値下げ前に絶対確認しなければならない2つのポイントとは?

不動産マーケティング

値下げ前に絶対確認しなければならない2つのポイント。

売れない・・・という現実に向き合う時、多くの建売業者さんは、すぐに価格が高いから、という結論に持っていきます。売れないのは価格のせい価格さえ安くすれば売れるある意味、真理ですがコンサルタントはそうは考えません。

なぜなら、高くても売れる物件はあるし、安くしても売れない物件もあるからです。もちろん、原価を無視して赤字になるほど安くすれば売れるでしょう。しかし、これではビジネスになりません。せめて経費くらいは出る程度に儲けなければプロとして失格。であれば、価格以外の原因を考えなければ売れないという問題は解決しません。

価格や立地、物件の品質以外で売れない原因を考えると、行き着く先は、2つ。

ひとつは、広告が十分でないということ。物件の存在自体がターゲットとするお客様に届いていないことが考えられます。売主からすれば、レインズや近隣の業者などに物件情報を提供しているから当然、ターゲットには情報が届いていると考えますが、そんなに簡単なものではありません。

まず第一に、情報を届けるには広告が必要になるからです。その際、売主が広告禁止にしていればその段階でアウト。広告できないわけですから、仲介業者が持っている既存のお客様に情報を届けてもらうしかありません。

しかし、この段階で仲介業者があなたの物件にマイナスの評価を与えていたとしたら、お客様に情報を届ける価値なしと判断され、情報は届きません。つまり、レインズやアットホームなどに情報を掲載しても、ターゲットとするお客様に情報が届いているとは限らないということです。

そして2つめが、広告や販売図面で物件の価値が十分伝わっていない場合。仮にあなたの物件情報がターゲットに届いていたとしても、その情報に魅力がなければお客様の購買意欲は湧きません。情報を見たお客様が関心を示して、現地を見に行きたくなる、行動したくなる情報になっていなければ売れないということです。

要するに、情報がターゲットに届き、届いた情報がターゲットの感情を揺さぶるものでないと売れないということ。そのための準備と活動をしないと、本来売れる物件も売れないということです。

大切なことは、そのための準備や活動ができているかどうか。できているにも関わらず売れないのであれば、価格に問題があるからかもしれません。であれば、価格を適正にすればすぐに売れます。

逆に、価格を適正にしても売れないのは、価格以外のアピールの仕方が間違っているということ。物件情報や物件の価値が十分に伝わっていないのに価格だけを下げているということです。

あなたの物件はちゃんと情報が伝わっていますか?まずはそこから点検してみましょう。売れない原因の8割は情報が伝わっていないことですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産販売、困った時は人柄で売れ!
  2. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
  3. 売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 売れない建売住宅は第一印象に賭けろ!

関連記事

  1. 新築住宅販売は通販会社に学べ!

    不動産マーケティング

    新築住宅販売は通販会社に学べ!

    先日、野菜の宅配を頼んでみました。実は、以前も同じような宅配を利用して…

  2. ビジネスの設計図

    不動産マーケティング

    あなたの会社にはビジネスの設計図ありますか?

    中小建売会社と大手不動産の違いは何ですかという質問をたまに受けることが…

  3. 成功事例に学べ!売れない商品が爆売れした意外な理由。

    不動産マーケティング

    成功事例に学べ!売れない商品が爆売れした意外な理由。

    「おじいちゃんのノート」が爆売れしています。「おじいちゃんのノート」と…

  4. 不動産集客はGISポスティングの時代。

    不動産マーケティング

    不動産集客はGISポスティングの時代。

    建売住宅が売れない最大の理由は、広告不足。私は、これに尽きると思ってい…

  5. 不動産マーケティング

    あなたの提供する不動産情報はお客様が望む不動産情報ですか?

    アドビシステムズが、企業のWebサイトやソーシャルメディアなどのデジタ…

  6. 540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。

    建売住宅に限らず、住宅を販売するのに欠かせないのが女性(主婦)の目線。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。
  2. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。
  3. 完成在庫はオープンハウスで売れ!
  4. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?

おすすめの記事

  1. 建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?
  2. お金をかけずにできる超簡単な差別化戦略。
  3. 売れる不動産会社をつくるために最も大切なモノとは?
  4. 不動産会社経営の万能薬を探していませんか?
  5. あなたの不動産広告の知識、30年前より進化してますか?
  1. JR根岸線「山手駅」徒歩5分。家具付き新築分譲住宅【横浜】山手の家。

    物件情報

    横浜山手の新築一戸建て【YAMATE HOUSE】横浜初のコーディネート家具付き…
  2. 建売住宅販売はモノから人の時代へ。

    不動産マーケティング

    建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。
  3. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
  4. 建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

    不動産会社経営

    建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。
  5. その不動産営業、煽りすぎていませんか?

    不動産マーケティング

    その不動産営業、煽りすぎていませんか?
PAGE TOP