新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

不動産マーケティング

新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

ペルソナマーケティングってご存知ですか?ペルソナとは、データをもとにつくられた架空のお客様のこと。年齢や性別、職業、年収、価値観、ライフスタイルといった細かな要素を織り込み、典型的なお客様の人格(ペルソナ)を設定してそれに見合った商品やサービスを提供していくというマーケティング手法のことです。

現代のように顧客ニーズが多様化する社会では、不特定多数を対象にした商品やサービスを提供しても反応が悪いため売れません。そこでこのようなマーケティング手法が開発されました。以前発売された新型スカイラインのペルソナは、

  • 年齢でいうと40代前半の男性。
  • 共働きの奥さんがいて、娘が1人。
  • 外資系企業で管理職をしており、
  • 非常にタフな環境の第一戦で活躍している人。
  • 都心のタワーマンションに住んでいる

というもの。

こんな人いるの?
ここまで絞り込んで大丈夫?
と、心配する人もいらっしゃいますが、マーケティングの世界ではペルソナは絞り込めば絞り込むほど、反応が上がるというのが常識。狭いターゲットへ濃いアプローチができるため結果として売れるのです。

これは新築分譲住宅にも言えること。あなたが売りたいターゲットを絞り込めば絞り込むほど、ターゲットが満足できる家が提供できるので、売れるようになります。ただ、現実はペルソナの設定ができていない分譲業者がほとんど。たいていは「ペルソナは?」と聞いても「一時取得者用です」という程度の返事しか返ってきません。

それだけ遅れてる、
いや、チャンスのある業界です。

あなたの建売住宅のペルソナはどんな人ですか?漠然とではなく、実在する人物のようになるべく具体的に設定してみましょう。それだけで、間違いなく売上げはアップします。

 

ピックアップ記事

  1. 儲かる建売会社へ体質改善しませんか?
  2. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?
  3. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。
  4. 売上げを伸ばしたいなら即実践!仕事断捨離のススメ。
  5. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

関連記事

  1. 売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。

    手前味噌で恐縮ですが、私が他のコンサルタントと違うのは、不動産営業を知…

  2. 人はなぜ家を買うのか?

    不動産マーケティング

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。

    人は、なぜモノを買うのか?少し哲学的な質問ですが、これがわかると人は、…

  3. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    ポルシェのディーラーがカナダで行ったDMのキャンペーンがあります。とて…

  4. 建売業界は知恵で差別化する時代。

    不動産マーケティング

    建売業界は知恵で差別化する時代。

    いい家をつくりたい、 いい家で差別化したい、 という建売業者さ…

  5. 今さら聞けない。売れるヒントの見つけ方。

    不動産マーケティング

    今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。

    仕事とはいえ、毎年多くの建売住宅を見学しています。売れてる建売住宅から…

  6. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。

    あなたは最近、他業者の物件を何軒見ましたか? コンサルティングを始…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 営業マンを一瞬でいい人にする方法。

おすすめの記事

  1. 大成功する不動産会社の社長に必要な資質とは?
  2. あなたの知らない建売業界の不都合な未来。
  3. 不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?
  4. あなたにもできる!弱点のある不動産の売り方。
  5. できる不動産会社の社長はココが違う!
  1. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
  2. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    不動産会社経営

    中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
  3. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    不動産会社経営

    新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  4. 不動産販売における重要な非必需品とは?

    不動産マーケティング

    不動産販売における重要な非必需品とは?
  5. 広告の限界

    不動産マーケティング

    「売れるに決まってる物件」つくっていますか?
PAGE TOP