楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。

不動産集客

楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。

昔、コンサルタントの間で”楽天迷子”(らくてんまいご)という言葉が流行りました。どういうことかというと、楽天に出店して商品を売り出しているのに自分の売っている商品に辿り着かない、自分の商品が買えないという状態です。

楽天には多くのお店が出店しています。扱っている商品の数も膨大。そのため商品名で検索しても同じ商品を扱っている他のお店ばかりがでてきて、自分の店に辿り着かないのです。

その結果、多くのお客様は楽天内で迷子になり、当初目指していたお店に辿り着けず、商品を買うのを諦めるか、他のお店で商品を買うことになるということ。

要するに、競合や情報量が多くなると商品をすぐに見つけられるようにしておかなければ、売れないということです。目立つ場所に、わかりやすく展示する。お客様が探す場所や、探す手段に応じて情報を提示することが販売の第一歩。商品を手に取ってもらう、商品を知ってもらわなければ決して売ることはできません。実は、これができていない建売業者さんが多い。

人間にはいろんなタイプがあります。情報を得るにも得意なやり方は人それぞれ。スマホで情報を得るのが得意な人もいればPCで情報を得るのが得意な人もいます。

不動産などの高額な商品になると、店頭の方がいいという人もいますし、チラシの方がいいという人ややはり知人に紹介してもらう方がいいという人もいます。つまり、人が情報収集する方法は様々だということ。そして、それぞれの手段のなかにも膨大な情報が溢れているということです。

あなたが成約率を高めるためには、それぞれの手段のなかで目立つこと、わかりやすく情報を提示すること。お客様があなたの物件をすぐに見つけられるように、策を講じることです。

多くの業者さんが間違うのは、たったひとつの方法で情報提供しようとすること。お気に入りの仲介業者だけに情報を回すとかレインズだけで情報提供するとか。

それだと、情報提供の方法は営業マンを通してだけ。営業マンに接触したくないお客様はあなたの情報には接触できません。営業マンに会う前に情報収集したいお客様には、ネットや紙媒体で情報を提供しないとあなたの物件には辿りつきません。また、ネットでの情報収集が苦手な人は、チラシなどにあなたの物件情報が掲載されていないとあなたの物件は存在しないのと同じです。

つまり、お客様が探す手段に応じて情報を提供することが大事だということ。そして、その情報提供手段のなかでも最も目立つようにすることが成約率アップにつながるということです。

あなたの物件は、お客様が探しやすい方法で情報提供していますか?どんなに素敵な物件でも、その情報を手にとって見てもらえなければ存在していないのと同じです。

情報提供の手段を広げましょう。そして、そのなかで最も目立つようにしましょう。これだけで成約率は大幅に改善されます。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. オープンハウスを成功に導く意外なポイントとは?
  2. 不動産はAIDMAの法則で売れ!
  3. こうすれば新築住宅は青田で売れる!
  4. 不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!
  5. 新築住宅販売は通販会社に学べ!

関連記事

  1. 不動産はたった「ひと言」で売れる!

    不動産広告

    効果実証済み!不動産はたった「ひと言」で売れる。

    私がつくる販売図面やチラシ、その他の広告には必ずあるものがついています…

  2. 今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?

    不動産広告

    今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?

    私のつくる販売図面や広告は文字が多い。そのせいか、初めて販売図面や広告…

  3. 商売は、モノだけでは成り立ちません。それを買う人がいなければ売れません。だから、人を集めなければならない。

    不動産集客

    モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。

    建売会社など「ものづくり」を生業としている業者さんが苦手なことの一つが…

  4. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?

    不動産広告

    あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?

    建売業者さんにもいろんなタイプがあります。パワービルダー出身の人もいれ…

  5. 不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?

    不動産集客

    不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?

    あなたは男性脳、女性脳という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 人…

  6. 不動産広告は、目立ってなんぼ。

    不動産マーケティング

    不動産広告は、目立ってなんぼ。

    71.6倍。これは、ここ8年間で増えた「あるもの」の量です。何かわ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。
  2. 不動産広告にマイナス表現は必要か?
  3. 売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?
  4. 不動産広告に現地看板が効果的な理由とは?
  5. 驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?
  1. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

    不動産マーケティング

    売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  2. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    不動産マーケティング

    中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。
  3. 建売住宅を即日完売させるための3原則

    不動産マーケティング

    あなたの建売住宅を即日完売させるための3原則。
  4. あなたの成長を妨げる言葉とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の成長を妨げる、使ってはいけない言葉とは?
  5. 人材育成

    不動産会社経営

    「部下を育てるのは難しいなぁ…」と思ったら。
PAGE TOP