不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

不動産会社経営

不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

不動産会社には4つのステージがあります。そのため、それぞれのステージによって、経営者の役割は違ってきます。最初のステージは、人間でいうと幼少期。経営者の役割は、従業員です。従業員なので、あなたは多くの日常業務を自分自身で処理しなければなりません。

広告を自分で作成し、集客し、注文が入ると自分で受ける。顧客からトラブルの電話がかかってくると、自ら問題を解決しなければなりません。毎日忙しい割に収入もそれほど高くなく、自由な時間や家族と過ごす時間も少ない。それが従業員としてのステージです。

残念なことに、多くの社長は一生このステージから脱却することができません。この段階では、あなたが事故や病気で倒れたら、会社はすぐに倒産。家族は路頭に迷うことになります。

次のステージは、人間でいえば少年期です。経営者の役割も、従業員からマネージャーへ変わります。このステージでは、仕事を処理するための体制を整え、効率的なシステムを動かし始めなければなりません。

そのため、あなたに代わって仕事をこなす人を雇う必要がありますが、人はすぐには育たないので、人を増やす段階で一時的に売り上げが低迷することもあります。しかし、会社が成長するためには、このステージは必ず通過する必要があります。

そして次は、人間でいえば青年期。真の経営者としての役割が求められる段階です。この段階になると、会社の売り上げはどんどん大きくなり、組織の人数も増えて社内は混沌とした状況になってきます。

以前のように従業員と直接顔を合わせて自分の考えを理解してもらうことは不可能になってきますから、会社の価値観や将来のビジョンを伝達していく必要があります。

このステージがうまくいくと、あなたがいなくてもビジネスが成長するようになり、あなたが事故や病気になっても、会社は利益を生み続けます。

そして最後が、人間でいうところの成人期。この時期になるとあなたはビジネスオーナーとしての役割を担うことになります。会社をひとつの資産として捉え、どう運用していくか考えることになります。

このように、会社には4つのステージがあるのですが、それぞれのステージによって経営者の役割も必要なスキルも違ってきます。すべてを自分一人でこなそうとする人もいますが、大抵はうまくいきません。なぜなら人間には適正があるからです。

では、どうしたらいいか?
それぞれの段階で必要なステージのコンサルタントを雇うこと、外部の力を借りることです。場合によっては、苦手なことはアウトソーシングした方がいいかもしれません。

大切なことは、すべてを自分でやろうとしないこと。自分でできると思わないことです。器用な人ほどすべてを自分でやろうとしますが、結局は器用貧乏になるだけ。それより得意な人に任せる。任せる勇気を持つことです。それこそが会社をより早く次のステージにアップさせるコツですよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 売上げを伸ばしたいなら即実践!仕事断捨離のススメ。
  2. 売れない完成在庫を売る最も簡単な方法。
  3. 不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!
  4. 売れない原因の見つけ方。
  5. その商品企画、相談する相手間違えていませんか?

関連記事

  1. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    不動産マーケティング

    中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    アキュラホームが最近の住宅傾向について発表しました。この調査は、同社が…

  2. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。

    不動産会社経営

    できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。

    今すぐ在庫物件を売りたい、そんな経営者からの相談をよく受けます。そ…

  3. あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    中小企業が成長するうえで欠かせないのが、人材採用。どんな人材を採用でき…

  4. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。

    不動産会社経営

    大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。

    先日、ある建売業者さんからこんな言葉を聞きました。 「大手はブラン…

  5. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    不動産会社経営

    あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    先日、ある建売会社の社長さんから商品企画についての相談がありました。…

  6. 売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?

    不動産会社経営

    売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?

    売れる建売住宅をつくるために最も大切なこと、それはお客様の頭の中を知る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

おすすめの記事

  1. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。
  2. これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?
  3. これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。
  4. 建売住宅は企画が8割。
  5. 不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。
  1. できる不動産会社の社長はココが違う!

    不動産会社経営

    できる不動産会社の社長はココが違う!
  2. 不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。

    不動産マーケティング

    不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。
  3. 未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

    不動産会社経営

    未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。
  4. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?

    不動産広告

    値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?
  5. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
PAGE TOP