不動産マーケティング

あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?

売れない時代に入ってくるとやたらと増えるのがオープンハウス。中堅の仲介会社を中心に、週末になると、あちこちの完成物件でオープンハウスが開かれます。

と、いっても基本ができているオープンハウスは、ほとんどありません。大抵は、社内にいても仕事がないからオープンハウスでもするか、という程度のもの。捨て看板だけを貼って、たまたまそれを見たお客様を引っ掛けようというものです。

そのため、事前の告知はほとんどなし。オープンハウスの基本中の基本である近隣へのポスティングもやっていない業者がほとんど。彼らは、偶然にかけているのです。

ですから、オープンハウスをやっても売れないと売主が嘆く必要はありません。必要な準備(事前告知)ができていないからです。嘆かなければいけない時は、十分な事前告知を何度もやっているにも関わらず、それでも反応が全く取れない時、その時は次の手段を考えなければいけません。

ただ、それを仲介業者に期待してもムリ。彼らは、せいぜい捨て看板だけでオープンハウスをする程度。ポスティングやチラシなど体やお金を使う作業はしてくれません。

では、どうしたらいいのか?

一番かんたんなのは、売主がオープンハウスすることです。理想としては、事前告知をきちんとやってオープンハウスにのぞむことですが、慣れない仕事ですから腰が重くなってしまいます。その結果、行動できなくなることがほとんど。それよりは不完全でもまずやってみることが大事。完璧な方法でなくて結構ですからまずは行動を起こしましょう。

名付けて「とりあえずオープンハウス戦略」です。

とりあえずオープンハウス戦略とは、文字通りオープンハウスを開催するだけの戦略。週末、現地にいるだけの戦略です。難しいことは何もありません。ただ、来場者があった場合にすぐに見てもらえるよう現地を開けておくという作戦です。

仲介業者と同じように現地周辺に誘導看板を貼って、現地に待機しているやり方。誰でもできます。ただ、ひとつだけコツがあります。それは、現地に行く担当者は、駐車場や玄関付近でじっとしていてはいけないということ。

よくオープンハウスに行くと、営業マンらしき人が、駐車場や玄関付近で来場者を待ち構えている様子が伺えますがあれは大間違い。営業マンの目に威圧されて、気の弱い人は外観だけ見て帰ってしまいます。

正しいやり方は、ドアを開けて、ご自由にご覧ください。としておくこと。営業マンは、お客様が入ってきたら、簡単なあいさつだけして、お客様を気にかけながらも他の作業をしているのが重要です。

いきなりピタっとくっついて商品説明するのはNG。お客様が声がかけられる範囲にいて片付けや掃除をしているのがベストです。そうすることによってお客様は安心して見学ができますし物件の掃除も行き届きます。

実際、ある調査では、同じ条件で掃除が行き届いたお店とそうでないお店について調査したところ、掃除が行き届いたお店の方が、店員が信用されやすい、置かれた製品が好ましく評価されやすい、という結果がでています。つまり、店員がせっせと掃除に精を出していると、店内がきれいになるだけでなく、売上も上がるということです。

これを、建売住宅のオープンハウスでも利用しましょう。週末は、物件掃除の日。と決めて、完成物件でオープンハウスをする。そして、1日かけてじっくり掃除をすることです。

信じるか、信じないかはあなた次第。
でも、やってみる価値はありますよ。

 

ピックアップ記事

  1. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?
  2. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  3. 売れる建売住宅をつくるための「ホストの法則」。
  4. たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。
  5. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。

関連記事

  1. なぜ社長の好みで家をつくってはいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?

    家といっても、購入する世代によって求めるものは大きく違います。 だ…

  2. 不動産販売における重要な非必需品とは?

    不動産マーケティング

    不動産販売における重要な非必需品とは?

    ビジネスにおいて成功をもたらすものは、商品に関わるものだけではありませ…

  3. 決断力の磨き方。

    不動産マーケティング

    イケてる経営者になるための決断力の磨き方。

    「わかっちゃいるけど、変われない・・・」そんな経営者がたくさんいます。…

  4. 建売住宅販売はモノから人の時代へ。

    不動産マーケティング

    建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。

    建売業界が抱える問題のひとつに、「お客様の声を聞かない」ということがあ…

  5. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    不動産マーケティング

    苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    売れ行きを左右する最も大きなものは、需要と供給のバランスです。 …

  6. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    高く売るにはどうしたらいいか? 高く貸すにはどうしたらいいか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
  2. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。
  3. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。
  4. 長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。
  5. なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?
  1. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。
  2. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

    不動産マーケティング

    売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。
  3. 中小建売業者必見!あなたの認識ずれていませんか?

    不動産マーケティング

    中小建売業者必見!あなたの認識ずれていませんか?
  4. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?

    不動産売却

    あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?
  5. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
PAGE TOP