売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

不動産マーケティング

売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

セブンイレブンのコーヒーが買いやすくなったと話題になっています。
セブンイレブン内で展開している「セブンカフェ」で、レジに並ばなくても購入できる新型コーヒーマシンが一部店舗に導入されたからです。

これまではレジで注文をしてから、ホット用カップを受け取る必要がありました。アイスコーヒーの場合は冷凍ケースからアイス用カップを取り出すところからスタート。その後、レジ横にある専用マシンを操作し、やっとコーヒーがカップに注がれるという仕組みでした。

ホットにしろアイスにしろ、レジでお金を払わなければいけないことは意外と面倒で、「コーヒー頼むのにわざわざレジに並ぶのがめんどくせぇ」「レジに行列ができてると頼む気なくす」という声もありました。

実際、私などはそんな不都合を感じていたひとり。あまりコンビニを利用しない人や年配者はレジの行列を見るだけで購入意欲は減退しますし、店員さんにコーヒーだけ頼むのはちょっと恥ずかしい、とも思ったりするものです。

そんな声なき声を拾ったのがセブンイレブン。今回はレジに並ばなくても買えるマシンを開発してくれました。新型マシンにはコイン投入口がついており、その場で支払いができるのが特徴。カップもマシン本体に備え付けられており、スピーディーに購入できそうです。

これに対しては「これはいい! むしろ出るのが遅すぎた」「カップ売るんじゃなくてコーヒー売ってくれってずっと思ってた」「超便利だ。ありがたいっすね」と歓喜の声がTwitter上であふれています。

さすがは、業界トップ。というところなのですが、そのコーヒーマシンのキャッチコピーを見て、さらに感心しました。それがこれ。

「レジに並ばず すぐ買えます!」

キャッチコピーの基本はお客様にその商品のメリットを伝えること。そのセオリーをきっちり表現しているお手本のようなキャッチコピーになっています。

メリットは、
レジに並ぶ必要がないこと、とすぐ買えるということ。

だから、レジに並ぶのが面倒な人やすぐに買いたいという人(潜在的に思っている人)はこのキャッチコピーを見ると思わず反応してしまいます。

広告やチラシなどで一番重要なのはキャッチコピー。キャッチコピーの出来が成功の8割を決めるというのが広告の常識。セブンイレブンのこのキャッチコピーは、その成功事例。これだけで売上は全く違うものに変わります。

ちなみに、下手なキャッチコピーは
「豊かな香りと、深い味わい。SEVEN CAFE」

これはセブンイレブンのホームページに掲載されているキャッチコピーですが、売上には結びつかないキャッチコピーの典型。同じ会社でも部署によってキャッチコピーの出来は随分違うようです。

大切なことは2つ。ひとつはお客様の声なき声を拾うこと。そして、それを解決する手段を考えること。そしてもうひとつは、キャッチコピー。キャッチコピーで、そのメリットをわかりやすく伝えることです。

これを私たち不動産業界の人間は、実際の不動産販売で実践することです。その不動産はお客様のどんな悩みや問題を解決するのか。それを一言で表現すると、どんな言葉になるのか。それが売行を決めるキモになります。

たかがキャッチコピー。
されどキャッチコピー。

「レジに並ばずすぐ買えます!」
はキャチコピーのお手本。ぜひあなたの広告、チラシにも応用して使って見ましょう。意外な展開が待っていますよ。

 

ピックアップ記事

  1. どうすれば値引きしないで売れる建売会社になれるのか?
  2. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。
  3. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  4. あなたの建売住宅を即日完売させるための3原則。
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

関連記事

  1. 建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?

    不動産広告

    建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?

    「広告を出しても反応がない・・・」仲介業者からよく聞く言葉です。 …

  2. できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    不動産マーケティング

    できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    先日、プライベートでトランクルームを借りました。トランクルームの使用は…

  3. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    不動産マーケティング

    えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    売れる商品や売れるサービスを考えるとき、まず最初に言われるのが「お客様…

  4. レインズでわかる!あなたの物件の認知度。

    不動産広告

    レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。

    できることなら完成前。悪くても完成後1ヶ月以内。それくらいで売れるとう…

  5. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?

    不動産マーケティング

    不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?

    「お客様の声を聞け!」と、よく言われます確かに、その通りなのですが…

  6. 日当たりの悪い家の売り方。

    不動産マーケティング

    日当たりの悪い家の売り方。

    日当たりの悪い家を売る方法、わかりますか? 4棟現場なんだけど、2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

おすすめの記事

  1. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?
  2. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。
  3. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。
  4. あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。
  5. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。
  1. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。

    不動産会社経営

    建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。
  2. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。

    不動産マーケティング

    あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  3. 難しい専門用語が売上を落とす!

    不動産マーケティング

    難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!
  4. プレミア消費

    不動産マーケティング

    中小建売業者が狙うべきプレミア消費層とは?
  5. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

    不動産会社経営

    たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?
PAGE TOP