正しいオープンハウスのやり方。

不動産売却

正しいオープンハウスのやり方、ご存知ですか?

先日、ある建売業社さんからこんな相談を受けました。 
「オープンハウスをしてもお客様が来ないのでそろそろ値下げした方がいいですか?」という相談です。
 
この建売業者さんは、社長ひとりでやっている小規模な建売業者さん。販売に関しては、仲介業者にすべて依頼しています。そのため、言葉は悪いですが今までは仲介業者のいいなり。
 
売れないのは物件が悪いから・・・
売れないのは価格が高いから・・・
と言われては、値下げを繰り返す。そんな状態でした。
それでも時々、未公開の状態で売ってもらうこともあり仲介業者には逆らえない、そんなジレンマを抱えていました。
 
ここで注意しなければいけないのは、値下げする前にオープンハウスが効果的に行われていたかどうかを確かめること。もっと言えば、ちゃんとオープンハウスのための営業活動が行われていたかどうか。それを見極めなければ値下げしても効果がないということです。
 
最近の仲介業者を見ていると真剣にその物件を売却しようという意気込みのある仲介業者が少ないように思います。その理由は、オープンハウスに取り組む準備。これが出来ていない。出来ていないのか、オープンハウスの正しいやり方を知らないのかわかりませんが、週末に現地に待機しているのがオープンハウスだと勘違いしている業者が多いように思います。実際、会社にいるよりは現地にいる方がマシという安易な発想の仲介業者がほとんど。それでは売れるわけありません。
 
オープンハウスが成功するかどうかは準備段階で決まります。
準備のかなめは、事前告知。1週間前から近隣に週末にオープンハウスをやるということを周知させることが重要です。できる営業マンは、周辺の賃貸マンションやアパートにポスティングをして告知します。更に、金曜日か土曜日には物件の周辺に新聞折込で再告知します。
 
逆に、その作業をしなければオープンハウスといっても単なる偶然を待つだけ。
最近は現地への誘導看板も規制が厳しくなったため、その確率は更に低くなっています。
 
これではオープンハウスで成約できないのも当然。いや、できる方が奇跡です。オープンハウス自体は効果のある営業手法です。但し、それは事前準備ができてこそ。すべては事前準備にかかっています。
 
売主としてはオープンハウスをやってもお客様が来ないと聞かされるとついつい弱気になります。ついつい値下げの衝動に駆られます。その気持ちもわからないではありませんが、正しいオープンハウスを実施していないと値下げしても効果は現れません。結果として、ダラダラと値下げを繰り返すことになり、利益は消えてなくなります。
 
あなたの依頼している仲介業者は正しいオープンハウスをやっていますか?
間違ったオープンハウスを何度やっても効果は現れません。やった気になってしまうだけでかえって逆効果です。大切なことは、準備をしっかりして取り組むこと。値下げはそれからです。
 
 
 
 
 

ピックアップ記事

  1. 建売会社はマンション客を狙え!
  2. 「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。
  3. あなたのビジネスをリセットするコツ。
  4. 成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。
  5. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

関連記事

  1. 弱点のある不動産の売り方。

    不動産売却

    あなたにもできる!弱点のある不動産の売り方。

    新築住宅を分譲していると弱点のある物件を仕入れることもあります。日当た…

  2. 不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!

    不動産売却

    不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!

    不動産がすぐに売れないとき、売主が真っ先に考えるのが値下げです。 …

  3. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。

    不動産マーケティング

    Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。

    突然ですが、Nespressoってご存知ですか?Nespressoとは…

  4. 売れない建売住宅は第一印象に賭けろ!

    不動産売却

    売れない建売住宅は第一印象に賭けろ!

    売れない完成物件を売るには、ちょっとしたコツがあります。とても簡単で効…

  5. 不動産販売における重要な非必需品とは?

    不動産マーケティング

    不動産販売における重要な非必需品とは?

    ビジネスにおいて成功をもたらすものは、商品に関わるものだけではありませ…

  6. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    建売業者さんからの相談で多いのが価格に関する相談。なかでも価格競争から…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 建売住宅を即日完売させるための3原則

おすすめの記事

  1. 儲かる建売会社へ体質改善しませんか?
  2. 不動産広告に現地看板が効果的な理由とは?
  3. 不動産マーケティングの常識「1:19:80の法則」とは?
  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  5. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
  1. これでもパワービルダーと闘いますか?

    不動産会社経営

    これでもパワービルダーと闘いますか?
  2. 伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。

    不動産会社経営

    伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。
  3. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  4. 今さら聞けない。売れるヒントの見つけ方。

    不動産マーケティング

    今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。
  5. なぜあの不動産会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?
PAGE TOP