不動産マーケティング

売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。

よくある建売業者さんからの相談のひとつに、レインズに掲載しているのに売れない、アットホームに流しているのに売れない、SUUMOに掲載しているのに売れないというものがあります。色んな媒体に物件情報を掲載しているのに売れない、だからお手上げだ、というものです。

気持ちはわかります。
積極的に情報を開示しているのに売れないのは辛いもの。何もしていない業者さんと比べると努力の跡があるだけに、気の毒な感じもします。

しかし、努力はこれから。
この程度で売れるなら建売業界は苦労しません。実際には、今まではこの程度で十分売れてきましたから苦労が足りなかっただけです。この状態になると、たいていの建売業者さんは売れない原因を物件のせいにします。

場所が悪いから、価格が高いから、商品企画が悪いから、云々。もちろん、そんな理由もあるでしょう。しかし、売れない理由を商品のせいにしてもはじまりません。何しろ、そんな商品を作ったのはあなたなのですから。

では、どうしたらいいのか?
それは商品以外に問題がないかを考えることです。

私の知り合いに寝具を売っている人がいます。全国展開をしている寝具の小売店で、百貨店やららぽーと、ショッピングセンターなどに出店しているお店です。

どこも同じ商品、同じ品揃えで営業しているのですが、売れる店、売れない店、売れるスタッフ、売れないスタッフがあります。同じ商品、同じ品揃え、同じ雰囲気の店舗にかかわらず売上が違うのは、商品のせいではない、ということ。それ以外に原因があるということです。

実際、トップクラスのお店は決して立地条件のいい場所にあるお店ではありません。つまり、指導者の考え方の違いが売上に現れているということ。意図的に売上がつくられているということです。

では、何が他のお店と違うのか?

それは、商品をお客様に積極的に薦めていることです。ナンバーワンのお店で店長からスタッフに言われることは、来店したお客様全員に商品を紹介してください、というものです。

買うか買わないかはお客様の判断。
だから売れなくてもあなたのせいではありません。と教えられます。

しかし、薦めないのはあなたの怠慢です。だから、売れるか売れないかにかかわらず、来店したお客様すべてにお店の商品を薦めるというのがこのお店の「掟」です。そのため、スタッフの仕事は明確になります。

来店したお客様がどんな人であれ、お金を持っていようがいまいが、年齢が若かろうが、年寄りであろうが関係なく商品の良さだけを伝える。それの繰り返しです。

結果として、通常では買わないような人が購入していく。他店では購入しないと思われているような人がこのお店では購入していくようになるのです。

大切なことは、商品の良さを積極的に薦めているかどうか。ただ単に、商品を並べておいても売れないということです。レインズやアットホームもしかり。ただ単に情報を掲載していても、それはお店に商品を置いているだけ。それでは売れません。売るためには見込み客に商品を積極的に紹介すること。これが必要です。

あなたの物件は積極的に紹介されていますか?どんな人気店でも、商品を並べておくだけでは売れません。そこのところくれぐれもお間違えなく。

 

 

ピックアップ記事

  1. 売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?
  2. これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!
  3. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!
  4. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。
  5. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。

関連記事

  1. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    不動産マーケティング

    なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    「勝ちに不思議の勝ちあり、  負けに不思議の負けなし」野球の野…

  2. 決断力の磨き方。

    不動産マーケティング

    イケてる経営者になるための決断力の磨き方。

    「わかっちゃいるけど、変われない・・・」そんな経営者がたくさんいます。…

  3. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    売れる建売業者になるため必要なこと。それは、差別化です。 お客様が…

  4. mcd

    不動産マーケティング

    「お客様の声」を信用するな!?

    「お客様の声を聞きなさい」とよく言われます。実際、私もクライアントさん…

  5. 売れた理由

    不動産マーケティング

    建売業者は売れた理由に執着しろ!

    多くの建売業者さんと話をしていて思うことがあります。それは、ほとんどの…

  6. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    不動産マーケティング

    幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    ある新築一戸建ての売出し現場での話。その新築住宅は、クルマ通りの多…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由…
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。
  4. 中小建売会社はMacを使いなさい。
  5. 建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。
  1. JR根岸線「山手駅」徒歩5分。家具付き新築分譲住宅【横浜】山手の家。

    物件情報

    横浜山手の新築一戸建て【YAMATE HOUSE】横浜初のコーディネート家具付き…
  2. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  3. 共感の得られる家、共感の得られない家。

    不動産会社経営

    共感の得られる家、共感の得られない家。
  4. 不動産が売れない時、仲介手数料6%出しは是か非か?

    不動産売却

    不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?
  5. 売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?

    不動産会社経営

    売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?
PAGE TOP