なぜ、いい建売住宅をつくるだけでは売れないのか?

不動産マーケティング

「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。

クルマの話で恐縮ですが、建売業界にも関係する話なので少し聞いてください。
米国の有力な消費者情報誌「コンシューマー・リポート」が「ブランド・リポート・カード」ランキングを発表、その中で日本のブランドが1~3位を独占しました。

このランキングは同誌による走行試験や、米政府・保険業界の安全性テスト結果をベースに決定されているもの。「Lexus」が3年連続で首位を維持しており、同誌によると「全体的に非常に良好な走行性能と高い信頼性を持つ」と評しています。上位10位では2位に昨年6位からジャンプアップした「Mazda」、3位に「Toyota」、5位に「Subaru」、8位に「Honda」がそれぞれランクインしています。

アメリカの「Buick」のトップ10入りは初めてで、米国誌と言えども自国車の大半が圏外に位置しているのが特徴的です。またVWグループでは「Audi」が4位、「Porsche」が6位にそれぞれランクイン。しかし、本家「VW」が15位で米国での苦戦ぶりを象徴しています。車種別のベストカーでは10部門の中で日本勢が「Subaru」が3部門、「Toyota」が2部門、「Honda」が1部門と計6部門で選出されています。

このランキングを発表しているコンシューマー・リポート誌は米国の消費者からの注目度が高く、その影響力も大きいといわれていますが、実際の販売台数では米国勢がやはり上位にランキング。中でもピックアップトラック、SUV系が好調を維持しています。ちなみに今年2月までの米国に於ける累計販売台数では

GMが43.4万台で首位、
2位がFordで35.7万台、
3位がToyotaの34.9万台、
4位がChryslerの30.2万台、
5位がNissanの22.2万台、
6位がHondaの20.7万台

といった状況。つまり、米国でも日本と同様に車両評価の高さと販売台数が必ずしも一致している訳ではなく、最終的には消費者が各ブランドに持つイメージが新車購入の決め手になっているようです。

これは、何もクルマに限ったことではありません。住宅も同じことです。確かに、いい建売住宅をつくることは重要ですが、それだけでは売り上げを伸ばすことにはならないということです。必要なことは、良質な住宅をつくりその良さを消費者にわかりやすく伝えること。そして、ブランド力をつけることです。

そのために必要なことが広告を利用したブランド戦略です。いいものをつくる。そして、その良さを消費者にアピールする。この2つができてはじめて売れる建売住宅、売れ続ける建売会社ができるのです。あなたは、いい家をつくれば売れると勘違いしていませんか?いい家をつくってもお客様がそれを理解しないと売れません。そこのところお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産販売、困った時は人柄で売れ!
  2. あなたの時代認識、間違っていませんか?
  3. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。
  4. 残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。
  5. 物語が売上を伸ばす時代。

関連記事

  1. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!

    不動産マーケティング

    売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!

    ビジネスの基本は、お客様が欲しいものを欲しいタイミングで、欲しい価格で…

  2. 不動産マーケティング

    昔の常識に惑わされていませんか?

    以前、コンサルティングをしたあるクライアントさんの話。大きな会社で…

  3. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。

    あなたは最近、他業者の物件を何軒見ましたか? コンサルティングを始…

  4. 新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。

    私たちコンサルタントがいろんな意味で参考にする企業のひとつがスターバッ…

  5. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    不動産マーケティング

    今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    新築一戸建ての成約率を上げるために必要なことが2つあります。 ひと…

  6. 売れる不動産会社は、全ての人を満足させようとしてはいけない。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。

    商品企画を考えるとき、ついつい陥ってしまう罠(ワナ)があります。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. あなたの建売住宅を即日完売させるための3原則。
  2. 共感の得られる家、共感の得られない家。
  3. 売れない完成在庫を売る最も簡単な方法。
  4. 不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!
  5. なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?
  1. 売れる不動産会社をつくるために最も必要なモノとは?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社をつくるために最も大切なモノとは?
  2. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
  3. 仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?

    不動産マーケティング

    仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?
  4. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!

    不動産広告

    不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!
  5. 伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。

    不動産会社経営

    伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。
PAGE TOP