不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法。

不動産マーケティング

不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?

昔、とある地方都市で投資用のアパートを分譲した時のこと。
高利回りを武器に投資家への販売を目論んでいたアパートでしたが、何しろ地方の田舎町。簡単には満室に出来ません。いくら新築とは言っても、地方の田舎町では新規需要は限界があるからです。

そこで思いついたのは、すでに住んでいる人を新築に移すという作戦。その昔、北海道の投資物件業者がよくやっていた手です。簡単に言えば、近所のアパートに住んでいる人に新しいアパートができたので住みかえませんか?という営業をかける方法。

敷金、礼金はもちろん不要。今なら同じ条件で新しいアパートに住み変えられますよと営業をするのです。まあ、同じ条件で新しいアパートに住めるわけですから悪い話ではないのですが、引越しの手間を考えると二の足を踏む人も少なくありません。

そこで、それでも効果がない場合は、プレゼント攻撃を加えます。何をするかというと、駅から遠い物件だったら新品の自転車や原付バイクをプレゼントするというやり方です。これが一時期、流行りました。新築のアパートを建てて、近所のアパートの住民に敷金、礼金なし、その上、新品の自転車や原付バイクをプレゼントして部屋を満室にするという方法。そして、満室状態にした上で投資家に販売するのです。

このやり方がいいか悪いかは別として、ここで注目したいのは、プレゼントの方法です。実は、このプレゼントの方法で優劣ができたのです。ある会社は、このプレゼント攻撃が効果的だと聞いてチラシに今なら自転車プレゼントと掲載して営業しました。また、ある会社は、チラシに今なら自転車プレゼントを掲載しただけでなく、部屋にプレゼント用の自転車を飾っておきました。

どちらが早く賃貸が埋まったかは、後者。実際にプレゼントする自転車を部屋に飾っておいた業者の物件でした。何が言いたいのかというと、人は現物に弱いということ。プレゼントしますと言葉や写真で伝えるよりプレゼントする商品そのものを見せる方が何倍も効果的だということです。

よく家具付きで販売しましょうと提案すると、家具は好き嫌いがあるから、購入すると決まってから用意すればいいのでは、と云う反論がでますがこれでは効果は半減します。なぜなら、現物が見えない、触れられないのでお客様の感情が刺激されないからです。大切なことは、お客様の感情をなるべく直に刺激すること。そのためには、現物を見せること、触れさせることが一番です。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 建売住宅販売は小さく攻めろ!
  2. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?
  3. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?
  4. 大手不動産会社と中小建売会社の戦略の違い。
  5. 仲介業者に洗脳されていませんか?

関連記事

  1. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。

    不動産マーケティング

    あなたの物件が常に営業マンから注目されるようにする方法。

    先日、ある本を読んでいたら脳について面白い記述がありました。カエル…

  2. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    ペルソナマーケティングってご存知ですか?ペルソナとは、データをもとにつ…

  3. ビジネスの設計図

    不動産マーケティング

    あなたの会社にはビジネスの設計図ありますか?

    中小建売会社と大手不動産の違いは何ですかという質問をたまに受けることが…

  4. 不動産マーケティング

    アラサー世代が好むインテリアとは?

    建売住宅の購買層といえば圧倒的に30代。だとすれば、30代の趣味嗜…

  5. お金をかけずに物件も魅力を2割増しにする方法。

    不動産マーケティング

    お金をかけずに物件の魅力を2割増しで伝える方法。

    以前ある人が、引き込まれる話と引き込まれない話の違いについて語っていま…

  6. 旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    不動産マーケティング

    旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    動物園といえば、真っ先に思い浮かべるのは上野動物園、というのは昔の話。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 残念!こんな不動産の値下げは失敗する。
  2. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  3. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?
  4. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
  5. 売れる不動産会社をつくるために最も大切なモノとは?
  1. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  2. ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?

    不動産マーケティング

    ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?
  3. なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?
  4. あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。
  5. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。

    不動産マーケティング

    不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。
PAGE TOP