残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

不動産マーケティング

残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

売れ行きの悪い物件を抱えた多くの建売業者さんや不動産会社が犯すミスがあります。それは、値下げ物件の売り方。売れない物件を値下げして販売する業者さんは多いのですが、売り方を間違えている業者さんがほとんどです。

たいていの建売業者さんや不動産会社は、安さを強調して売ろうとします。現地に派手な看板やのぼりを立てて、これでもか、これでもか、というように安さを強調します。その様子はまるでスーパーの特売さながら。言葉は悪いのですが、品のかけらもありません。

もちろん、それで反応する人もいないわけではありません。そのやり方をするというのは過去に同じ方法で売れた成功体験があるからでしょう。しかし、そのやり方がベストかというとそうではありません。

なぜなら、売っている商品が「家」という高額商品だからです。確かに、日用品や食品など購買頻度の高い商品ならそんな売り方でもいいかもしれません。価格が安いか高いか、誰でもすぐに判断できるからです。

しかし、「家」のような高額な商品、一生に一度買うか買わないかの商品は、購買頻度が少ないため、その商品が本当に安いのか高いのかわからないのが実態です。それなのに、安さばかりを強調されると人は身構えてしまいます。本当にこの商品は大丈夫だろうか・・・と。つまり、「家」は安さを強調すればするほど不安感が増す商品だということです。

では、どうすればいいのか?

まずは、安さを強調する前に、物件の価値を上げることです。簡単に言えば、価格より高く見える工夫をすることです。3,000万円の物件なら3,300万円の価値があるように見せられないか考えることです。

モデルハウスに家具を置くのも一つの方法でしょう。モデルハウスをピカピカに掃除するのもいいかもしれません。売り出しのチラシをセンスのいいものに変えるのもアリです。要するに、高級感を高めることです。

お客様は安い家が欲しいわけではありません。安くなった家が欲しいのです。

価値=価格 ではなく
価値>価格 となった商品に魅力を感じるのです。

安さを強調する前に、高く見える工夫をしましょう。それが安さを演出する最大の方法です。

 

ピックアップ記事

  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  3. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?
  4. いつまでワンマン経営を続けますか?
  5. チームの生産性を上げるコツとは?

関連記事

  1. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?

    不動産マーケティング

    なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?

    仲介業者から信頼される建売会社になるために注意しなければならないことが…

  2. 高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。

    不動産マーケティング

    高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。

    VOSSというミネラルウォーターを知っていますか?ノルウェーのミネラル…

  3. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

    不動産マーケティング

    売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

    婚活がブームです。テレビなどでも婚活をテーマにした番組がたくさんありま…

  4. 成約率の上げ方

    不動産マーケティング

    不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!

    「集客はできたのに成約しない・・・」「内覧は多いのに決まらない・・…

  5. 新築一戸建て会社はゴミの日の法則に学べ。

    不動産マーケティング

    新築一戸建てを売る会社は「ゴミの日の法則」に学べ!

    野菜の無人販売所ってご存知ですか? 東京や神奈川でも少しのどかなと…

  6. あなたの物件が売れた本当の理由、確認していますか?

    不動産マーケティング

    アート引越センターに学ぶ、ヒット商品が売れた本当の理由。

    先日、TVを見ていたらアート引越しセンターのCMが流れていました。アー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  2. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

おすすめの記事

  1. 選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?
  2. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。
  3. 儲けたかったらターゲットを変えろ!
  4. 社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。
  5. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは…
  1. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。
  2. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    不動産会社経営

    なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?
  3. 不動産売却、見れば気にいる物件ならこの方法!

    不動産集客

    不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!
  4. 人材育成

    不動産会社経営

    「部下を育てるのは難しいなぁ…」と思ったら。
  5. 拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客を狙いますか?

    不動産マーケティング

    拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客だけを狙いますか?
PAGE TOP