値下げ前に絶対確認しなければならない2つのポイントとは?

不動産マーケティング

値下げ前に絶対確認しなければならない2つのポイント。

売れない・・・という現実に向き合う時、多くの建売業者さんは、すぐに価格が高いから、という結論に持っていきます。売れないのは価格のせい価格さえ安くすれば売れるある意味、真理ですがコンサルタントはそうは考えません。

なぜなら、高くても売れる物件はあるし、安くしても売れない物件もあるからです。もちろん、原価を無視して赤字になるほど安くすれば売れるでしょう。しかし、これではビジネスになりません。せめて経費くらいは出る程度に儲けなければプロとして失格。であれば、価格以外の原因を考えなければ売れないという問題は解決しません。

価格や立地、物件の品質以外で売れない原因を考えると、行き着く先は、2つ。

ひとつは、広告が十分でないということ。物件の存在自体がターゲットとするお客様に届いていないことが考えられます。売主からすれば、レインズや近隣の業者などに物件情報を提供しているから当然、ターゲットには情報が届いていると考えますが、そんなに簡単なものではありません。

まず第一に、情報を届けるには広告が必要になるからです。その際、売主が広告禁止にしていればその段階でアウト。広告できないわけですから、仲介業者が持っている既存のお客様に情報を届けてもらうしかありません。

しかし、この段階で仲介業者があなたの物件にマイナスの評価を与えていたとしたら、お客様に情報を届ける価値なしと判断され、情報は届きません。つまり、レインズやアットホームなどに情報を掲載しても、ターゲットとするお客様に情報が届いているとは限らないということです。

そして2つめが、広告や販売図面で物件の価値が十分伝わっていない場合。仮にあなたの物件情報がターゲットに届いていたとしても、その情報に魅力がなければお客様の購買意欲は湧きません。情報を見たお客様が関心を示して、現地を見に行きたくなる、行動したくなる情報になっていなければ売れないということです。

要するに、情報がターゲットに届き、届いた情報がターゲットの感情を揺さぶるものでないと売れないということ。そのための準備と活動をしないと、本来売れる物件も売れないということです。

大切なことは、そのための準備や活動ができているかどうか。できているにも関わらず売れないのであれば、価格に問題があるからかもしれません。であれば、価格を適正にすればすぐに売れます。

逆に、価格を適正にしても売れないのは、価格以外のアピールの仕方が間違っているということ。物件情報や物件の価値が十分に伝わっていないのに価格だけを下げているということです。

あなたの物件はちゃんと情報が伝わっていますか?まずはそこから点検してみましょう。売れない原因の8割は情報が伝わっていないことですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。
  2. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?
  3. 知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。
  4. 不動産広告は、目立ってなんぼ。
  5. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?

関連記事

  1. 建売住宅が売れない理由

    不動産マーケティング

    建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?

    建売業界の抱える問題のひとつに時流が読めていないという問題があります。…

  2. 売れる不動産会社は、全ての人を満足させようとしてはいけない。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。

    商品企画を考えるとき、ついつい陥ってしまう罠(ワナ)があります。 …

  3. これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    不動産マーケティング

    これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    建売住宅に限らず商品が売れるかどうかは需要と供給で決まります。 …

  4. あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    不動産マーケティング

    あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    真面目な建売業者さんが陥る思考、それは、人は合理的に判断するという思考…

  5. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。

    不動産マーケティング

    Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。

    突然ですが、Nespressoってご存知ですか?Nespressoとは…

  6. mcd

    不動産マーケティング

    「お客様の声」を信用するな!?

    「お客様の声を聞きなさい」とよく言われます。実際、私もクライアントさん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 建売業界は知恵で差別化する時代。
  2. 不動産広告の8秒ルールとは?
  3. 建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。
  4. 実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。
  5. 長期的に儲かる建売会社をつくるために経営者がすべきこと。
  1. 不動産マーケティング

    ブランディングは気遣いから。
  2. 本当の理由

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!あなたの物件が売れた本当の理由。
  3. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    不動産マーケティング

    中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。
  4. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    不動産マーケティング

    幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。
  5. 建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。

    不動産会社経営

    建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。
PAGE TOP