間違いだらけの新築住宅の見せ方

不動産マーケティング

成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。

建売業者さんが犯す過ちでよくあるのが新築住宅の見せ方です。
販売経験がない業者さんが多いので仕方ないのですが、ちょっとしたことで成約率に大きな違いが生まれます。

例えば、玄関。
よくあるのが玄関に敷かれたシート。玄関タイルを汚さないためのシートなのですが養生シートをそのまま代用しているケースが多く、見栄えが良くありません。キレイにカットされ動かないようにでもされていればまだいいのですが、大抵の現場は、テキトーなサイズに切って放置してあるだけ。これでは購買意欲は湧きません。

本来であればシートはないほうがいいのですが汚れてしまうのが気になるようであれば、透明なシートを敷いておくことです。テーブルの上に敷くビニール製のシートで構いませんので玄関の床が見えるように敷いておきましょう。それだけでも玄関の明るさ、玄関に入った瞬間の気持ち良さは大きく変わります。

玄関でいえば、他に重要なのはスリッパです。
スリッパが置いてないのは論外ですが履ければいいというようなテキトーなスリッパも考えものです。色や種類がバラバラのスリッパや使い古されたようなスリッパはそれだけで建物のイメージを悪くさせます。

できることならセンスのいいスリッパ。色が統一され、高級感のあるスリッパがいいでしょう。参考にするなら新築マンションのモデルルームや住宅展示場のモデルハウスなどのスリッパ。スリッパを変えるだけで不思議と建物の印象も変わります。

他には、畳。和室のある建物でよくあるのですが和室に畳が敷いてない物件や畳が敷いてあってもその上に養生シートが敷かれたままの現場があります。畳が汚れてしまう、日焼けしてしまうための対策なのはわかりますが、購入を検討しているお客様から見ると魅力的な建物には見えません。せめて土日だけでもはずしておくような気遣いは必要です。

他にも、ダメチェックで見つかった補修箇所のテープ。
気にしてない売主さんが多いようですが、テープがあることでわざわざ問題点をお客様に伝えることになっています。これは、寝る子を起こすようなもので購入を検討しているお客様からすれば補修箇所が多いと、この家の施行は大丈夫かしら?と心配になります。なるべく早めに補修箇所を直してテープを外すか、引き渡し前に補修箇所を点検するかして売り出しの際には補修箇所のテープをなくす方がいいでしょう。

人は感情でモノを買います。
これは動かしがたい事実です。

つまり、あなたの建売住宅もお客様の感情をいい方向へ刺激しないと売れないということです。玄関にしろ、和室にしろ、補修テープにしろ、どれも簡単なことばかり。しかし、その重要性に気づいていない建売業者さんがほとんどです。裏を返せば、そんな簡単なことで差別化ができるということ。そんな簡単なことで成約する確率を上げられるということです。ダマされたと思ってはじめてください。驚くほどの効果が期待できますよ。

 

ピックアップ記事

  1. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?
  2. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
  3. 難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!
  4. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?
  5. あなたの知らないオープンハウスの現実。

関連記事

  1. 売りにくい物件を即決物件に変えるコツ。

    不動産売却

    売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。

    先日、あるリノベーションマンションを見てきました。クライアントが新しく…

  2. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    不動産マーケティング

    売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    セブンイレブンのコーヒーが買いやすくなったと話題になっています。 …

  3. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。

    不動産マーケティング

    急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。

    あるメンズアパレル通販会社の話。新しい会社ながら、最近めきめきと売上げ…

  4. 成約率を上げる!商談スペース・モデルハウスの必需品とは?

    不動産マーケティング

    これだけで成約率が上がる!商談スペースの意外な必需品とは?

    販売にはいろんなテクニックがあります。小手先のテクニックではありますが…

  5. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。

    あなたは最近、他業者の物件を何軒見ましたか? コンサルティングを始…

  6. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    不動産マーケティング

    苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    売れ行きを左右する最も大きなものは、需要と供給のバランスです。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?
  2. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?
  3. 即日完売する新築分譲住宅を建てる前にすべきこと。
  4. 建売業界は知恵で差別化する時代。
  5. 不動産仲介業者をリスペクトしていますか?
  1. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    不動産広告

    広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。
  2. 不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?
  3. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  4. 不動産会社、社長の機嫌と売上の関係。

    不動産会社経営

    不動産会社経営、社長の機嫌と売上の関係。
  5. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が少ない理由。

    不動産広告

    ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。
PAGE TOP