売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

不動産売却

売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

同じような条件の物件なのに売れる物件と売れない物件があります。
立地も、広さも、間取りも、設備も大して変わりないのに、すぐ売れる物件もあれば、なかなか売れない物件もある。

実際、すぐ売れる物件の売主もなぜ自社の物件がすぐ売れて、競合の似たような物件が売れないのかを説明できる人はあまりいません。だから、逆の立場になると大慌てします。

大切なことは、その違いを自分なりに見つけること。仮説を立てることです。
そして、その仮説に基づいて違う現場でも試してみること。
そうすれば、徐々に成功の方程式が完成していきます。

実は、私たちコンサルタントも同じように仮説を立て、検証しています。
そして、コンサルタントなりの成功法則をつくっているのです。

そのなかの一つを紹介すると、成約率は情熱に比例するというのがあります。
これは私なりの成功法則なので他のコンサルタントはそうは思っていないかもしれません。
しかし、この法則、最近よく実感するのです。

例えば、売れない物件を売る場合。
売れなくて困っているという物件のコンサルティングを依頼された場合、まず私たちがすることはリサーチです。その物件のいいところ、悪いところを徹底的にリサーチします。

そして、その物件の最大のメリットを見つけます。
競合に勝てそうな強みです。

そして、それを言葉に変えていきます。
言語化という作業です。

その言葉を今度は販売図面や広告に落とし込んでいきます。
そうやって、その物件の強みをお客様にわかりやすく伝わるように変換していくのです。

実は、この作業が想像以上に大変。売れない物件には売れない理由があるからです。
正直、投げ出したくなるような物件も山ほどあります。

しかし、考えて考えて考えぬくとそれなりのメッセージは見つかるもの。
何度もチャレンジしていると自然と売れるメッセージにたどり着くものです。

結局のところ、その物件を売ることにどれだけ情熱を注いだか。
その情熱の量がある一定の水準を超えた時、その物件は売れる物件に変わるのです。

少し青臭いかもしれませんが、どれだけ真剣にその物件を売ることに向かい合っているか、
それが成約率に影響を与えるのです。

売れない物件というのはもともとその物件が持っている熱量が少ないだけ。
だから、放っておくといつまで経っても売れるレベルの水準には到達しません。

だから、誰かが情熱を注いで売れるレベルにまで上げなければいけないのです。
逆に、その作業をすれば売れない物件は売れる物件に変わります。
これが情熱が必要な理由です。

あなたはどれだけ真剣に売ることを考えていますか?
どれだけの時間、その物件について考えていますか?

考えれば考えるほど、
行動を起こせば行動を起こすほど、成約率は上がります。

大切なのは、物件に注ぐ情熱。
情熱がないと売れません。これ、真実です。

 

ピックアップ記事

  1. 建売業者必読!お金をかけないで口コミ・紹介客を増やす方法。
  2. 売れる建売会社になるために必要な予算とは?
  3. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  4. 倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。
  5. 大成功する不動産会社の社長に必要な資質とは?

関連記事

  1. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    建売業者さんからの相談で多いのが価格に関する相談。なかでも価格競争から…

  2. 新築一戸建ては「リンゴ売りの法則」で売れ!

    不動産売却

    新築一戸建ては「リンゴ売りの法則」で売れ!

    建売業者にとって建売住宅は商品。お客様に売る、大切な商品です。商品…

  3. 不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!

    不動産売却

    不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!

    不動産がすぐに売れないとき、売主が真っ先に考えるのが値下げです。 …

  4. あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。

    不動産売却

    あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。

    建売業者さんからの相談で特に多いのが、完成してもすぐに売れない・・・と…

  5. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    不動産マーケティング

    お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    先日、妻が風邪をひいてドラッグストアに行ったときの話。仕事から帰ってき…

  6. 不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    不動産売却

    不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    家の近くの文房具店が閉店しました。閉店といっても、倒産。倒産するよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」
  2. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  3. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。
  4. どうすれば値引きしないで売れる建売会社になれるのか?
  5. これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?
  1. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    不動産広告

    不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。
  2. 購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。

    不動産売却

    購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。
  3. 不動産広告に現地看板が効果的な理由。

    不動産広告

    不動産広告に現地看板が効果的な理由とは?
  4. 不動産マーケティング

    アラサー世代が好むインテリアとは?
  5. 中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!

    不動産会社経営

    中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!
PAGE TOP