって経営者の役割も必要なスキルも違ってきます。すべてを自分一人でこなそうとする人もいますが、大抵はうまくいきません。なぜなら人間には適正があるからです。

では、どうしたらいいか?
それぞれの段階で必要なステージのコンサルタントを雇うこと、外部の力を借りることです。場合によっては、苦手なことはアウトソーシングした方がいいかもしれません。

大切なことは、すべてを自分でやろうとしないこと。自分でできると思わないことです。器用な人ほどすべてを自分でやろうとしますが、結局は器用貧乏になるだけ。それより得意な人に任せる。任せる勇気を持つことです。それこそが会社をより早く次のステージにアップさせるコツですよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
  2. 売れない建売会社がよく使う言葉とは?
  3. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。
  4. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。
  5. その不動産営業、煽りすぎていませんか?

関連記事

  1. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。

    コンサルティングをしていると「社員が思うように動いてくれない」と悩む経…

  2. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

    不動産会社経営

    たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

    先日、あるクライアントさんにこんな質問をされました。それは、これからの…

  3. 会社の成長を妨げるのは社長!?

    不動産会社経営

    会社の成長を妨げるのは社長!?

    ドラッガーの名言に、「ボトルネックは常にボトルの一番上にある」という言…

  4. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    不動産会社経営

    ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    最近、人材採用についての相談が多い。一人社長の不動産会社は、従業員を採…

  5. 不動産会社の経営者は裸の王様が多い?!

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者は裸の王様が多い?!

    不動産業界に限らず、中小企業はいい意味でも悪い意味でもワンマン経営の会…

  6. 建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

    不動産会社経営

    建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

    ビジネスを長く継続させる上で、重視しなければいけないことが2つあります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. その色使い、間違っていませんか?
  2. 建売会社はマンション客を狙え!
  3. 賃貸アパートに学ぶ!クローゼットで差別化する方法。
  4. なぜ建売住宅は売れたり、売れなかったりするのか?
  5. 売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?
  1. 反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。

    不動産広告

    反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。
  2. 本当の理由

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!あなたの物件が売れた本当の理由。
  3. 建売住宅は企画が8割。

    不動産マーケティング

    建売住宅は企画が8割。
  4. 不動産マーケティング

    妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。
  5. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

    不動産広告

    「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。
PAGE TOP