相談する相手間違えていませんか?

不動産会社経営

その商品企画、相談する相手間違えていませんか?

コンサルタントという仕事柄、商品の企画やサービスについて提案することが多くあります。採用されることもあれば、「検討したけど今回は・・・」と言って採用されないこともあります。

もちろん、経営者はクライアントですから採用するも採用しないもクライアントが決めればいいこと。それについては異論はありません。私の仕事はあくまでコンサルティング。選択肢を提示することでクライアントの視野を広めることです。

しかし、なかには残念な決め方をするクライアントもいます。
それは、商品企画や新しいサービスの決定を間違った相手に決めさせる時です。

例えば、新しい間取りやデザインを決める時。多くの経営者は、まず自分が好きかどうかで決めようとします。その次は、従業員。そして、仲介業者。この順番で決めると大抵は失敗します。

なぜなら、売ろうとしているターゲットと決定権者が違う属性にいることが多いからです。
まず、経営者。経営者が売りたい客層と同じような年齢、収入、家族構成であれば問題ないと思いますが大抵は、大きく違うものです。

これは、従業員も同じ。古参の従業員ともなれば経営者と年齢が近いことも多く、売りたいターゲットの属性とは違うものです。そんな人たちが、この企画はいい、悪いと言っても間違うのは当たり前。結果的に、自分たちの好き嫌いで決めてしまいます。

仲介業者も例外ではありません。仲介業者なら日頃お客様を案内しているし、お客様の好みもよくわかっていると思いがちですが、実態は違います。売れる営業マンほど、お客様の話を聞かないもの。自分の売りたい物件でどう落とすかということしか考えていません。だから、お客様の本当の気持ちがわかっていない。彼らの意見を聞いても出てくるのは彼らの意見。そこからお客様の本音は見えてきません。

では、誰の意見を聞いたらいいのか?

それは、お客様の意見です。実際に購入したお客様の意見です。
ポイントは、実際に購入したかどうか。購入しない人の意見は参考にはなりません。

買わない人ほど、買わない理由をたくさん上げます。仮にそんなお客様の意見を全て聞いた商品をつくっても、新たな買わない理由を言ってくるのがオチ。少しも参考にはなりません。参考になるのは、実際に買ったお客様の意見です。

ある建売会社の経営者は、このアドバイスを聞いて、自分が企画している物件と同じような商品企画の物件を購入した他社のお客様に直に話を聞きに行きました。

そこで聞けた話は、自分が考えていたモノとは全く違うモノ。いかに自分たちの考えが独りよがりのものだったか実感した、とおっしゃっていました。

大切なことは、正しい相手にアドバイスを求めることです。間違った相手にアドバイスを求めても間違った答えしか出てきません。そこのところくれぐれもお間違えなく。

 

 

ピックアップ記事

  1. 仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?
  2. なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?
  3. 建売業界は知恵で差別化する時代。
  4. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  5. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。

関連記事

  1. これからの建売業者に必要な意外な力とは?

    不動産会社経営

    これからの建売業者に必要な意外な力とは?

    これからの建売業者にとって最も必要な能力それは、セールス力です。 …

  2. あなたの知らないオープンハウスの現実。

    不動産会社経営

    あなたの知らないオープンハウスの現実。

    あなたはオープンハウスに行きますか? 私は仕事柄オープンハウスには…

  3. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。

    不動産会社経営

    不動産会社が陥る、成功体験の罠。

    コンサルティングをしていていちばん厄介だなと感じることはその人の成功体…

  4. 即日完売する新築分譲住宅を建てる前にすべきこと。

    不動産会社経営

    即日完売する新築分譲住宅を建てる前にすべきこと。

    以前、相談を受けた新築分譲会社さんの話。 自信満々で建てたある現場…

  5. ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

    不動産会社経営

    ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

    「小さい頃の僕はとにかく内気で大人しい少年だった」 「早稲田大学に…

  6. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。

    コンサルティングをしていると「社員が思うように動いてくれない」と悩む経…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 建売業者も営業力の時代。

おすすめの記事

  1. 不動産広告に現地看板が効果的な理由とは?
  2. これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?
  3. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?
  4. 新築分譲住宅は現場力が決め手。
  5. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。
  1. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    不動産会社経営

    建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。
  2. 建売業者も営業力の時代。

    不動産マーケティング

    建売業者も営業力の時代。
  3. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?

    不動産広告

    値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?
  4. 売れる不動産会社は、全ての人を満足させようとしてはいけない。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
  5. 売れない新築一戸建て、値下げ前にすべきこと。

    不動産会社経営

    売れない新築一戸建て、値下げ前にすべきこと。
PAGE TOP