建売会社のライバルは建売会社にあらず。

不動産マーケティング

建売会社のライバルは建売会社にあらず。

マーケティングでよく言われることのひとつに、ライバルは同業社だけではない、というのがあります。ついつい、私たちは同じ建売業社をライバルだと思ってしまいますが、実はこれは大きな間違い。消費者から見れば、住まいは新築一戸建てだけではありません。新築マンションも中古住宅もリノベーション物件も賃貸も、住める場所を提供している会社は全てがライバル。だから彼らの動向をチェックしておくことはとても重要です。

とりわけ、これからの建売業者の最大のライバルになりそうなのが、リノベーション業者さん。今のところ中古マンションを主流に活躍している会社が多いようですが、これらの会社が中古住宅、果ては、新築一戸建てに進出してくるとかなり厄介なことになりそうです。

なぜ、厄介なのか?
それは、彼らの発想が柔軟だからです。

多くの建売業者さんは、過去の成功体験にとらわれ過ぎています。そのため、部屋数は何部屋必要とか、こんな機能が必要だとか、という従来の枠組みの中で家を考えようとします。その結果、どこも同じような家ばかり。言葉は悪いですが、「食って寝るだけの家」を無意識のうちに作っているのです。

もちろん、それが望まれた時代もありました。しかし、今はそれが望まれる時代ではありません。むしろ、その弊害が出てきた時代。戦後に浸透した※LDKという発想で核家族化が進み、家族がバラバラになってしまった弊害に悩まされている時代です。それを考え直そうとするのがこれからの時代です。

消費者の生活は豊かになりました。昔のように「食って寝ること」がありがたかった時代ではありません。それだけなら賃貸でも十分ですし、マンションだって、中古住宅だってできます。家の機能は、すでに十分満たされているのです。満たされていないのは、その家でどんな生活ができるのか?どんな体験ができるのか?という部分です。

先日、あるリノベーション業者のサイトを見ていたら、様々な併用住宅の事例が出ていました。

小ビル×賃貸住宅=稼ぎだす家
戸建住宅×アトリエ=究極の職住近接
戸建住宅×店舗=まちにひらく家

住まいにその人の働き方やライフスタイルを掛け合わせた家をお洒落に提案していました。もちろん、このリノベーション業者さんのアイデアをそのまま建売住宅に応用して成功するかどうかはわかりません。しかし、売り建てならそんなアイデアも簡単に発信できます。そして、そんなアイデアに賛同する人が多くなれば、それで一つのニッチ市場をつくることも可能です。

これからの商品企画で大切なことは、その家でどんな生活ができるのか、を明確にすることです。これからのお客様が求めているのは、機能や性能などの「モノ」ではありません。その家を通じてどんな体験ができるのかという「コト」です。そこのところくれぐれもお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。
  2. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。
  3. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!
  4. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?
  5. なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?

関連記事

  1. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。

    不動産マーケティング

    ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。

    ジャパネットたかたが、福岡市に初の実店舗を開設しました。これまでは自前…

  2. あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    不動産マーケティング

    あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    その物件は、郊外に建つ新築4棟現場。完成から4ヶ月。まだ1棟しか売れて…

  3. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    不動産マーケティング

    こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    私のクライアントさんや、メルマガ、ブログの読者さんには、いい家をつくる…

  4. 建売住宅は企画が8割。

    不動産マーケティング

    建売住宅は企画が8割。

    あなたの建売住宅が売れるか売れないかは、建てる前に決まります。そう、企…

  5. クローゼットで差別化

    不動産マーケティング

    賃貸アパートに学ぶ!クローゼットで差別化する方法。

    都市部などの新築アパートで、ここ数年新婚カップルをターゲットにした1L…

  6. あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    不動産マーケティング

    あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    真面目な建売業者さんが陥る思考、それは、人は合理的に判断するという思考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 完成在庫はオープンハウスで売れ!
  2. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?
  3. あなたの感性は時代に合っていますか?
  4. 決断力の磨き方。
  5. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?

おすすめの記事

  1. 不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!
  2. 不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?
  3. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。
  4. 不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?
  5. 不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?
  1. 不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!

    不動産売却

    不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!
  2. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
  3. 難しい専門用語が売上を落とす!

    不動産マーケティング

    難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!
  4. 新築住宅販売は通販会社に学べ!

    不動産マーケティング

    新築住宅販売は通販会社に学べ!
  5. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

    不動産マーケティング

    これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?
PAGE TOP