一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

不動産マーケティング

一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

中小建売業者にとって、世の中のトレンドを知ることは、効率的な経営をする上でとても重要です。しかし、自社でトレンド調査をするのは手間もコストもかかるため、現実的にはムリ。そのため、どうしても勘に頼ってしまいます。

そこで、利用したいのが大手不動産会社や大手ハウスメーカーの調査結果。最近はインターネットを利用するとすぐに最新の調査結果が入手できるので利用しない手はありません。

先日も野村不動産アーバンネットから「子育てと住まいに関するアンケート結果」が発表されました。それによると、今の住まいは、子育てしやすさの視点で満足度はどれくらいですか?という質問には、

持家マンションの人の場合は、大変満足している、満足しているが74.8%
あまり満足していない、満足していないが25.2%

それに対して、賃貸に居住中の人の場合は、
大変満足している、満足しているが41.7%
あまり満足していない、満足していないが58.3%になっています。

この数字をどうみるかということですが、ビジネスマンにとって重要なことは、このデータをどう活かすか、どうやってお金に結びつけるかです。

ポイントは、満足していないという人へのアプローチです。満足していないということは、満足できる家があれば購入する可能性があるということ。満足していない人がどこにいるかわかれば、その人を効率良く攻めていけるということです。

ということは、持家マンションと賃貸マンションでは明らかに賃貸マンションの方が購入する確率の高い人が住んでいるということ。その割合は、持家マンションの2倍。もしあなたが効率良く営業をしたいなら自社の物件の近くの賃貸マンションやアパートを中心に営業をした方がいいということになります。

まあ、当たり前といえば当たり前のことですが、数字を確認すると安心します。多くの人が当たり前のことができずに、途中で投げ出してしまいます。

その理由は、やっていることに自信が持てなくなるから。結果がでないと、やっていることが間違っているのではないか、と疑心暗鬼になってしまうからです。

ビジネスの成果は、努力に比例はしません。努力すればするほど右肩上がりに上がっていくのではなく、階段状に上がっていきます。そう、努力しても結果として現れない時期、踊り場があって、その後、一気に成果となって現れます。

しかし、たいていの人は踊り場にさしかかると、自分のしていることに自信が持てなくなりやめてしまう。そして、もう少しで結果がでるにもかかわらずやめてしまいます。

そしてまた、ゼロから新しい方法を試す。
これの繰り返し。

そんな時、諦めから自分を救ってくれるのがデータです。賃貸マンションの2軒に1軒は、不満を抱えていると思えばやる気が出てきます。

アンケート結果の使い方は、商品企画だけでなく、モチベーションの維持にも効果的です。あなたも利用してみてはいかがですか。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる建売会社とネーミングの関係。
  2. 不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。
  3. 中小建売会社はMacを使いなさい。
  4. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。
  5. あなたの知らないオープンハウスの現実。

関連記事

  1. 中小建売業者は販促ツールを強化しろ!

    不動産マーケティング

    中小建売業者は販促ツールを強化しろ!

    先日あるクライアントからこんな質問を受けました。それは、 「売上を…

  2. あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    不動産マーケティング

    あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    その物件は、郊外に建つ新築4棟現場。完成から4ヶ月。まだ1棟しか売れて…

  3. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。

    不動産マーケティング

    不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。

    多くの不動産会社、建売業者さんは、売れなければ値下げすればいい、価格さ…

  4. 購入者の属性、把握していますか?

    不動産マーケティング

    購入者の属性、把握していますか?

    私が口を酸っぱくするほどクライアントさんに言うことの一つが、「購入…

  5. 仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?

    不動産マーケティング

    仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?

    以前、コンサルティングをしたある地方の新築分譲業者さんの話。 社員…

  6. 売れない不動産が売れる!?コンサルタント思考法。

    不動産マーケティング

    売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。

    売れない不動産を売る!それがコンサルタントの仕事と思っている人がいます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. アラサー世代が好むインテリアとは?
  2. 常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはど…
  3. 「売れるに決まってる物件」つくっていますか?
  4. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?
  5. モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。
  1. 不動産マーケティング

    あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?
  2. 不動産マーケティング

    売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。
  3. 販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。

    不動産マーケティング

    販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。
  4. 拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客を狙いますか?

    不動産マーケティング

    拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客だけを狙いますか?
  5. 建売業界は知恵で差別化する時代。

    不動産マーケティング

    建売業界は知恵で差別化する時代。
PAGE TOP