売れてる建売会社の秘密、教えます。

新築分譲住宅マーケティング実践講座

いつも値下げしないと売れない… そんな経営者の方へ

建売住宅が売れない時、
「なぜ、いきなり値下げしてはいけないのか知っていますか?」
「なぜ、値下げをアピールしてはいけないのか知っていますか?」
「なぜ、仲介業者の売れない理由を信じてはいけないのか知っていますか?」

これらは多くの建売業者が犯す間違いです。しかし、これらはもっとも致命的な間違いに比べれば取るに足らないものです。その間違いとは、時代遅れのマーケティング(商品企画と販売戦略)で売るという間違いです。

正直、建売住宅が売れるかどうかは(ある程度のレベルさえクリアしていれば)建物の良し悪しでも、価格でもありません。マーケティング(商品企画と販売戦略)にかかっています。時代に合った正しいマーケティングをすれば、上りのエスカレーターに乗るように、スルスルッとあなたの建売住宅は売れるようになります。それに対して、時代遅れの間違ったマーケティングをしていると、下りのエスカレーターを登るように、どれだけ頑張っても思うようには売れません。もしあなたが今、頑張っているのに望む結果が得られないのであれば、それはあなたのせいでも、物件のせいでもありません。間違ったマーケティングのせいです。

とはいえ、どんなマーケティングをすれば売れるのか、正しいマーケティングを知らなければ改善のしようがないのも事実。売れてる建売業者を研究して自分で正しいマーケティングの仕方を学ぶこともできますが、それには膨大な時間と労力がかかります。そこで不動産マーケティング研究所では、売れてる新築分譲会社のマーケティング手法を学ぶ無料コンサルティングを実施することにしました。この無料コンサルティングで学べるノウハウをいくつか紹介すると・・・

・こうすれば価格競争から解放される!あなたの物件をライバルより高く売る3つのポイントとは?
・まだ仲介業者の言いなりに値下げしますか?お金をかけないで物件の魅力を倍増させる方法とは?
・なぜ「いい物件」をつくっても思うように売れないのか?「いい物件」と「売れる物件」の違い
・◯◯◯◯を制す者は建売業界を制す!これから衰退する建売会社 VS これから成長する建売会社
・これさえできれば在庫に苦しまない!完成後1ヶ月以内に完売させるための「即日完売の法則」

 

まずは無料コンサルティングをお申し込みください。

無料コンサルティングでは、売れてる新築分譲会社とあなたの会社の違い、そして、どうすれば最短時間でその差を埋めることができるのかを具体的にお教えします。尚、無料コンサルティングは、スケジュールの都合上、1 週間に1社、1ヶ月で4社が限度です。但し、以下のような方には、この無料コンサルティングは効果がありません。せっかくご応募いただいてもお役に立てませんのでご遠慮ください。

・会社の現状に満足していて、不安や不満のない方
・会社の売上げを伸ばしたい、安定させたいという意欲のない方
・知識を蓄えるのが目的で、実践する気のない方

もし上記に該当せず、あなたが「もっと売上を伸ばしたい」「価格競争から解放されたい」「ギャンブルのような建売ビジネスから抜け出したい」と真剣にお考えなら、この機会にぜひ無料コンサルティング(約60分)をお申し込みください。売れてる建売会社の秘密をすべてお教えします。

 

建売業界は今、大きな転換期に差し掛かっています。

人口減少問題に、増え続ける空き家問題。 住まいに対する嗜好の多様化や、リノベーションの普及による新築への憧れの低下。そして、政府による新築中心の住宅市場から中古住宅流通によるストック型住宅市場への転換など、建売業界を取り巻く環境はここ数年で大きく変わりました。

とりわけ、新築住宅の着工件数の減少は深刻です。 人口減少とも相まって1996年の約163 万戸をピークに年々減り続けています。消費税増税前の特需ですら92万戸程度。今後も減り続けるのは確実で、2030年には約53 万戸とピーク時の約1/3になると予想されています。つまり、誰もが儲かった時代は終わったということ。建売業界も共存共栄の時代から弱肉強食の時代に本格的に突入したということです。 そしてもうひとつは、パワービルダーの台頭です。 わずか数社の建売会社が業界全体の30%を超えるシェア(地域によっては50%近いシェア)を握るのは脅威以外の何ものでもありません。うちは価格帯が違うから大丈夫、うちはデザイナーズ住宅だから大丈夫というのも幻想です。もし彼らが新しいブランドを立ち上げたり、新しい会社を立ち上げてあなたの分野へ参入してきたら、その時はガチンコで戦わなければならないからです。

つまり、ライバルに勝てるマーケティング力を持たない建売業者は生き残れないということ。ライバルと差別化できない建売業者は、遅かれ早かれ淘汰されるということです。

 

あなたの前には2つの道があります。

ひとつは、今回の提案を忘れて自分で売れるマーケティングを学ぶ道です。私がやってきたように、売れてる建売会社と売れてない建売会社の違いを考えて、ひたすら実務を通して、仮説と検証を繰り返すという地味な作業をする道です。気の遠くなるような時間と莫大なお金はかかりますが、達成感はあります。余裕のある人にはいいかもしれません。

そしてもう一つは、まず、私が見つけた売れる建売会社のマーケティングを試してみるという道です。不動産業界に携わって34年のキャリアと、数百件にも及ぶコンサルティングの中から導き出した売れるマーケティングを使って、最短時間でオンリーワンの建売会社を築き上げる道です。

どちらの道を選ぶかは、あなた次第です。 賢い選択をしてください。今、ここでの選択がこれからのあなたの会社の将来を決めます。 最後に、20世紀最大の理論物理学者、アインシュタインの言葉を贈ります。

「ゲームのルールを知ることが大事だ。 そしてルールを学んだあとは、誰よりも上手にプレイするだけだ。」
You have to learn the rules of the game. And then you have to play better than anyone else.

決められた決まりごとがあるのなら、まずはさっさと取り入れてみる。その決まりごとを熟知し、誰よりも上手にできるようになることが成功への近道になる、といったところでしょうか。

あなたのお申込みを心からお待ちしています。

不動産マーケティングコンサルタント 西村 伴之

 

無料コンサルティング申込み

追伸、「明日でいいや」と先延ばしにしないでください。無料コンサルティングを受けられるのは4社だけです。この機会を逃さないよう、今すぐお申込みください。

無料コンサルティング申込み

 

  1. 相場より900万円高い土地の売り方。

    不動産マーケティング

    相場より900万円高い土地の売却、あなたならどうする?
  2. 売りにくい物件を即決物件に変えるコツ。

    不動産売却

    売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。
  3. 大幅値引きしましたの間違い

    不動産集客

    建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。
  4. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    不動産マーケティング

    えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。
  5. 共感の得られる家、共感の得られない家。

    不動産会社経営

    共感の得られる家、共感の得られない家。
PAGE TOP