あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?

不動産広告

あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?

建売業者さんにもいろんなタイプがあります。パワービルダー出身の人もいれば、工務店出身の人もいる。仲介業出身の人もいれば、異業種から参入した人もいます。 それぞれが出身分野においてはプロの人ですが、自分の知らない分野においては素人同然。見よう見まねで知らない分野をこなしているのが現実です。

だから、家を建てるのはプロでも、営業や広告については全くわからないという人がほとんど。もちろん、それでも成功できてたのが今までの建売業界ですが、自分の出身以外の分野もプロになれればライバルを引き離すのは難しくありません。

例えば、広告について。建売業者さんに限らず、仲介業社でも広告に対しての知識のある人はほとんどいません。みんな見よう見まね。嘘のような話ですが、たいていの仲介業社は広告のつくり方や配布の仕方は先輩から教わる程度。だから、先輩の知識が間違っていると間違った伝統が伝わっていきます。

とりわけ、今の社長世代はバブルを経験したような世代。だから、バブル時代の広告ノウハウがそのまま受け継がれている会社が少なくありません。そのため、反応率は年々落ちるばかり。

本来であれば、広告を依頼されている広告代理店が彼らに教えてあげればいいのですが、広告代理店にとっては反応があるかどうかよりどれだけ広告を出稿してくれるかが大事。ある意味、利害が背反していますから、なかなかこの問題は改善されません。

例えば、オープンハウスや現地売り出しのチラシや広告において、絶対に外してはいけないことがあります。それは、その物件が誰を対象にした物件なのか(誰のための物件なのか)、どんな特徴があるのか、なぜその物件を勧めるのか、ということ。特に、見所ポイントを具体的に提示することは反応率アップに欠かせません。

実際、これをチラシや広告に入れるかどうかで反応率は2倍以上変わってくるのですが、そういった知識がない人がほとんど。中には、試行錯誤の末、そんな知識を蓄える人もいますが、モノになるまでには相当の時間とお金がかかります。

売主にとって大切なのは結果。結果を迅速に出すには知識が必要です。自分たちで試行錯誤するのも悪くありませんがプロに頼めば一瞬ということも少なくありません。これからはプロの知識や経験を利用してはいかがですか?大幅に時間短縮できますよ。

追伸、販売図面でお悩みならプロの販売図面作成サービスがあります。詳しくはこちら

 

ピックアップ記事

  1. 驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?
  2. あなたの建売会社が自社営業すべき最大の理由。
  3. 離職率の高い不動産会社の社長へ。
  4. なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?
  5. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

関連記事

  1. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    ポルシェのディーラーがカナダで行ったDMのキャンペーンがあります。とて…

  2. 伝説のキャッチコピー

    不動産広告

    驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?

    あるマンション再販業者さんからのクレームの話。 知り合いの建売業者…

  3. 不動産チラシの基本7原則

    不動産広告

    広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?

    建売業者さんはあまり知らないかもしれませんが、全国的にチラシの反応が悪…

  4. 不動産はAIDMAの法則で売れ!

    不動産マーケティング

    不動産はAIDMAの法則で売れ!

    AIDMA(アイドマ)の法則ってご存知ですか? 1920年代にアメ…

  5. 楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。

    不動産集客

    楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。

    昔、コンサルタントの間で”楽天迷子”(らくてんまいご)という言葉が流行…

  6. 不動産広告、この一言で売上が伸びる!

    不動産広告

    不動産広告、このひと言で売上が伸びる!?

    あなたはテレビ通販が好きですか? 私は仕事柄、テレビ通販をよく見ます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 完成在庫はオープンハウスで売れ!
  2. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?
  3. あなたの感性は時代に合っていますか?
  4. 決断力の磨き方。
  5. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?

おすすめの記事

  1. 売れる不動産広告は一日にしてならず。
  2. 売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。
  3. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?
  4. 新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  5. 中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!
  1. 営業マンのいないオープンハウス。

    不動産マーケティング

    営業マンのいないオープンハウス。
  2. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。

    不動産マーケティング

    不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。
  3. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  4. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。
  5. 不動産マーケティング

    妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。
PAGE TOP