これでもパワービルダーと闘いますか?

不動産会社経営

これでもパワービルダーと闘いますか?

先日、ある建売会社の社長さんにこんな質問をされました。それは「建売業界の将来はどうですか?」という質問。質問されたご本人は、「明るいですよ」「まだまだ大丈夫ですよ」という答えを期待していたようですが、残念ながらそれは難しいと思います。

一般的に考えれば業界全体としては縮小傾向にあるでしょう。しかし、一部の業者さんに取っては、明るい未来が待っています。業界全体としては暗いのに、一部の業者にとっては明るいというのは、別の言い方をすれば、二極化するということ。強いところはより強く、弱いところは淘汰されるのがこれからの建売業界だと言えるでしょう。

まあ、残るのはパワービルダーと
アンチパワービルダー。

低価格帯はパワービルダーが抑えることになるでしょうから、パワービルダーがやらない価格帯を抑えられるかどうか。そこが勝負の要となってきます。

この話は以前から何度も言ってはいるのですが、まだまだ浸透していないのが現実。中小の建売業者さんは、とっととパワービルダーと競合しない分野で戦う準備をすべきなのですが、なかなか抜け出せないようです。

先日、元パワービルダーにいた方とお話をする機会がありました。その方がいたパワービルダーは、パワービルダーのなかでも比較的高級な建物をつくっていたそうですが、それでも価格は29坪の2階建てで830万円だったと言います。外構費用が50万円だと言いますから、全部で880万円。この価格で家1棟建ててしまうそうです。(ちなみに3階建ては200万円アップの1,080万)

それでもこれはパワービルダーの中では高級な部類の会社の話。最安値のパワービルダーに至っては690万円で建ててしまうと言いますから空いた口がふさがりません。要するに、中小の建売業者さんはパワービルダーには勝てないということ。潔く白旗を上げるほうが懸命だということです。

では、中小建売業者はどうしたらいいのか?

パワービルダーとは違うポジションを見つけることです。世の中にはパワービルダーの家は大嫌いという人もたくさんいます。そんな人に対して違う選択肢を与えることです。パワービルダーの物件では得られない何か、パワービルダーの物件では得られない価値を提供するのです。

一番簡単な方法は、パワービルダーと真逆の戦略を取ること。パワービルダーが工業製品のような家を提供するなら、手作りのような手間暇をかけた家を提供することです。

ポイントは、真逆。パワービルダーの家の特徴を洗い出して、それと反対の物や考え方で家を作ることです。今ならこのポジションはガラガラです。ライバルがパワービルダーと同じポジションで戦っている今こそチャンスです。

そろそろ現実を受け止めて真剣に将来について考えてみてはいかがですか?
お手伝いしますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!
  2. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。
  3. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。
  4. 伸び代のある経営者とは?
  5. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

関連記事

  1. 儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    不動産会社経営

    儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    もしあなたが長期的に成功する建売会社になりたいのなら、間違ってはいけな…

  2. これからの建売業者に必要な意外な力とは?

    不動産会社経営

    これからの建売業者に必要な意外な力とは?

    これからの建売業者にとって最も必要な能力それは、セールス力です。 …

  3. 新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。

    不動産会社経営

    新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。

    建売業者さんの対応でいつも残念だな、と思うことに「近隣対策」があります…

  4. 不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。

    不動産会社経営

    不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。

    家を売るのは難しい、そう考えている経営者や営業マンは少なくありません。…

  5. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    不動産会社経営

    勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    以前、ある不動産業者さんをコンサルティングしたときの話。 確か、無…

  6. 建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。

    不動産会社経営

    建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。

    建売業社さんにもいろんなタイプがあります。大きく事業展開したい人もいれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

おすすめの記事

  1. 売れない原因の見つけ方。
  2. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?
  3. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?
  4. 売れる商品企画はマンション業者に学べ!
  5. あなたの時代認識、間違っていませんか?
  1. 不動産はAIDMAの法則で売れ!

    不動産マーケティング

    不動産はAIDMAの法則で売れ!
  2. 仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?

    不動産マーケティング

    仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?
  3. 不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?

    不動産集客

    不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?
  4. 商売は、モノだけでは成り立ちません。それを買う人がいなければ売れません。だから、人を集めなければならない。

    不動産集客

    モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。
  5. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

    不動産広告

    「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。
PAGE TOP