新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。

不動産売却

新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。

先日、ある地方都市で工務店を経営している社長の話しを聞く機会がありました。
関東近郊の小さな地方都市なのですが5店舗ほど展開しているというやり手社長です。もともとは高校を出てすぐに大工になった叩き上げ社長。長く下請け工事ばかりしていたそうです。

大工仕事が好きで、腕にも自信があったそうですが、とにかく下請けでは手間賃が安く、家族を養っていくのもひと苦労。このままでは、将来が見えないということで今から8年前に下請け工事から注文住宅へと大きく舵を切ったそうです。腕には自信があったそうですが、問題は、営業。大工あがりということもあり営業がまったくできなかったそうです。

一生懸命やっては見るもののやればやるほどお客様が逃げていく。当時は、そんなことの繰り返し。やっぱり下請けしかないか・・・と思っていた時、他の地方都市で成功している工務店の社長の話を聞く機会があったそうです。そこで聞いたのが、営業はしなくていいという話。その会社の社長も営業ができず苦労したそうです。そこで出会ったのが営業しないで売る方法。

簡単にいえば、POPとパネルを利用して現場見学会をする方法です。
あらかじめお客様に伝えたいことや、お客様からよく聞かれる質問をPOPやパネルに書いて、現場に飾っておくというやり方。これなら言いたいことを言い忘れることもなくお客様もマイペースでじっくり見学できる。お客様の見極めも必要なければ難しい営業テクニックも必要ない、これなら自分にもできるかも・・・そう思った社長は、さっそく地元に戻ってPOPづくりに励んだそうです。

その結果、できたPOPは、なんと150枚。
それを、所狭しと貼っていったそうです。

その結果、何が起きたか。
そう、売れるようになったのです。それも、地域一番店になるほど。

「うちの現場見学会は、建物を見せるというよりPOPを読ませる現場見学会です」そうおっしゃっていましたが、8年経った今もそのスタイルは継続中。安定した売上げをあげているそうです。実は、このやり方は知る人ぞ知る方法。地方を中心に小さな工務店が大手に勝つための定番の方法。ただ、不思議なことに建売業界ではほとんど利用されていません。たぶん、営業は仲介会社の仕事と思っている人が多いからだと思いますが、正直、もったいない話です。

営業マンもピンからキリまで。
そもそも1日に何件も案内する営業マンがあなたの物件のことをこと細かく知っているはずがありません。お客様に何か質問されてもテキトーな話をしてお茶を濁しているか質問されたことに答えられなくて信用を失くしているかのどちらかです。だとすれば、この工務店のようにあなたの物件にもPOPやパネルを用意しておくだけで、あなたの物件の魅力を正しく伝えることができます。

営業マンにも感謝され、お客様にもよろこばれる、まさに一石二鳥の方法がこのPOP販売法。
あなたの現場でも試してみませんか?きっと効果ありますよ。

 

ピックアップ記事

  1. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?
  2. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。
  3. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。
  4. 不動産会社の社長は今すぐスマホに変えなさい!
  5. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。

関連記事

  1. 仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?

    不動産売却

    仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?

    あなたは何か動物を飼っていますか? わが家は、犬を飼っています。生…

  2. 新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。

    あなたの物件が売れるかどうかは基本的には4つの力で決まります。それが、…

  3. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    ポルシェのディーラーがカナダで行ったDMのキャンペーンがあります。とて…

  4. 売りにくい物件を即決物件に変えるコツ。

    不動産売却

    売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。

    先日、あるリノベーションマンションを見てきました。クライアントが新しく…

  5. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    不動産マーケティング

    不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    商品を売るとき売主は、お客様の3つの「Not」の壁を乗り越えなければな…

  6. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。

    私たちのサービスのひとつに売れる販売図面という、販売図面作成サービスが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 平町
  2. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  3. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?
  4. 建売会社はマンション客を狙え!
  5. なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?

おすすめの記事

  1. 中小不動産会社が大手より優秀な人材を採用する方法。
  2. 新築分譲住宅、口コミで評判を広げる裏技とは?
  3. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。
  4. なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?
  5. これからの新築分譲会社に必要な予算とは?

アーカイブ

  1. 建売会社が信じる間違った広告常識。

    不動産広告

    建売会社が信じる間違った広告常識。
  2. 不動産広告は、目立ってなんぼ。

    不動産マーケティング

    不動産広告は、目立ってなんぼ。
  3. いつも売れてる建売会社は何が違うのか?

    不動産会社経営

    いつも売れてる建売会社は何が違うのか?
  4. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    不動産広告

    不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。
  5. なぜ、いい建売住宅をつくるだけでは売れないのか?

    不動産マーケティング

    「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。
PAGE TOP